桃色トワイライト (新潮文庫)

  • 1465人登録
  • 3.95評価
    • (145)
    • (240)
    • (125)
    • (13)
    • (7)
  • 186レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2010年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167596

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

桃色トワイライト (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。新撰組からBUCK-TICK、文楽、バレエ…仮面ライダーと幅広い。死国のYちゃん可笑しすぎる。

    弟くんとのジョジョセリフ対決の行方が非常に気になる!私は何を隠そう(隠す気もない)しをんパパが一番好きなのだ(≧∇≦)♪

  • 生まれて初めての合コンで『新選組!』を語る、クリスマスイブに実家でイモの天ぷらを食す、非常にモテる男友だちの失恋話に相槌を打つ―思わず自分でツッコミを入れてしまう微妙さに懊悩しつつ、それでもなぜか追求してしまう残念な感じ。異様にキャラ立ちした家族や友人に囲まれ、若き作家は今日もいろいろ常軌を逸脱中。爆笑と共感がこみ上げる、大人気エッセイシリーズ。
    「BOOK」データベース より

    電車の中で読んでしまい、盛大に噴出してしまい、ゴホゴホと咳をしてごまかしてみたが、面白すぎて顔の筋肉が緩むので中断するも、続きが読みたいのでマフラーの中に顔を埋めて読むしかなかった.

  • 森田さんとのやり取りを夢中で書いていたせいで電車にかばんを忘れたり、「ゆびさきミルクティー」に大ウケして自らあらすじを考えてしまったり、予想を軽々と越えていくおもしろさに笑いすぎてちょっとよだれが出た。家以外の場所では読めないことで有名なしをんさんのエッセイは、しかも「新撰組!」や「仮面ライダークウガ」などの時事ネタも色あせることなく生き生きと読ませてくれる。物陰カフェが実現しますようにと他力本願な祈りをささげつつ、こういうときのためのネットとばかりに「ゆびさきミルクティー」を検索し、題名の由来を知った。

  • はあ、癒される。賢い人の面白い日常を覗くことはこんなに楽しい。生きてる文章を書けるってすごいぜ。
    「ゴー・トラ」談義のレベルの高さに頭が下がります。

  • 作者の日常を切り取っているだけなのに、おもしろくて、あっと言う間に読み終わってしまいました。
    こんな風に文章が書けたらなあと、いつも、しをんさんのエッセイを読む度に思います。
    弟さんとのやりとりが特に好きです。

  • 登録1冊目は過去に読んだ(といっても数か月前なのだが)『桃色トワイライト』を選んでみた。何故なら、手元にあって尚且つ「三浦しをんさんって友達になりたい作家さんナンバーワンだな」と勝手な親近感を得たから。そう大した理由ではない。特に『仮面ライダークウガ』について熱く語るくだりは、仮面ライダーをうろ覚えな自分にもヲタク魂を燃え上がらせられた。こうして『乙女なげやり』に始まって、三浦しをんさんのエッセイへとずぶずぶハマりこんでしまい、「一生の不覚だ……」

  • おもしろかったです!三浦さんのエッセイ、大好きです。
    相変わらず三浦さんの家族、友人たちはおもしろいです。言わずもがな、三浦さん自身も!
    些細な出来事までもが、三浦さんのつっこみ、書きっぷりによってさらに面白くなっています。
    笑えるお話の合間にしなっと深いことを語られることもあり、読み応え抜群です。
    三浦さん一押しの『仮面ライダークウガ』が観たくなりました。

  • 以前から三浦さんのエッセイは抱腹絶倒と聞いてはいたが、まさかこんな変…いや、こんな面白い人だったとは・・・!三浦しをん、おそるべし。
    内容は面白いだけでなくて濃すぎる。
    オタクな話(クウガとか、新撰組とか、ホ〇漫画とか)以外にも、バレエの観劇レビューなんて、その絶妙な書きっぷりに感動した。
    自分のオタク的趣味と、物語のあらすじ及び見どころと、ストーリーや登場人物への突っ込みとを一気に書いて、こんな面白く書けてしまうってすごい。
    ゆびさきミルクティーにも笑ってしまった。
    思わずネットで本当の内容調べたけど、全然違った!全然違ったけど、三浦的解釈の方がタイトルに合ってると思うわ!

    しかし、今まで勝手に脳内イメージで作ってきた「しをん像」と違いすぎて、ちょっとイコールでつながらなかったわ・・。
    ほんまにこんなにぶっとんでるんですか?(笑)
    こんなに日常(乙女的秘め事)書いちゃっていいんですか?
    「風が強く吹いている」や「舟を読む」で感じた感動との乖離がすごい。
    作家さんって、興味持ったことに対する追求力やら、観察力やら妄想力がすごい人が多いけど、三浦さんはそれが爆発しているというか、暴発しているというか。
    自虐なネタも、笑って吹き飛ばす巨大なエネルギーで、読んでるつかの間、自分の悩みも忘れる感じ。

    エッセイを書く三浦さんを思い浮かべないようにして(別のしをんだと思って)、これからは作品を読もうと思う(笑)

  • しをんちゃんの文章ならどんな興味のないことでも楽しい。
    しをんちゃんがオタクなら私もオタクだなあといつも思う。
    でもちっとも嫌な気分にならない。むしろ尊敬してます。師匠~!

  • 電車で読むとニヤニヤして怪しい人になってしまうけど
    この人ってエッセイと小説で全く持ち味変わるよね。

    どちらも好き。
    こんな偉大な姉のことを「ブタさん」と呼ぶ弟さんとの
    掛け合いもいい。

  • 生まれて初めての合コンで『新選組! 』を語る、クリスマスイブに実家でイモの天ぷらを食す、非常にモテる男友だちの失恋話に相槌を打つ――思わず自分でツッコミを入れてしまう微妙さに懊悩しつつ、それでもなぜか追求してしまう残念な感じ。異様にキャラ立ちした家族や友人に囲まれ、若き作家は今日もいろいろ常軌を逸脱中。爆笑と共感がこみ上げる、大人気エッセイシリーズ!

  • オダギリジョーへの偏愛ぶりに対して、佐藤浩市の扱いの雑さ(笑)
    この偏愛ぶりが『舟を編む』への出演へと繋がるのかなと思ったり。
    この頃は名前が売れ始めてるはずなのに、生活に変わった様子もうかがい知れない。

  • 新撰組や仮面ライダー、オダジョーがとにかく好きなんですね(笑)語ってるときついです。流し読みしてしまいました。
    発想が面白いというか妄想が面白いです。

  • 友達に紹介されて読みましたが、面白さがわかりませんでした…。
    確かに「吹き出すほど面白い!」と語られる文章ってことは理解できましたが、理解はできても感じることはできなかった。

  • なんとなく年内中に読みたいと思い、けっこう駆け足で読了。一条さんの読書法にあやかって気になる箇所に付箋付けてみたり。線は引きたくないのでこれで精一杯です。文楽とバレエに『新撰組!』ときて仮面ライダーか。観たくなるなあ。特にバレエがちゃんとストーリー仕立てになってるなんて知らなかったので、尚更観たい。夢加代日記のモアイとアメリカのゲイDVDとタクシーのおじちゃんネタはおもしろかった。しをんさんにどっぷり。次は文楽エッセイ読みます。

  • 本でこんなに笑ったの始めて。くだらなくて面白い。サクサク読める。

  • 三浦しをん先生の毎日を覗いたような作品。
    なかなかおもしろい。やはり文章が面白いし内容も面白い。
    ホモが好きだとか☆新撰組が好きだとか☆

  • 好きな話は、とうふちゃん親子と京都旅行、召還魔法を使う父、器を床に叩きつけて割る事を提案、凄腕の剣客、法事、ジャイ子さん、『巻貝さん』の機密を知ってしまったタクシー運転手などなど。今回はHの旦那のえなりが良い味出してました。 とにかくクウガを観たくなった。クウガ観てなかったから自分の中では「大丈夫」=青影になってまうねんなぁ(苦笑)小説版のクウガって無いかなぁ?

  • 表紙に惹かれて読んでみたら\(◎o◎)/!
    弟さんとのやり取りや
    ホモ漫画が大好きで、、、と意外?な事実満載。

  • この本が面白く感じたということは、共感したということだろうか。共感したということは、著者と同類なのだろうか。それを光栄だと思うのも、間違いであろうか…(´Д` )

  • とにかく終始笑いをこらえるのに必死だった。(いや、もはやこらえきれていなかった)
    小さなことでうじうじ悩んでしまう私も、その人生も、こんな風に生きられたらもっと楽しくなるだろうなって思った。次々と溢れ出してくる言葉、妄想、感情の数々。あっという間に読んでしまった。
    どよーんってしてるときや、ちょっとした悩みごとがあるときには、これを読めば全部ぶっ飛びそう。
    個人的にはクウガを見たくなりました笑。

  • 三浦しをんさんは、本当に、狙ってないの?狙ってるの?という感じが否めないな、というのが個人的な感想。
    面白いんだけど、その面白いのをもちろん狙って書いている感じがするし、狙っていても面白く書けない人もいるけれど、この人は六割型面白いので成功している気もする。
    共感する部分もありつつ、妄想力におののきつつ、あーくだんね、とくすくす笑いながら読むにはちょうどいいエッセイだとは思うが、もう一度読み直したいかというとそうでもない。

  • こんな人が友達にいたら、とても楽しそうと思うものの、
    実際には頭の回転の速さについていけないだろう。
    回転が早いだけでなく、とても頭が柔らかい。

    “「なんのために」と目的を問うようなヤボな真似はよしとくれ。「ただ漫画のために・・・・・・!」と答え、荒野に倒れ伏した勇者に幸あれ。”

  • 頭は賢いが性格がだいぶおかしい面白メンバーと女子飲み会した時の会話のように楽しいエッセイです。

  • この著者、終始ノリノリである。
    著者の日常が面白すぎて、自分は結構つまらない毎日を過ごしているなと思ってしまった(笑)

全186件中 1 - 25件を表示

桃色トワイライト (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

桃色トワイライト (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桃色トワイライト (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

桃色トワイライト (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする