かくれさと苦界行 (新潮文庫)

  • 467人登録
  • 3.89評価
    • (61)
    • (60)
    • (77)
    • (3)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 隆慶一郎
  • 新潮社 (1990年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (532ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101174136

かくれさと苦界行 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。

    前作で諸々の説明が終わってるのでストーリーに集中できる巻。やはりキャラクターものは2作目から。
    この主人公は完全無欠、清廉潔白すぎて魅力は感じられなかった。一番のお気に入りは幻斎。キャラ造形の面白みでは隆作品の中でもベスト3には入る。

  • とっても面白く読み進められた。

    吉原って・・・
    傀儡族って・・・
    政治って・・・

    エンタテイメントの中にも、色々と考えさせられてしまった。

    ★4つ、8ポイント。
    2016.07.26.図。


    ※主人公もさることながら、超人的に強い老人達の生き様が格好良し。

    ※身も蓋も無くなる話だけれど……読中、何度、「ええい、もういっそのこと、老中を暗殺してしまえいっ!アンタらなら楽に出来るっしょ?」と心中で呟いたことか(笑)。

  • 吉原御免状の続編。
    敵味方含めて魅力的な登場人物が多い。

    続きが読みたかった・・・

  • 2005.11.6〜17 読了

  • 著者は東大出身でフランス文学の教授もしていたという経歴。大岡昇平も同じようなキャリア。大賀昇平は小林秀雄の友人でもあった、(中原中也とも)。筆者は小林秀雄の弟子でもあった。フランス文学の研究者が時代劇を書くというのも面白い。研究者だけあって時代考証や時代の背景にあるものなどよく調べてると思う。ある個所はかなりのボリュームで歴史背景や言い伝え、民話について記述されてて、歴史書かと思わせる。単なる時代劇ではなくとっても興味深く読める作品。吉原三部作の二作目。

  • シリーズが未完に終わってしまったのが、とても惜しい。
    敵役も活き活きとして魅力的。
    その後、どんな剣が生まれるのか、妄想せずにいられない。

  • 「吉原御免状」の続編。主要登場人物は数人を除いてほとんど変わらない。まぁ、その数人が荒木又右衛門や義仙の従妹だったりするが、設定、展開ともかなり強引。続編で新鮮味が薄れた分を人間関係で補えなかった感じ。それでも、最後のまとめ方は好みだった。続々編があっても、おかしくないけど・・間に合わなかったのかな。

  • 個人的には前作のほうが面白いが荒木又右衛門の存在は出色。

  • 正直に答える事が誠実ではない。
    ただ相手に丸投げして、自分が楽になるだけ。

  • 「吉原御免状」の続編。後水尾天皇の子供にして、宮本武蔵にから二天一流を承継した松永誠一郎と、裏柳生の総帥、柳生義仙、その背後にいる大老、酒井忠清、驚異的な膂力を持つ怪物荒木又右衛門などとの暗闘がスリリング。アニメ、あるいはSFXを駆使して実写化すれば面白そう。

全37件中 1 - 10件を表示

隆慶一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

かくれさと苦界行 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かくれさと苦界行 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かくれさと苦界行 (新潮文庫)のKindle版

かくれさと苦界行 (新潮文庫)の単行本

ツイートする