最後の伝令 (新潮文庫)

  • 266人登録
  • 3.40評価
    • (11)
    • (22)
    • (69)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (1995年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171357

最後の伝令 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 随分昔読んだものを再読。やはり良かった。特に巧いなあと感じたのは『九死虫』『あのふたり様子が変』、感覚的に好きなのが『禽獣』『瀕死の舞台』。

  • 彼の短編集としては「俺に関する噂」の方が
    大分好きだ。

    とりあえず大槻ケンヂ君の例の話が心に残って
    ここでも作品にしてることはわかった。

  • 様々な内容の短編集。どの話も面白かった。

  • 筒井さんによる、結構近年のSFへ回帰した短編集。
    「人喰人種」 当たり前に人喰い
    「北極王」 子どもの脳みそ
    「樹木 法廷に立つ」 桜の木が法廷で陳述する。ニッチ考えないことばだけの、ブンブンのご主人あるじヒト
    「タマゴアゲハのいる里」 
    「近づいてくる時計」 近づいてくるという意味
    「九死虫」 人間は1回しか死なないけど、8回死んでも生き返る虫の話。どれだけ生き返れても人生の苦労は同じ。おもしろい。
    「公衆排尿協会」 おしっこ我慢しすぎてるときに思いついたんだろう
    「あのふたり様子が変」 少し昔めいたいいなずけ同士が家族親戚がたくさんいる中でSEXできる場所を探してウロウロする中でどんどん興奮
    「稟獣」
    「最後の伝令」 人間はいろいろな器官でできていて、いろいろ行動するのは“存在”という器官的な考え おもしろい
    「ムロジェクに感謝」 なぜムロジェクに感謝なのか
    「二度死んだ少年の記録」 怖いけど、死因うける
    「十五歳までの名詞による自叙伝」 絶対文字数かせぎ。あとで私の知らない名詞を調べてみよう
    「瀕死の舞台」 役者がよくいう“死ぬときは舞台の上で”ってのをやった人の話。こんな死に方幸せね

  • 2012.3.4(日)¥73。
    2012.3.16(金)。

  • 死を直接的若しくは間接的にテーマとした短篇集。
    気に入ったのは、「九死虫」、「禽獣」、「最後の伝令」、「ムロジェクに感謝」、「瀕死の舞台」。
    「九死虫」と「最後の伝令」はSF臭溢れる設定に引き込まれる。
    「禽獣」はこの短篇集の中ではかなり穏やかな内容であるが、動物への愛情を深めてくれ、中でも鶯にいたっては飼いたくなってしまうほど、鶯が可愛くて仕方がなくなる。
    「瀕死の舞台」はSFと言えばSFだけれども、現実にもありそうで、しかもグロテスクでない良い死を見せてくれる話で、最後にこの話でしめられるのがなんとも良い心地で終えさせてくれる。

  • 最期の一線とは。

  • 「九死虫」「最後の伝令」「十五歳までの名詞による自叙伝」

  • やはり短編集は記憶が希薄。また読もう。

  • 内容は
    筒井さんの短編14編。
    どれもこれも設定が大好きなのだけど
    読んでると暇になってくる話もいつものごとくしばしば。
    中でも、
    両親を亡くした子が書いた手紙の『北極王』や
    樹木が法定の証言台に立つ『樹木 法廷に立つ』や
    いじめで飛び降り自殺した少年がウロウロする『二度死んだ少年の記録』
    などもおもしろいけれど
    特に、
    肝硬変で死んでしまう体内の細胞たちの会話『最後の伝令』と
    8回生きて9回死ぬ虫による『九死虫』がとても良い。

全16件中 1 - 10件を表示

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

最後の伝令 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後の伝令 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後の伝令 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後の伝令 (新潮文庫)のKindle版

最後の伝令 (新潮文庫)の単行本

ツイートする