宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)

  • 355人登録
  • 3.63評価
    • (34)
    • (32)
    • (83)
    • (2)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (1982年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171159

宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 裏表紙に、狂気と毒気に満ちた8編って書いてあるけど、まさにその通りな短編集。
    どんどん時間が早くなる「急流」と、関節ポキポキで会話するっていう「関節話法」が好き。

  • ひどい話しか入ってない短編集。
    ひっさびさに読んだらもお。これ。
    そんなに筒井康隆をいっぱい読んでるわけではないんだけどもこれはひどい
    こんな話で笑ってはいけないいけないと思うほどひきつけを起こす勢いで笑ってしまう。笑えば笑うほど怖い。
    例えば「関節話法」。関節をポキポキ鳴らすことでコミュニケーションを取る異星人と貿易する話。御察しの通りもう関節という関節を曲げるのが怖くなってくるほど痛い話なのだけど、しかし気持ちはいつしか主人公の話を聞かされているその異星人の気持ちになり、どうしても青筋を立てながらぶるぶると笑ってしまう。最後のさいごの「せんずり流れてほういほい」でもうだめ。でもふと主人公サイドに視点が戻るともう関節曲げられない。
    いちばん好きな話は「顔面崩壊」かな。顔面が崩壊する話(そのまんま)。この崩壊した顔面で見る幻覚が超サイケ。めっちゃ楽しい。しかしどんなおそろしい顔面になっているのか。
    あと「問題外科」は読むと吐くから気をつけようね。文字情報でここまで生理的嫌悪を催されるものだろうか。

  • 2016.10.1(土)¥30(-2割引き)+税。
    2016.10.9(日)。

  • SF。グロテスクな表現もあるが、どっぷり世界に入り込める。
    最初の蟹のやつ、まさかの展開で驚いた!

  • 読書人生の中でこの作品の衝撃を超えるものはないんじゃないかと思う。筒井康隆ワールド全開で、中毒のきっかけとなった私のバイブル。決して万人にお勧め出来ませんが、これを読まないと人生損します。いやそれは言い過ぎか。

  • 古い文庫で紙が茶色で老眼に差し掛かった眼では読みづらい。
    短編が並べられている。
    内田樹の本で紹介されている「 関節話法」を始め、ナンセンスSFである。

  • 先日古本で衝動買いした筒井本を読んでる。酷い(笑。今なら発表即大炎上しそうな話が(汗。グロ過ぎる。でも「関節話法」は好き。

  • 前半半分は読んだ話やった。初読みの『関節話法』、『最悪の接触』、『ポルノ惑星の~』は突飛すぎて驚き!三話とも凄い世界で引き込まれた。筒井ワールド凄い!

  • 筒井先生らしいといえば、らしいものが集まった本。映像化しようものならできないレベルの作品しかない(色々な意味で。でもオーディオブックになっているものはありますね)。
    「問題外科」に関しては、様々なところで「エグい」「後味が悪い」と言われていますが、臓物描写が細かいのでエグさが引き立っているだけかもしれなく、話の発想自体はそれほど怖くないと思いました。それよりも私は「蟹甲癬」に震えました。作品集の中で、「想像すると最も気味悪い作品」を選ぶとしたらコレ。当分、蟹を直視できない。

  • 本当にバカらしく、面白い!!
    こんな気持ち悪いのに、突き抜けてて愉快な気持ち悪さ。
    この本に「気持ち悪い!!」は誉め言葉。
    間接話法、顔面崩壊笑った~。後者はゾワゾワするけども。

    是非、夜、家で読んでほしい。

全31件中 1 - 10件を表示

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)の単行本

宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)のKindle版

宇宙衛生博覧会 (新潮文庫)の-

ツイートする