ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 (新潮文庫)

  • 216人登録
  • 3.42評価
    • (14)
    • (21)
    • (66)
    • (5)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 新潮社 (2005年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101171470

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
筒井 康隆
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • グロテスクという割にはスプラッターは抑え目で、どちらかというと精神的なえげつなさと不条理さを押し出している作品がラインナップされている感じ。ただ、それなりに筒井康隆を読みなれてきてしまったので、だんだんこのノリにも食傷気味になってきた自分がいて、それを何かしら乗り越える作品が欲しいとも思う今日この頃。本作に収録されているものの中では「偽魔王」がなかなかちゃんとしていて、おもしろい。

  • 短編集。うむうむ。
    ・・・表題作は読んだ。この手はダメだと思った。
    次読んだ。ダメだ。。。
    次も次も読みはじめた。だめだった。
    体に合わなかったのかもしれない。
    一応表題作は読み切った。★2つ

  • 初筒井康隆。文章が読みやすい上に話がおよそ狂っててすごい楽しかった。『妻四態』はおっさんの声がまざまざと頭の中で再生されました。好き。

  • これはものすごいね…
    何というかこの人にしかかけない、
    という世界観は彼のためにあるのじゃないかしら。

    わざと段落も句読点も消した作品があったり
    着眼点がかなりユニークだったり
    食後に読まないでください的なものがあったり…
    とにかくバリエーション豊富、飽きませんでした。

    でも彼の文は好き嫌いは
    絶対に分かれるのです。
    嫌いな人はクドクドしていて
    ダメというかと思います。

  • さすが自選というだけあって、変態でグロい!!淫猥?
    スプラッター要素もつよいのに読めちゃう。おもしろいからなんだなぁ。

  • 書名からも分かる通り、あえて悪趣味なものを集めた短編集。切り口に慣れてきてしまうと単調な気も。でも面白い。前に呼んだ戸梶圭太作品のようなグロい表現も、大分前に試されていたんだな(もっと他にもあるかもね)。で、「このグロい表現は何なんだ?」と作中で問うていたり、用意周到。やたら屁をひり脱糞するので、そこの描写がお約束のようになっていた。

  • 「ポルノ惑星のサルモネラ人間」は単純に面白い。読んでいくうちに引きずり込まれて、自分の価値観が転倒していく。
    「歩くとき」は読むのに疲れる専門用語が並んでいるが、間に低俗な言説が挟まって、その分思わず笑ってしまう。
    「イチゴの日」はブスを美女として育て続けるマスコミのプロジェクトという発想だけでなく、それを島川ユリエ本人が気づいてしまうという展開に驚いた。
    「偽魔王」も展開の仕方は「イチゴ」と似ている。スプラッター要素が強い。
    「カンチョレ族の繁栄」も探検ものとしては「ポルノ惑星」と同じようだが、グロテスクさの方向性と価値観の転倒の方向性が違う。気持ちの悪い動植物の表現については、椎名誠の方が独創的かもしれない。但し、それは「カンチョレ族」が戦前のニューギニアを舞台にした体とも言える。

  • ・10/25 随分久し振りの筒井康孝だ.以前に読んでる筈なんだけどいまいち覚えてない.インパクトは強い作品ばかりだと思うんだけど...
    ・10/31 読了.結構おぞましいけど軽く読めた.やっぱり中身のグロテスクさよりもストーリーが面白いな.

  • きみも生温かい繭にくるまってセックスを失ってみないか?

  • わりとどうでもいい

  • 数ヶ月前に、イギリスのラジオで、表題にもなった「ポルノ惑星のサルモネラ人間」がラジオドラマになったと聞いた。結局、聞けなかったけれど、これを放送するのかーとちょっと舌を巻く。
    「偽魔王」や「イチゴの日」なんかは、スプラッタ過ぎて、逆に「グロテスク」ではないかも。ただし、単純明快なストーリーなので、面白い。「妻四態」と「あるくとき」が、一番気持ちが悪かった。特に、「あるくとき」は、その文章の独特さ故に、一文進めるのに気力を根こそぎ持って行かれる感じ。
    「座右の駅」は、閑話休題といった感じで、ほっとするところもありつつ、現実と夢?を自由に行ったり来たりする感覚、理性的でいながら少しずつおかしくなっていく様が、さすが筒井さん!

  • 筒井康隆は「時をかける少女」「パプリカ」しか読んだことがなかったけれど、彼の真骨頂はこんなに『変態』だったんだ!
    ナンセンスな妄想を文学のレベルにして世の中に発信する姿勢に脱帽。もっと昔から筒井康隆を読めば良かったなぁ〜。

    この本に収録されている話の中では「妻四態」が好き。
    なんか中学生の妄想っぽくて。

  • 初めて読んだ筒井作品です。
    これは相当、筒井ワールド全開です。
    淫猥というか何というか…表現に苦しみますが、私は好きです。卑猥な形をした動物たち。

  • 「妻四態」と「イチゴの日」が好き。
    ただスプラッタが多すぎて酔った

  • ・ポルノ惑星のサルモネラ人間
    ・妻四態
    ・歩くとき
    ・座右の駅
    ・イチゴの日
    ・偽魔王
    ・カンチョレ族の繁栄

  • 筒井康隆氏の初期の頃の書物。
    名前からしてかなりオススメ

全19件中 1 - 19件を表示

ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 (新潮文庫)の作品紹介

地球から学術調査隊が訪れた「ポルノ惑星」で、美人隊員の島崎博士が妊娠した!原因は妖草ゴケハラミ。その処置を年中丸裸の原住民に聞きだしに向ったおれが見た、密林を跋扈する奇怪な動植物の数々。常識に凝り固まった悩みそを爆砕するモンスター・オンパレードの表題作の他、妻が冬眠から目覚めて羽化、産卵して脱皮までする「妻四態」など、異次元グロテスクワールド全開の7編。

ポルノ惑星のサルモネラ人間―自選グロテスク傑作集 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする