俗物図鑑 (新潮文庫)

  • 549人登録
  • 3.59評価
    • (42)
    • (49)
    • (113)
    • (5)
    • (2)
  • 41レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (1976年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (627ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171029

俗物図鑑 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー「ブックサロン」で登場。
    http://harajukubookcafe.com/archives/888

    ゲスト松尾スズキさんの人生を変えた一冊。

    「人生を変えたな〜なんていう本はなかなかないんですけど(笑)無理やりひねり出しました。すごくブラックユーモアに溢れてて、中学生の時に読んだんですけど、すごく頭に残っていて、僕はもともと漫画少年で赤塚不二夫先生のマンガが好きだったのでブラックなギャグとかシュールなギャグとかナンセンスなギャグに態勢がついてたんですね、筒井さんはそれをもっと文学的に昇華させているというか、それで夢中になっちゃったんですよね。この本でキャラへのこだわりがすごく頭に残っていますね。」(松尾スズキさん)


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://harajukubookcafe.com/
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  •  ドタバタでグロテスクで、読んでいる最中何度か吐き気がした…けど面白かった!エリート意識や選民意識が強くいっぱしの批判を口にする評論家、体面ばかり気にする警察、センセーショナルであればそれでいいメディアと、それを何の考えもなしに面白がるだけの大衆など、あらゆる方面に向けて皮肉がききまくっていて痛快。ブラックユーモアに顔をしかめたり笑ったりしながらも、自分が作中に描かれている大衆とどこが違うのか、もしかすると一緒じゃないだろうかと考えてしまう。

  • いやぁスゴイ。始めはそれなりにまともな人から、嫌悪感を伴う人になり、しまいには犯罪者が集まって梁山泊か。度量が広すぎる。ラストは連合赤軍事件のパロディか。多分事件直後だったと思うのでよく書けたと思う。寛容な時代だったのかな。本作品より5年後くらいに刊行された、井上ひさしの某小説に質感が似ていると思った。(こちらもスゴイ)

  • 嫌いじゃない。

  • 前半面白いんだけどだんだんお腹いっぱいになる。

  • あほー!
    パプリカのスマートな筒井さんは全く出てこず、
    日本以外全部沈没のばかばかしい筒井さんのみ。
    いろんな俗物がみれておもしろいです。

  • 色んな評論家が居すぎて凄いなと。
    痰壺評論家と皮膚病評論家はキツかった…あと、反吐評論家も…。

    2013.07/13 読了。

  • 見た目の厚さの割に一気に読めます。読中はゲラゲラ笑いました。(痰壺評論家はかなりきつかったですが‥笑)俗物万歳!作者の奇才に天晴れ!

  • 様々な状況に重ね合わせて読んでしまった。

  • あまりのばかばかしさに、思わず引き込まれて読んでしまった自分は俗物なのだろう。笑ったけど、さすがにブラックすぎて気分悪いところもあり、読んでてこんなに気分がアップダウンするのは初めてかも。よくこんな小説世に出したなと思う。半分は賛辞のつもりですが。

全41件中 1 - 10件を表示

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

俗物図鑑 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俗物図鑑 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

俗物図鑑 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

俗物図鑑 (新潮文庫)の単行本

ツイートする