新源氏物語 (上) (新潮文庫)

  • 846人登録
  • 3.80評価
    • (94)
    • (91)
    • (152)
    • (2)
    • (2)
  • 106レビュー
著者 : 田辺聖子
  • 新潮社 (1984年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101175140

新源氏物語 (上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とにかく源氏が嫌い。恋といっても現代じゃ犯罪だし。それでも最後まで読めてしまう。これは源氏じゃなく様々な女性の生き方を書いているんだなと思う。千年前にこれだけの女性を書き分けたのは、やはりすごい。でも源氏って、明石の上以降は振られてるのね。秋好中宮には残り香さえ嫌って言われてるし。

  • 本棚の奥に見つけたので。
    窯変読んだ後だとあっさりだわぁ…。エピソードの確認みたいな気持ちで読んだんですけどね。

    長さがこんなもんだから、内容は当然なんだけどもそれにもまして文章が、あっさりあっさり。
    窯変の文体はくどくどしいまでの美文調だったのだと思いました。あれくらいねちねち描いてくれないとものたりないカラダにされてる…!(バカねぇ)

  • 源氏物語田辺聖子訳。読みやすく、かといって優雅さを損なうこともない。
    これまで「あさきゆめみし」か国語の授業くらいしか読んだことがなかったが、恋愛メインとはいえ、政治問題も絡んで勉強になる。現代とは感覚が違うし、源氏の魅力もわかるのだが、やはり、父兄の妻に手を出し、紫の上が一番といいながら、謹慎中に明石の君と子を作り、帰ってくれば六条御息女の娘に気を惹かれる源氏の懲りなさにはちょっと呆れる。当時の女性方はそうは思わなかったのだろうか。紫の上派としては、明石の君が、うーん、どうしても好きになれない。悪いのは源氏なんだけども。

  • 配置場所:摂枚フマニオ
    請求記号:913.6||T||*
    資料ID:95970053

  • 実家の本棚より。
    確か20年くらい前に夢中で読んだ本。
    再読。

    なんと涼しげで静かな本。
    それでいて人間臭い。

    昔感じたこととの違いを楽しみながらゆっくり読む。

    最近ミステリーや青春ものを読んでたから、なんだか久しぶりに帰ってきた感じ。
    先が気になってガンガン読むのもいいけど、一文一文を味わって夢見心地で読むのもいい。

    若い頃の頭の中将と源氏の君のコンビが楽しすぎる!マンガみたい!

    時々ブラックな考え方をする源氏の君にニヤリ。
    紫の上の初めての日の場面で泣けてしまったのはなぜ?
    昔は全然だったのに…。
    娘が出来たから?

    あとやっぱり源氏は脂の乗ったおっさんになってからが面白い。

    昔読んだ時は空気のような存在だった花散里。
    かなりいいポジションにいるのに気づく。

  • お引き取り済。

  • 源氏物語の入門書として、オススメです。

  • 源氏物語の中では1番詳しく訳されていてよかった。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    現代のヒーローとして甦った“光る君”。平安の宮廷で華麗に繰り広げられた光源氏の愛と葛藤の物語を、新鮮な感覚で“現代”のよみものとして描いた大ロマン長編―比類ない美貌と知性、そして高貴な身分を持つ源氏は、至福の愛を求めて、許されぬ恋、苦しい恋を重ねる…。上巻には、「眠られぬ夏の夜の空蝉の巻」より「佗びぬればはかなき恋に澪標の巻」までを収める。

    【キーワード】
    文庫・源氏物語・古典・恋愛



    ++1

  • 角川ソフィア文庫ビギナーズクラシックス、瀬戸内寂聴訳を経ての本書。これは紫式部の「源氏物語」ではなく、田辺聖子の「新源氏物語」であって、田辺聖子が解釈し想像を広げていったものである。他の方の訳、或いは原文を読んだらまたおもしろいだろう。寂聴源氏の方が余白、行間があり、自分の想像力も使って読めたのでおもしろかった。

全106件中 1 - 10件を表示

田辺聖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

新源氏物語 (上) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新源氏物語 (上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新源氏物語 (上) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新源氏物語 (上) (新潮文庫)の作品紹介

現代のヒーローとして甦った"光る君"。平安の宮廷で華麗に繰り広げられた光源氏の愛と葛藤の物語を、新鮮な感覚で"現代"のよみものとして描いた大ロマン長編-比類ない美貌と知性、そして高貴な身分を持つ源氏は、至福の愛を求めて、許されぬ恋、苦しい恋を重ねる…。上巻には、「眠られぬ夏の夜の空蝉の巻」より「佗びぬればはかなき恋に澪標の巻」までを収める。

新源氏物語 (上) (新潮文庫)のKindle版

ツイートする