おれに関する噂 (新潮文庫)

  • 434人登録
  • 3.39評価
    • (16)
    • (42)
    • (110)
    • (6)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (1978年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171050

おれに関する噂 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • テンポの良い短編集。「講演旅行」は私小説のようだ。両国駅から総武線で向かったC市とは我が故郷のような気がして、それだけで親近感がわいてきた。「通いの軍隊」は前にTV(世にも奇妙な物語)で映像化されたやつだ。結末は小説のほうがブラックユーモアが効いている。

  • 2016.10.1(土)¥30(-2割引き)+税。
    2016.10.14(金)。

  • 短編集。「幸福の限界」だけ読了。
    ゲラゲラ笑えるタイプの作品だと思っていた。
    風刺的な作品だった。

  • フジが炎上したドラマ「通いの軍隊」が収録
    「講演旅行」も秀逸

  • 筒井康隆の本を最初に読んだのはいつだったか…それまで自分が読んできた「教科書的」な文章が全て覆された衝撃があった・・・文ってなんでも有なんだ・・小学生だった自分の心にものすごい怒涛のような波が押し寄せた。
    「ひひひひひ」と笑い、「俺」が何でそんなこと考えるんだか、どうしてそんな行動するんだか全く理解できなかった。
    でも、面白くて面白くて、読んでいた。
    今、私は「オトナ」になったけど、同じように怒涛の波を受けて「ああ、こうだった・・・」と思い出し、そして面白くて面白くて読んでいった。

  • 表題作を今読み終わった。
    奇妙。
    正気に関しての
    精神科医のセリフについては
    印象に残った。
    隠喩を理解しよう。

  • 世にも奇妙な物語で見た「熊ノ木本線」,妻とも連絡がとれなくなって東京にも戻ることができなくなった「講演旅行」,なんか奇妙だなというところから絶望的な最後にいく「幸福限界」。読み終わって現実に戻ってこれてよかったな~と安堵できる。
    「心臓に悪い」はとっても笑えます。

  • 世にも奇妙な物語を見て、通いの軍隊だけ読了。
    映像ではえっこれで終わり?と思ってたけど日が経つごとにジワジワきて、原作も読みたくなった。
    戦争が通える距離に普通にあってお弁当食べたり日常を普通に過ごしてるのに死んだり殺したりしてるのが興味深い。

  • ブラックユーモアが効きまくった短編集。
    ぶっとんだ設定でも、ふわふわさせずにしっかり読ませる力技に感服。

全37件中 1 - 10件を表示

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

おれに関する噂 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おれに関する噂 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おれに関する噂 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おれに関する噂 (新潮文庫)の作品紹介

テレビのニュース・アナが、だしぬけにおれのことを喋りはじめた-「森下ツトムさんは今日、タイピストをお茶に誘いましたが、ことわられてしまいました」。続いて、新聞が、週刊誌が、おれの噂を書きたてる。なぜ、平凡なサラリーマンであるおれのことを、マスコミはさわぎたてるのか?黒い笑いと恐怖にみちた表題作、ほか『怪奇たたみ男』など、あなたを狂気の世界に誘う11編。

おれに関する噂 (新潮文庫)の単行本

おれに関する噂 (新潮文庫)のKindle版

おれに関する噂 (新潮文庫)の文庫

ツイートする