私の美の世界 (新潮文庫)

  • 586人登録
  • 3.75評価
    • (51)
    • (53)
    • (87)
    • (4)
    • (2)
  • 49レビュー
著者 : 森茉莉
  • 新潮社 (1984年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101174044

私の美の世界 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しいものにこだわり、自分の世界に妥協しない、まさに「わたしの美の世界」。世の中のあらゆることにいつも怒っていて、謙遜も追従もしないけれど自惚れもない。そんな茉莉さんが好きです。

  • なんというおばあさん少女…恐ろしいな。

  • エッセイの中で一番すきな作品。
    いつでも読みたいきれいな文章。
    食べ物の描写がいちいちおいしそうなところも素敵。
    些細なこだわりやふとしたつぶやきをこんな風に書けるって、とてもすごい。

  • 確かに独特の世界観はあるな。欧州びいき、アメリカ嫌いが露骨すぎで楽しい。

  • 森茉莉のエッセイがとてもすきで、この本ももう何度めか
    で読んだ。貧乏サヴァランをはじめ、森茉莉独自の美意識
    のこだわりのオンパレード。文章の古めかしさと相まって
    たまらない魅力。プラス、面白さもあるのだから凄い本。
    森茉莉が文章を書くのに努力したとは(性質上)思われない
    のだけど、しみじみ文章がすばらしい。

  • 読むのに時間かけすぎてもう前半の内容覚えてない。(笑)
    途中で中だるみしてなかなか文章に集中できなくなったけどそれより前は面白いと思って読んでた気がするのでそのうちまた読み返す予定。
    現代ではなかなかお目にかかれない優雅なお姫さんだなあと思った。
    美輪明宏っぽい世界。
    綺麗で素敵だけど、鴎外より漱石が好きな私にとっては、ちょっと貴族趣味すぎて坐り心地が悪い感じかな。

  • 森茉莉のエッセイ集。
    読んだことのある文章がところどころ混じっていたのは、文庫の方はけっこう再編集されているのだろうか、それとも何か別のところで読んだのを勘違いしているのだろうか……。

  • 森茉莉さまのようなおばあちゃんに私はなりたい。

  • 好き

  • 茉莉さんの持つ独特の価値観、美意識、唯一無二の世界観に頷いたり首を傾げたり...。クライスラァの演奏会の貴重なレビューも。

全49件中 1 - 10件を表示

森茉莉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

私の美の世界 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする