吉原御免状 (新潮文庫)

  • 867人登録
  • 3.92評価
    • (138)
    • (116)
    • (150)
    • (6)
    • (3)
  • 113レビュー
著者 : 隆慶一郎
  • 新潮社 (1989年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101174112

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

吉原御免状 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 鬼平犯科帳などを手掛けたベテラン脚本家が、死の5年前に時代伝奇小説家に転向、以来、隆慶一郎というペンネームで次々と作品を発表し、ある作品は少年ジャンプで漫画化されたことから短期間に全世代にセンセーションを巻き起こした作家となった。
    彼がその作品の中で多くテーマとしたのが網野善彦の『無縁・公界・楽』で紹介されたアジールと道々の輩。この小説の肝は吉原を徳川体制下に残された数少ないアジールという説を打ち出したこと。しかもそれは単に象徴的な意味ではなく、政権側と吉原側との双方が秘密裏に武装した実働部隊を持ち、吉原を囲むお歯黒溝や塀なども実は遊女を逃がさないためのものではなく、外部からの攻撃に備えた要塞として仕立て上げるための装置だったと大風呂敷を広げる。住まいの図書館出版局から出版が予定されていた『花街考』が著者の急逝により立ち消えとなってしまったため、結局、吉原に関する考察は、この本(と続編)のみとなってしまった。また、他では滅多に取り上げられない傀儡子が物語の中心に据えられているのも嬉しい。中世のオカルトめいた怪しい民俗学が好きな人間には非常に楽しめる小説。

  • 再読。

    クセもケレン味もない主人公。
    その分、敵役や女性キャラが個性的で魅力的。
    「一夢庵風流記」に登場した爽やかな若者がいい味わいを出したキャラになって登場。
    「影武者徳川家康」のエピソード0またはパラレルワールドのお話しとして登場して隆慶一朗ユニバースの広がりが垣間見れる。ファンにはたまらない。

  • これからどんどん書いて欲しかったのに急逝されてとっても残念。
    この『吉原御免状』が処女作で、かつ直木賞候補作となった作品。時代小説の傑作中の傑作ですね。

    時代劇やドラマでよく出てくる吉原ですが、こういう遊郭が出来た歴史や幕府との関係など関心しきり。
    これ以降、時代劇を見る目が変わった。

  • 壮大な設定で、面白くなるかなと思っていたら
    これからって時に終ってもーた。残念。

  • 面白かったどころではない。驚いた。
    吉原について、何を知っているわけではないが、それでもこれまで知っていた吉原を根底から覆すような作品だった。吉原と出てくるが、物語は吉原を中心にはしているが、もっと壮大。
    隆さんはこの後も、この作品に出てくる人物を小説にされているらしいので、読み勧めたくなる。
    こういう時代小説はもっと世間の人たちに読まれてもいいように思う。
    読んでよかったと思える作品だった。

  • 時代伝奇小説で一時代を築いた隆慶一郎のデビュー作。前から読みたいと思いながら、積読になっていたものをやっと読了。
    評判に違わない面白さ。吉原を舞台にしながら、その裏に様々な要素を詰め込んだ、これぞ伝奇小説か。宮本武蔵、柳生一族、家康替玉説、傀儡士、もう沢山の要素を詰め込みながら吉原という特異な一世界で全てをまとめ上げている。通読した後に後記や解説を読むとまた、その深さがわかってくる。
    本世界観は連作的に幾つか書かれているとのこと。読んでみなければ。

  • 隆慶一郎のデビュー作にて最高傑作

  • 花街吉原がくぐつ氏族の「無縁の徒」の「公界」として歴史的に形成されてきたという設定は非情に新鮮である。道々の輩、くぐつ・山伏・陰陽師・猿楽子・遊女・巫女・・・等の公界往来人の存在から構想した一種の歴史劇画である。徳川家康の影武者と秀忠・表柳生と裏柳生・天皇家と幕府そして、階級社会とそこに組み込まれまいとする自由人、様々な立場の登場人物の対立と思惑が錯綜して、面白くはあるが現実を超えたストーリーである。単なる時代劇アクション活劇とは違う歴史観の匂いを漂わす。

  • 2017.1.15 日経新聞「文化」中畑貴志
    「正月用、書籍選び」

  • 再読・続編行かねば。

  • 他の彼の作品と比較して、性的虐待の描写が生々しくて、若干不愉快をもよおす。

    生まれに謎を抱えた剣豪が一人、師匠である宮本武蔵の25歳まで山を出るなと言う遺言を守り、今日山から下りてきた。向かう処は吉原。

    ここで、花魁、吉原の店主などとの交際、そして狙い迫ってくる柳生家との対立を通して、彼の成長を描く。

    吉原は実は。。。という仮定で描いているが、女性としてもやっとくる。吉原は誰にとっても、地獄でしょう。

    流れ者をすばらしく書いたりする傾向が彼にはあるので、人によって好き嫌いは分かれると思う。ただ、出生の謎が明るみに出てくるまでのドキドキ感はある。

  • まさに書名の通り、吉原に対して、
    神君家康が残した御免状をめぐる物語。

    設定は斬新だし、吉原の仕組みや歴史を学ぶ、
    ある種の歴史書にもなっていると思う。

    これがデビュー作とのことだけれども、
    主人公・松永誠一郎はともかくとして、
    登場する男たちはみんな格好いい。

  • さすが隆慶一郎の作品は面白い。
    宮本武蔵に育てられた青年剣士・松永誠一郎は、師の遺言に従い江戸・吉原に赴く。
    吉原では裏柳生の忍びの群れが跳梁し吉原成立の鍵である「神君御免状」を狙う。

    吉原成立の謎とは何か?
    吉原に住まう人々とは何者なのか?
    松永誠一郎に課せられる使命とは何か?

    隆慶一郎のデビュー作‼

  • 古本で購入。

    師の宮本武蔵の遺言に従い江戸の色里、吉原に赴いた松永誠一郎。
    彼を襲う裏柳生の忍、「自治都市」吉原の本当の姿、そして神君御免状。

    ただただ一言、傑作。
    謎が謎を呼ぶ物語の巧妙なつくりと、それが徐々に解き明かされていく過程が、すごく心地いい。

    「道々の輩」などと呼ばれた傀儡子ら中世以来の遊行者たちがつくりあげた、無縁・公界としての都市、吉原がまた魅力的。
    沖浦和光が「豊饒な闇」と表現した彼ら被差別民の世界が活写されていて、「やるなぁ」と感心してしまう。

    一気読み推奨。オススメ。

  • 2005.10.27〜11.5 読了

  • 職場Tさんおススメ

  • 登場人物が一気に出るので、最初は混乱したけど、やはり隆慶一郎氏の小説はすっきりするね。

  • めちゃめちゃ面白かった。正月に読むには最適だったわ。
    便所に立ったまま帰ってこなかったからといって、吉原一の花魁が天然なチェリーボーイに初会で惚れるかなと思うが、まぁ、そんなことは瑣末だ。
    ところで、柳生義仙は後年拝一刀と闘ってたな

  • 徳川家康影武者説をバックボーンに「神君御免状」というモノを巡る吉原を舞台にした話。作者の歴史に対するスタンスや考えが判り、司馬史観とは異なる捉え方が斬新です。

  • うーん、残酷すぎる。むり。

  • 胸のすく時代小説。
    吉原に対する考え方がガラリと変わる。
    二天一流 対 柳生心影流の対決も見物。

  • 隆慶一郎の3作目。

    時代小説(歴史小説?)のハードボイルド、といった感。

    後作「影武者徳川家康」と通じる部分が多く、“道々の輩”なる生き方をした人々への筆者の強い想いが感じられらた。

    戦闘描写や色事の描写には、手に汗握り、生唾を飲まされた(笑)。

    ☆3つ、7ポイント半。
    2014.02.18.図。

  • 網野史学の成果が見事にエンターテイメントへ結実した快作。劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』はこの作品があればこそ。まさにバイブル。

  • 時代小説は発行時期や読者の年代とかで評価がそれほど変わらないと思う。若い頃は柴錬や司馬遼を愛読したけど、娯楽時代小説として劣らない。題名はちょっと引いたけど、設定、展開、キャラともしっかりしている。まぁ、歴史というより伝奇、剣豪物になるかなぁ、考えてみると超能力とか自由の民とか執筆時期の背景は絡むかな。ともあれ、面白ければ良しと。しかし、パターン的で一番魅力に欠けるのが主人公だったりする・・

全113件中 1 - 25件を表示

吉原御免状 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

吉原御免状 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

吉原御免状 (新潮文庫)のKindle版

吉原御免状 (新潮文庫)の単行本

ツイートする