霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)

  • 223人登録
  • 3.50評価
    • (20)
    • (20)
    • (63)
    • (4)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 田辺聖子
  • 新潮社 (1993年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101175225

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
村上 春樹
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 源氏物語の時、男子キャラでいちばん好きだった夕霧がただのおっちゃんになっていてショックだった。

  • はじめは中々読めなくって、、、
    2〜3ページ読んでは数ヶ月放置と言うのを繰り返していました、けれど、実際読み始めてみたら一気によんでしまいました。。。
    ちゃんと読み始めるまでに半年くらい掛かっているのですが、学校の合間と家で読み二日間で上下読み終わりましたです。

  • なんだかんだで大君が1番幸せだったんじゃないかなと思う。
    結局拒むことが正解となると悲しくなってしまうけど。

    薫がどうしようもない。
    こういう男が1番たちが悪い。

    田辺聖子さんの源氏物語、ようやく読了。
    宇治十帖になってからはイライラしながらなんとか読み終える。

    源氏や頭中将には可愛げがある。
    憎たらしいこともあったけど、しょうがないなぁって部分があった。
    薫と匂宮にはそれがない。
    自分のことばっかり。
    その分浮舟は拒み通せてスカッとした。

    源氏物語は全体を通して身代わりに…ということが多かった。
    イヤになる。
    どうして20年前は感動できたんだろ。

  • 薫が歯がゆい…。
    大君はもっと堅物、中の君は派手な感じのイメージだった。

    下巻からは浮舟がクローズアップされるはず。

  • 紫式部の『源氏物語』のストーリーを、現代の言葉で語りなおしたシリーズ「新源氏物語」の続編です。「宇治十帖」と呼ばれる巻が上下2巻に収められています。

    本編以上に、平安時代の恋愛譚が現代的なロマンとしてよみがえったという印象が強く感じます。とくに、恋にややおくての薫と情熱的な匂宮が対比されていて、つい「キャラが立っている」と言ってみたくなります。

  • 新源氏物語の続編/宇治十帖
    浮舟は下巻メイン、上巻での扱いが少しひどすぎた

    源氏にも思うところは多々あったが、何故か薫のほうがいけすかない

  • 匂宮三帖から始まり、個人的にも好きな宇治十帖の幕開けです。大君は薫を拒み切って亡くなった印象が強かったので(そこが好きです)、亡くなる間際に想いが通じた…みたいな展開に「エエーッ!」と思いました。大君は「愛してます」なんて言わないと思います。ちょっと違う気がしました。著者のラブストーリー補正がかかってる気がするのですが…。源氏物語ってそんな甘い話じゃないと思うのですが。浮舟も好きなのですが、まだチラッとしか出てきてません。下巻が楽しみなようなドキドキするような。窯変好きすぎるせいか、私はどうやら田辺源氏にはモヤッとするみたいでした。本当すみません。

  • 源氏物語の最後の章「宇治十帖」。
    青年・薫が「・・自分はどこから来たのだろう・・いったい、自分は誰の子なのだろう・・」
    この言葉から物語は始まる。
    「宇治十帖」の主人公薫は光源氏の実の子供ではない。
    こんな悩みを持った薫の物語。
    大君、中の君、浮舟をめぐり、薫と匂宮との関係、それぞれに思いが交錯し
    微に入り細に入りの描写が興味深い。
    時にはくどくなったり、時にはまったりしたり、また退屈したり・・と
    読んでいておもしろい。

  • <源氏物語>の後半<宇治十帖>に的を絞った作品をほとんど知りません。
    あまり採り上げられることのない<宇治十帖>ですが、個人的に好きな十帖ですので、大変面白く読むことができました。

    ※〈上〉以降省略※

  • 宇治十帖はよく面白くないと言われているようですが、こちらの訳だとドラマチックでとても面白いです。薫にはどこまでもムカムカイライラさせられますが、匂の宮のストレートでからりとした女好きは笑って許してしまいそうになるし、翻弄される浮舟が最後にみせた意地も「よくやった」とほめてあげたくなります。

  • 薫の、いつでも自分の都合のいいように解釈する性格にイラッ。


    途中でほだされてくる大君にハァ?


    大君亡き後、本当は中の君と結婚するはず~のくだりの
    薫に、日本文学史史上初のストーカーを感じる。

  • 光源氏の子、薫の話。
    いわゆる“宇治十帖”。

  • 内容紹介:平安王朝の宮廷ドラマの華麗な覇者、光源氏の、因果応報ともいうべき秘められた業を背負って生れた、もの静かな貴公子・薫。彼を敬愛するがゆえに、その切実な求愛に応えることを拒みとおして逝った大君。運命の恋人たちの愛は、さらに変転しながら、川をくだる…。流麗な文章と巧みな構成を以て、世界の古典を現代に蘇らせた田辺版・新源氏物語、待望の完結編「宇治十帖」上巻。(「BOOK」データベースより)

    資料番号:010656254
    請求記号:F/ タナベ/ 1
    資料区分:文庫・新書


  • 『新源氏物語』の続編。
    宇治十帖の現代語訳です。

  • (2007.05.17読了)(2003.04.26購入)
    源氏物語の第二部です。源氏物語54帖のうちの最後の13帖のうちの「匂宮」「紅梅」〜「宿り木」の8帖が掲載されています。4つ目の「橋姫」からが、宇治十帖と呼ばれるのだそうです。
    光源氏は既に亡くなり、夕霧の柏木の話も、主役の座を降り、薫と匂宮が主役となります。
    薫は、表向きは、光源氏と女三宮の子供ですが、実際は、柏木と女三宮の子供です。
    光源氏の場合は、ブレンドした香を着物に焚き染めていい香りをさせていたのですが、薫の場合は、体からいい匂いを放つという特異体質なのだそうです。
    匂宮は、光源氏と明石の君の間に生まれた明石の中宮と今上帝の間の子供です。
    表向きは、薫と明石の中宮は、異母姉弟ですから、薫と匂宮は、叔父と甥の関係になります。年が近いので、遊び友達でライバルということになります。
    薫は、若いのに、恋よりは、仏教のほうに興味があるようで、宇治のほうで修業している八の宮と親しくなりたびたび訪れます。
    八の宮には、娘が二人いるので、八の宮は、薫に姉娘を嫁がせたいような、薫も結婚してもいいような、お互いに意志をはっきりさせないうちに、八の宮は死んでしまいます。
    八の宮の使用人の中に、柏木の乳母だったひとがおり、薫に出生の秘密を教えます。
    薫は、八の宮の葬儀をとりしきり、その後も、残された娘達の面倒を見ます。
    そのうち、姉娘に言い寄るようになるのですが、姉娘は、妹と一緒にずっといたいと思っているので、薫を受け入れる気はありません。
    薫は、寝室にしのんで行ったりしますが、同意が得られない状態で強引にことに及んだりしないので、思いを遂げる事はできません。
    姉娘は、妹のほうを進めたりするのですが、薫は、姉にこだわります。
    薫は、妹のほうを匂宮に嫁がせ、姉のほうにどこまでもこだわります。
    そのうち姉は、死んでしまいます。
    匂宮に夕霧の娘との結婚話が持ち上がり、妹のほうと過ごす時間が少なくなると、薫は、妹のほうに言い寄るようになります。
    困った妹娘は、八の宮に実はもう一人認知していない娘がいることを明かします。
    薫は、今度は、そちらの娘へと関心を向けてゆきます。
    薫は、セックス経験がないわけではありません。普段は、使用人の中の気に入った娘と仲良くしているようです。身分の高い方々は、なんともうらやましい限りです。
    八の宮の二人の娘達の、刻々と変化する事態の中で、変わってゆく心理描写が実に見事です。1000年も読み続けられてきた物語だけの事はあります。

    ☆田辺聖子の本(既読)
    「甘い関係」田辺聖子著、文芸春秋、1975..
    「絵草紙源氏物語」田辺聖子著・岡田嘉夫絵、角川文庫、1984.01.10
    「新源氏物語」(上)、田辺聖子著、新潮文庫1984.05.25
    「新源氏物語」(中)、田辺聖子著、新潮文庫1984.05.25
    「新源氏物語」(下)、田辺聖子著、新潮文庫1984.05.25
    「むかし・あけぼの」(上)、田辺聖子著、角川文庫、1986.06.25
    「むかし・あけぼの」(下)、田辺聖子著、角川文庫、1986.06.25
    「竹取物語・伊勢物語」田辺聖子著、集英社文庫、1987.07.25
    「おちくぼ姫」田辺聖子著、角川文庫、1990.05.25
    (2007年5月22日・記)

    (「BOOK」データベースより)
    平安王朝の宮廷ドラマの華麗な覇者、光源氏の、因果応報ともいうべき秘められた業を背負って生れた、もの静かな貴公子・薫。彼を敬愛するがゆえに、その切実な求愛に応えることを拒みとおして逝った大君。運命の恋人たちの愛は、さらに変転しながら、川をくだる…。流麗な文章と巧みな構成を以て、世界の古典を現代に蘇らせた田辺版・新源氏物語、待望... 続きを読む

  • 宇治十帖編。源氏を読んだらこちらも是非。

  • 主人公の薫の君のひたすらな純愛が生んだ悲喜交々なエピソードが書かれていて、愛することの難しさを思い知らされました。

  • 一時古典にハマり、読み漁った。今はちょっと興味が薄れている状態なので、地元の図書館へ寄贈。2006.9.18

  • 同じ作者の『新・源氏物語』の宇治十帖です。

  • 宇治十帖編です。
    源氏の子どもってことになってるけど、実は女三の宮と柏木の子である薫が主人公。
    なんだか、源氏物語を読んでると、時の流れのはかなさに涙したくなることがある。
    こんな長編恋愛小説書いて、紫式部って本当すごい。

  • 宇治十帖編。これを読んで本当に宇治に行った私。

全26件中 1 - 25件を表示

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)はこんな本です

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

霧ふかき宇治の恋―新源氏物語〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする