きみはポラリス (新潮文庫)

  • 11623人登録
  • 3.31評価
    • (435)
    • (1018)
    • (1478)
    • (544)
    • (121)
  • 1156レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2011年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167602

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有川 浩
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

きみはポラリス (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 愛のカタチもいろいろ.

  • 「永遠に完成しない二通の手紙」「森を歩く」「優雅な生活」「冬の一等星」「永遠につづく手紙の最初の一文」が好きだ。

  • 初めて読んだ三浦しをんの作品でした。
    短編集ということで、気負わずに読み進められるかなぁと思い購入しました。
    残念なことに、それぞれの短編で取り扱っているテーマが全体を通してありふれていて、つまらなかった印象があります。

    ただ、「夜にあふれるもの」だけは印象に残っていてとても好きなお話でした。

    このお話のような、自分のリアルな身の周りでは到底考えられないけれど、きっと世の中のどこかにはあってもおかしくない…もしくは、いてもおかしくない、と思わせるような、果てしなく遠いフィクション、故にリアリティーを醸し出している、登場人物の"真理子"が魅力的でとても惹きつけられました。

    また、真理子の生きる世界を共有できずに困惑する夫の様子もまた、(世の中を須らく見渡せば、こういう人たちの日常は案外別世界のものじゃないんだろうなぁ)、という想像が掻き立てられて楽しかったです。

  • 春田の毎日
    がとくに素晴らしい。
    短編でサクサク読めるが、
    一つ一つ記憶に残る。

  • 扱われてる恋愛が私的にはちょっと湿っぽすぎて挫折してしまいました、、またしばらくしたら読み返してみよう、、

  • 何回も何回も読み返していて、私にとって特別な、墓まで持っていきたいくらい好きな本。
    ひとつひとつの短編がどうしようもなく魅力的で、恋愛の形の多様性を私に教えてくれた小説でもある。
    人を一途に想う心は美しいなあと、じんわり思わせてくれる。

  • 素敵な本。また読もう

  • とても面白く読んだ。
    各編で異なる設定、文体までもがそれぞれ違う。
    物語に合った時間がそれぞれ流れていく。
    個人的には「冬の一等星」が印象深い。ストックホルム症候群とまではいかないまでも、幼い心にそれだけの深い想いを刻みつける可能性は大きいと思う。切ない、物語。

    三浦しをん、あまり評価してなかったけれどこの本を読んで見直した。またあれこれ読んでみようと思う。

  • 「普通」ではない恋愛の短篇集。

    恋愛に普通も何もないと思うわたしには理解できないテーマ。同性愛など、現代のくだらない常識のせいで壁が存在してしまっている恋愛についても描かれているが、とても物足りなく感じた。同性愛を平面的に描いてしまったら、心ない常識にまみれた人間は「普通」じゃないものとして読むだろう。在り得る恋愛の形なのに。今のところ、同性愛はまだまだデリケートな題材。描くなら今のくだらない常識を覆すだけの説得力がほしい。短篇じゃ足りないのか、どうも入り込めなかったし、平面的な気がした。

    真似たいと思った部分。短篇ごとに文章のイメージが違っていて一つずつの世界を感じた。

  • 全く面白くなかった。
    恋愛にかこつけて書いているだけで、実質テーマは恋愛でなかったからかもしれない。
    テーマ云々もそうだしリアリティも全く感じられず、自分は一体何を読まされているのだろうと終始思わせられる内容だった。

  • 「森を歩く」「冬の一等星」が好き。あと、「永遠に完成しない二通の手紙」「永遠につづく手紙の最初の一文」。オイラ、男が好きかも。

    話が合って一緒にいて楽しい相手というなら、岡田にとっては寺島もそうだ。寺島だって、たぶん岡田のことをそう思っているだろう。それなのに、女とセックスし、ずっと長い時間を過ごしてきた寺島とはセックスしないのは、変ではないかと感じた。セックスするか否かは、結局は性別で決まるのか。だとしたら、一緒にいて楽しいと思う気持ちや過ごした時間になんの意味があるのか。

    その通りだと思う、セックスは無理だけど。

  • 最初は読み出した時は「合わないかも」と思ったものの、いつの間にか、ひとつひとつの物語の中に核を見つけ出すと「今度はどんなジャンルの恋物語なの!!?」と胸を弾ませてしまっていた。表現がとても綺麗。私は中でも「森を歩く」「優雅な生活」の2作が好きです。

  • 読み終わって、あとがきを読んでこれが恋愛小説だったのか。。。と、驚くほどの展開です。

    短編なんですが、それぞれがそれぞれある意味の恋愛感情というか、ドキドキというか恋と愛のそれぞれの形というか、、、、いや、人それぞれだとは思うけど、ある意味こんだけいろんなスタイルがある。ということに鳥肌です。

    恋愛小説の域をこえて、なんというかなんというのか。

    理解できない恋愛の形が多々あり、こわ!って思ったりも、、、、

    不倫とか浮気とかならまだ。理解できふ世界です。新しい恋愛ホラーです。

  • 色々な愛のかたちが、あるなぁ。ゆるりと、ほんわかと、その物語を味わえました。

  • 全体的にあまり面白くなかった。けど、全部読んだ。題名と表紙が可愛い。

  • 再読。恋愛短編集、って初出・収録一覧を読んで知った。というくらい一般的な恋愛小説ではない。が、すべての作品に「好き」がある。ちょっと重いけど「私たちがしたこと」が一番好みかな。幸せではないかもしれないが、ここにも確かに「好き」がある。

  • 色んな愛のカタチが知りたくて読んだ.

    読んでよかったかな.多分

  • いろいろな愛の形がある、ということは分かったんだけど、書きぶりが感情的でいまいち共感できなかった。

  • 今年6作目。色んな恋の話。

  • 恋愛、親子愛、同性愛…様々な愛の形を描いた11編。 お気に入りは「森を歩く」。世の流れや出世欲に駆られず、自然になるようになると生きている人は、何故放っておけないのだろう。やっぱり私は変人が好きなんだなぁ。 「永遠に完成しない二通の手紙」も、最初は驚いたが、とんだ殺し文句にうっかりときめいてしまった。

  • どれもこれも受け入れるまでの心の変遷と、何もしない主人公たちっていう同じ結末で、ただ設定が違うだけとしか思えなかった。恋愛小説が苦手なら読むべきべはなかったなと再認

    夜にあふれるもの、冬の一等星だけよかった

  • レズ、ゲイ、年の差。色んな愛がある。個人的には春太が好き。

全1156件中 1 - 25件を表示

きみはポラリス (新潮文庫)に関連する談話室の質問

きみはポラリス (新潮文庫)に関連するまとめ

きみはポラリス (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

きみはポラリス (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみはポラリス (新潮文庫)の単行本

ツイートする