父と暮せば (新潮文庫)

  • 532人登録
  • 4.00評価
    • (81)
    • (60)
    • (62)
    • (6)
    • (2)
  • 86レビュー
著者 : 井上ひさし
  • 新潮社 (2001年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101168289

父と暮せば (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 母に勧められて読みました。
    本の内容も面白かったですし、色々と考えさせられる内容だったので読んで良かったと思います。
    僕は井上ひさしさんの本を読むのは初めてだったのですが、井上ひさしさんの「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに」という言葉を感じた本でした。

  • 読書家の方のブログに触発されて読みました。

    愛する人々を原爆で失い、天涯孤独となった主人公美津江は
    「幸せになってはいけない」と
    生き残った自分を責めてしまう。

    ある日、死んだはずの父親が「恋の応援団長」として
    現れる…

    やり切れない悲しさのあるテーマですが、
    広島の方言が優しく、またちりばめられたユーモアのおかげで
    重々しくならず、一方でなお一層じんわりと胸に迫るものとなっている。

    時折、残酷すぎる情景描写に苦しくなりましたが、
    実際はもっともっと本当に惨かったはずです。

    過酷な中、なお生き残った人の
    悲しさや苦しさ、

    亡くなった人の事を思うと自分が許されないと
    思ってしまい、
    その相手の人からは「もう良いんだよ」と言う声は
    聞くことが出来ないというのは辛い。

    ずっとこの父親(おとったん)を
    読みながら井川比佐志さんみたいな人をイメージしていたので
    映画では原田芳雄さんだったと知ってちょっと意外!

    美津江も宮沢りえちゃんはちょっと綺麗過ぎだなあ。
    可愛くていいんだけどもうちょっと素朴と言う感じ。

  • 恥ずかしながら初・井上ひさし先生です。この作品が戯曲であることも、本を開いて初めて知りました。その上舞台設定のト書きを読んで想像したのはドリフのコントにでてくるようなセットだったという…。それくらい想像力の乏しい自分でも、不謹慎だという戒めも感じずに笑いながら、一方で歯を食いしばって涙をこらえながら読みました。原爆のひどさをただ訴えるのではなく、残された人の救済を描いたこの作品を今必要としている人はたくさんいると思います。舞台、見てみたいです。

  • 一瞬にして焼き尽くされた暮らし。残された者のつらさ。広島弁がやさしく、せつない。一年に一度、読み返す本。

  • 泣いてしまった。今だから、なおさらなのかもしれない。
    忘れてはいけないことがある。あの日のヒロシマのことを、その後、生きた人の苦しみを。ともすれば、人はつらいことや悲しいことを忘れたいと願うけれど、「ちゃんと記憶し伝える」べきことだってあるのだ、、、たとえそれがとても苦しいことであったとしても。
    「知らないふり」をしてはいけない、というメッセージが込められた物語。
    劇作家としての作者の技量がひしひしと伝わってくる、台本の様式の一冊。

  • 初めての戯曲がこの作品でよかった。
    戦後の広島の父と娘の話。
    原爆、戦争、残された家族・・・
    ずんずん読めるのに、多くを考えさせられる作品。
    もっともっと井上ひさし読んでみたい。

  • 広島の原子力爆弾で、父を亡くした娘。
    生きているのが申し訳ない、幸せになるのが申し訳ないと言って生きていく。
    自分を戒める娘と幸せを願う娘の一人二役で話は進むが、幸せを願う娘の役を亡くなった父に置き換えている。

    現実にこんなことがあったのかと疑うほど、原子力爆弾はむごい。

  • 最近、夢中になっている井上ひさし。
    悲しいが、優しい救済の物語。こうでないと救えない心がたくさんある。

  • 買いだめしておいた何冊もの本の中から、今日偶然に手に取った。
    8月は鎮魂の月である。
    祖母は被爆者。自分が幼い時に話は聞いたことがある。原爆資料館にも連れて行ってもらった。
    それから30年以上たち、日本は戦争していないが、世界中で悲惨な戦いは繰り返されている。
    日本は核兵器禁止条約に批准しないという。
    日本の国としての限界がそこにある。
    ただ政治家も一般国民も皆戦争はしてはいけないものだ、と共通に願っていてほしい。
    父と暮らせばを読み、それも8月に読み、戦争はいかに人を傷つけるか、改めて考えさせられた。

  • 短いので軽く読めるけれど、深い重い。でも前を向ける。
    世界は残酷だ。でも、生きている人は前を向いて生きていかなくちゃいけない。それが生きられなかった人に対する努めで、次に生きる人への義務だ。死んだように生きていてはいけない。

全86件中 1 - 10件を表示

井上ひさしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三島 由紀夫
あさの あつこ
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

父と暮せば (新潮文庫)に関連するまとめ

父と暮せば (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

父と暮せば (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

父と暮せば (新潮文庫)の作品紹介

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます父・竹造は、実はもはやこの世の人ではない-。「わしの分まで生きてちょんだいよォー」父の願いが、ついに底なしの絶望から娘をよみがえらせる、魂の再生の物語。

父と暮せば (新潮文庫)の単行本

父と暮せば (新潮文庫)のKindle版

父と暮せば (新潮文庫)の単行本

ツイートする