男たちのかいた絵 (新潮文庫)

  • 281人登録
  • 3.18評価
    • (8)
    • (16)
    • (80)
    • (4)
    • (4)
  • 18レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (1978年10月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171067

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
筒井 康隆
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

男たちのかいた絵 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • また読みたくなって久しぶりに読んでみた。

    主人公はすべてやくざの連作小説集。

    やくざさんについて、
    なんだか詳しいような気持ちでいても
    元ネタがだいたいこの本からって、どうなの。

    それでも強ち的外れでも無い事も無い、事も無いのか、
    どうなのか?、それは、やっぱりわからないけれど、

    例えば「極道の妻たち」が公開された当初、
    「こんな訳、あるか!」とその筋の方々から苦情が届いた、
    と聞いたことがあるけれど、
    この本だったら、多少うーん?、と思っても
    ニヤッと笑って許してくれそうな気が…。
    (あくまで私の想像です)

    人生に「兄貴」がいるってのも、良いな、なんてね。

    虚言癖のある男の話(『嘘は罪』)、この話が印象深くて、
    なんとなくふとしたときに思い出すことがある。

    お父さんへの思いが…の『アイス・クリーム』も、
    一般人だって素知らぬふりして、とぼけて、
    十分いんちきなことがある!と突然憤ってみたり。

    同性愛、それも純愛の『恋とは何でしょう』、ラストは切ない。

    筒井さんはなんでもわかっている!、と言う気がしていて、
    なんだか犬のように懐いてしまっている私でした。

    おまけの話として、筒井さんのエッセイに、
    ずっと前にだけれど、
    関西のやくざの割と偉い人が
    筒井さんとよく似ていて、
    またその人が過激な人で
    「落とし前つけてもらう」だの、
    もっともっと物騒なことも色々発言されるので、
    『人違いで消されるのではないか?』と
    日々怯えている、と書いておられたの、
    面白かった!(面白がって、すみません)

  • 2016.10.1(土)¥30(-2割引き)+税。
    2016.10.8(土)。

  • チンチン立ちっぱなしのヤクザとか、犬と深い仲のヤクザとか、変なヤクザがいっぱい登場です。
    ヤクザのというか(男の?)渋さや悲しさ(聖書でいう原罪のような)を感じる短編集でした。解説が「中島梓」!昭和のあのころに気持ちの良いトリップでした。

  • 筒井先生の本なら何でも来い!って頃に読んだ本です。
    わあ と思いながらも好奇心いっぱいで読んでしまいました。
    やっぱり先生のお話は怖くても面白いから。

    あんまり覚えてないけど、拷問の時に自らすすんでやってもらう(?)ヤクザの話が印象的でした。
    こういうお話も読めるんだって思って、大藪さんや勝目さんの本をアレコレ読んだりすることになったんだ、たぶん。

  • 「二人でお茶を」が好き。

  • 高校生のとき、なぜか友人が無理矢理貸してくれた本。
    あまり接していたくなくて(笑)
    大急ぎで読んで早々に返却したことを思い出す。
    様々な性格・性癖を持つヤクザたちの群像で、
    各短編にジャズ・ナンバーのタイトルが付されているが、
    内容はかなりお下劣。
    二重人格で嗜好が異なり、
    コーヒーを飲むか紅茶を飲むかで揉める「二人でお茶を」が
    一番苦痛を覚えずに読めた。

  • 男って悲しい生き物だね。

  • 筒井康隆のヤクザ小説短篇集。オナニー中毒のヤクザが出てくる「夜も昼も」、ホモセクシャルの壮絶な生きざま「恋とは何でしょう」、描写がグロテスクすぎて若干飛ばしかけた「星屑」、犬好き(というか獣姦)の男が気味悪い「素敵なあなた」 あぁ気持ち悪い、そう思いつつも爽快感すら感じる思い切った描きっぷりだと思う。

  • コンプレックスや性癖を題材にした短編小説。
    面白かったが、題材が題材だけに読後感が多少悪い。

    表題作の「男たちのかいた絵」で繰り返しが起きるシーンがあったがこれはどういうことだろう?やり直したいという願望?

  • 読んでて疲れる

  • 途中で返却した。読む気がなくなった…

  • 「愛とはなんでしょう」が個人的には好きです。
    男女間の恋愛より、深くて純粋でした。人間らしい。筒井らしいやくざ物ですが、さらに筒井らしい恋愛の描き方が素敵です。

  • アニキ的、ホモ臭い(むしろガチ)、厚い信頼関係、感動的…
    短編集ですが、あらゆるヤクザの話が見れます。
    逆にその題材だけでここまでたくさん書けることに、筒井康隆の愛を感じます。

  • お尻が痛くなりそうね。

  • たぶんこれまだ読んでない

  • ゲイや二重人格やエディプスコンプレックスや・・・なイロモノキャラ×ヤクザが舞台の短編集。下品でグロテスクな映像が思い浮かぶようなお話ばっかりですが、スカッとします。余韻が良いです。筒井先生の多重人格モノのテンポ感、好きです。

全18件中 1 - 18件を表示

男たちのかいた絵 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

男たちのかいた絵 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

男たちのかいた絵 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

男たちのかいた絵 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

男たちのかいた絵 (新潮文庫)の作品紹介

おくびょうで意気地なしでも、拳銃片手に怖いものなし-チンピラやくざの、カッコいい兄貴分へのあこがれが、屈折した心情に映し出される時、オナニズム、同性愛、エディプス・コンプレックス、多重人格などの持主を主人公にした、筒井康隆の強烈な世界が展開される。『夜も昼も』『星屑』『二人でお茶を』など、ジャズのスタンダード・ナンバーにのせておくる奇妙な味の連作小説集。

男たちのかいた絵 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする