将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)

  • 164人登録
  • 3.31評価
    • (8)
    • (7)
    • (47)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (1976年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171043

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)の感想・レビュー・書評

  • 史実に題材を取ったSF作品が面白い。「ヤマザキ」の終いにはしれっと新幹線まで出てきてしまうはじけ方も良いが、寓意を込めた「空飛ぶ表具屋」が好きだ。本書の中では表題作の他に「家」の不思議な世界観が良かった。果たして暴風雨の後の縁側を漂流する隆夫がどうなったのか? 筒井康隆の多面的な才能が開花したような短編集だった。

  • 僕の好きなのは家っていう短編で海に浮かんでいる家自体が不思議な"謎"を含んでいる。大きなことは起こらないんだけど、縁側より高く作られた居間や日当たりのこと等細かい描写がどことなく懐かしい。今は見えないけれど、水の向こうにいつか主人公は陸地(現実)を見るに違いないし、それから目を背けることは許されない。しかし、だからこそ今は夢の中で熱に浮かされながら、水に揺られててもいいんだよ。

  • 短編集はどうも記憶が怪しくなる。将軍はかすかに覚えているのだけれど。

  • お茶の水の古本コーナーで購入。歴史に材をとったドタバタが展開される。SF色は少ないが十分楽しめる。とくに「乗越駅の刑罰」は面白い。単に切符を無くすことが死を招くこともある。

  • 笑える物から怖い物まで色々なタイプの短編が入っているので筒井康隆を読み始めたい人にオススメしたい。
    『万延元年のラグビー』
    解説したら負けだ。北斗の拳。
    『ヤマザキ』
    有無を言わせず爽快な気分にさせてくれる。これで笑えない大人にはなりたくない。
    『乗越駅の刑罰』
    悪夢を文章化したような作品。『走る取的』と並んで最も怖い作品の一つ。
    『騒春』
    珍しく私小説っぽい話。昭和の不良の香りがする。
    『新宿コンフィデンシャル』
    シュールレアリスムの教科書のような話。でありながら青春小説でもあるのだなあと感じる。舞台劇にしたら面白そう。
    『カンチョレ族の繁栄』
    またまた悪夢的な作品。価値観が固まってしまった人にとって異文化とのコンタクトはなんと難しいことか。
    『註釈の多い年譜』
    当事これを中間小説誌に載せたんだからすごい。今でも充分前衛的。
    『家』
    何度も読み返したくなる名作。『遠い座敷』『夢の木坂分岐点』と並んで、日本人の原点をSF仕立てにすることでよりくっきりと浮き上がらせることに成功している。
    『空飛ぶ表具屋』
    今こんな作品書いたら批判の槍玉に上がるだろう。言論の自由よ今いずこ。俺も日和ってはいかんなあ。
    『将軍が目醒めた時』
    こんな爺さんがいたら、楽しいだろうなあ。

全7件中 1 - 7件を表示

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)はこんな本です

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)の単行本

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)のKindle版

将軍が目醒めた時 (新潮文庫 つ 4-4)の文庫

ツイートする