天国旅行 (新潮文庫)

  • 2831人登録
  • 3.49評価
    • (87)
    • (284)
    • (337)
    • (67)
    • (6)
  • 261レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 新潮社 (2013年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101167626

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

天国旅行 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「遺言」が素敵。
    一緒に死ぬことで、一緒に死のうと言うことで愛を確かめようとする妻を真っすぐに愛している夫…老いてはじめて大切だと言えると素直に綴っているこの夫は、きっととても善い人なんだろうな。
    そして、死して火葬されたら、胸に刺さったままの恋の矢がお骨の中から出てくるだろうだなんて、なんてロマンティックで情熱的な人なんだろう。
    「初盆の客」の夫婦愛もよかった。
    この二作みたいな愛の形であるならば、結婚って素敵だな。

    そして、「SINK」のラストがよかった。
    真実はどうであれ、生きている人間が生きていきやすいように出来事を解釈するというのは、すごく大切なことなのかもしれない。
    悦也が新しい記憶で少しでも楽になればいいな。

  • 心中をモチーフとした連作集。
    流麗な文書表現で綴られ、結末が気になりさくさく読み進められます。
    心中がテーマなので暗くなりがちかといえはそうでもなく、「初盆の客」のように心温まるようなものもあり飽きが来ない。「星くずドライブ」のカノジョのように少し感触のあるユウレイという設定はセンスがありますね。
    それにしてもタイトルと表紙はまるで「君はポラリス」のヒットにあやかりたい魂胆がみえみえであざといなぁ、と。特にタイトルと内容はなんだかミスマッチな気がします。

  • 図書館で。
    「死」に関する話は小説でもやっぱり重たいなぁと思いながら読みました。そう言う意味では「遺言」が一番お気に入り。このカップルは男性同士かなぁなんて勝手に思いながら読みましたがどうなんだろう。まあ別にどっちでも良いんですが。

  • 少し前にこういう本(内容)を探していた!

    また、別の機会に読んでみたいです。

  • 再読。心中をテーマにした7つの短編集。再読のわりには覚えてないものもあった。こんなに印象的なのになあ。爆笑エッセイや爽やか職業小説が続いたので、ちょっと重めなカンジが「そうそう、しをんさんってこういうのも上手いんんだよなあ」と味わえた。最後の「SINK」のラストシーンは美しくてせつなくて泣けた。角田光代さんの解説も納得。

  • 軽い読み物と思いきや、思いのほかの重量級。
    テーマは心中。
    主人公たちのほとんどは、あまりうまく世渡りするタイプではない。
    生きあぐねて、あるいはパートナーの死に直面して、揺らぐ心のありようが描かれる。

    「遺書」。愛を確かめるために自殺しようとする妻に残す遺書の形式の短編。
    二人のなれそめまでもがそこには書かれているが、妻に翻弄される彼の姿に、何とも言えないおかしみが漂う。
    老齢に達した彼が、もし妻が後に残されたら、と考えてこの「遺書」を書くのだが、最後の数行の彼の気持ちは崇高だ。

    「星空ドライブ」は、ひき逃げで死んでしまった恋人につきまとわれる大学生の物語。
    最初は死んだ彼女が自分のもとにやってきたことに愛情を感じていた佐々木だが、自分が死ぬまでずっとそばにいられることにぞっとし始める。
    こういう細やかな心理描写がすばらしい。

  • 全編、心中をテーマにした短編集。
    好きなお話もあったけどそうでもないのもあったかな。
    短編なので読みやすかったです。

  • 森の奥…「心配してくれるひとが一人もいないまま生きていくってのが、どんなことなのか」、この言葉が胸に深く突き刺さった。想像を絶する孤独を抱えて寂しさから抜け出せないという地獄。
    遺言…捉えどころのないご主人とエキセントリックな奥様。
    初盆の客…誰の子供なのかが奇々怪界だった。
    君は夜…この永遠にループするような愚かさに怒り心頭。
    炎…仇を取ったというには程遠いし、真相もわからずじまい。
    星くずドライブ…場所はつくばかな。ちょっとあり得ない完璧な結びつきと永遠性に到達した二人に羨望した。
    SINK…評価はこの作品。主人公の厭世的姿勢は男なら理解できる人は多いだろう。真っ黒な絶望と悲劇的状況でも可能性が万に一つあるのなら試してみる価値はあるとお母さんは思ったのだろう。お母さんの意思をそう解釈するのなら主人公は極めて幸運だと言えるのではないか。万に一つで生き残ったのだから。
    解説は角田光代さん。

  • 心中の話。三浦しをんさんの文体が好きすぎ。

  • 心中がテーマになった7つの短編集。それぞれ印象深かったが、個人的には「初盆の客」「遺言」「君は夜」が特に印象深かった。好きなのはウメばあさんの初盆に訪ねてきた男に話す不思議な話「初盆の客」。なんだか胸がザワザワしたのが「君は夜」。他の作品「星くずドライブ」「炎」「SINK」「森の奥」もよかった。


  • 心中や自殺をモチーフにした短編集。死を救済と考えている登場人物が多いよう。死ねば今の荷から開放されてまっさらな新たな生が与えられるかもしれない的な。死のいろんな側面も描いている。保険金、自分の死による他社への抗議、故人に会う手段、万能感などなど。角田光代の解説がうまく捉えている感じ。男に依存して生きる理紗の話はいらいらしてせつなくなる。
    死に関して、前世の話だったり、霊が伝えたり色々な不思議なことが起こる小説。まあまあ面白い。

  • 死をテーマとした短編集

  • 重い。
    読み終わってからも気が重くなってしまった。
    自殺を巡る物語だけれど、生と死を考えさせるわけでもなく…ただ重く暗い。

  • 装丁が可愛らしくホップで購入したくなった1冊。

    テーマは、心中。
    自ら選びとる、死。

    重たくて、救いがないようであるような、浮遊感のある小説。

  • 解説を読むまで、心中ものが集められているとは気づかず、読むのが辛かった。

  • 死を真摯に描いたうえで、生のすばらしさを表現した短編集。『遺言』が…あまりに秀逸。自分はなんて素敵な世界で生きているんだろうと思った。角田光代の解説もすごいから、早くみんな読もう。

  • 死がテーマの短編集 遺言が一番好き 死んだら少なくともいまより楽になるとみんな信じて疑わないよなあ なんでだろう 最終手段死んだら終われるっていう救いを自分で作ってるだけかな でも生きてる方が面白そうとはまた違うような、、

  • 死をテーマにした短編集。ドラマや漫画に多いカッコいい死に方や感動する死に様を望んでる自分がいるので、ちょっと後味がわるい。

  • かなり前に読んだが
    SINKが最も印象に残っている。
    読んだ後のモヤモヤ感と空虚感
    明日もう一度読もう。

  • 死がテーマなのに、こんなに軽妙に描かれているということに驚き。
    いろいろな生と死がある中で、私たちは自分の意識上「生」しか味わえない。けれど味わえる間は甘んじていたいなと思える。
    可能ならば、奇っ怪に見えたとしても、自分なりの愉快さを伴って。

  • 死が間近にある人々の短編物語・・と言えば良いのでしょうか。
    年齢性別も様々、事情も様々。
    あらすじを見るとわかりますが、決して派手でも華やかでもなく、かといって全く持って新しいアイデアと言う訳ではありません。
    ですが三浦しをんさんの本の素晴らしい所は、詩的に美しい文章、繊細な風景や心理描写です。
    間違いなく、彼女にしかかけないものが今作含めて他の本でも見られます。
    今作は「死」という陰鬱さを感じるテーマですが、読んでも不思議と重苦しさは感じません。
    その重苦しさの無さは、彼女の巧みな文章と読み手に一番伝えたい物の為であります。非常に素晴らしいと思えます。
    彼女の本に関しては、その魅力はあらすじではなく、本を読まないと理解できないと思います。

  • 「心中」をテーマにした作品でとてもおもしろかった。短編集だからサクッと読めて、個人的に「遺書」のラストの終わり方がとても好きだった。伏線の回収、繋がりがきれいで涙が出た。

全261件中 1 - 25件を表示

天国旅行 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

天国旅行 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天国旅行 (新潮文庫)の作品紹介

現実に絶望し、道閉ざされたとき、人はどこを目指すのだろうか。すべてを捨てて行き着く果てに、救いはあるのだろうか。富士の樹海で出会った男の導き、命懸けで結ばれた相手へしたためた遺言、前世の縁を信じる女が囚われた黒い夢、一家心中で生き残った男の決意――。出口のない日々に閉じ込められた想いが、生と死の狭間で溶け出していく。すべての心に希望が灯る傑作短編集。

天国旅行 (新潮文庫)のKindle版

天国旅行 (新潮文庫)の単行本

ツイートする