花埋み (新潮文庫)

  • 256人登録
  • 3.84評価
    • (17)
    • (25)
    • (28)
    • (0)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 渡辺淳一
  • 新潮社 (1975年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (563ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101176017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

花埋み (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 女性に社会的地位のなかった明治初頭に日本初の女医となった荻野吟子の生涯を描いた一冊。
    女が勉学を積み医者になるなど何事かと一掃した当時の閉鎖的な空気が恐ろしい。
    晩年にキリスト教に傾倒し、夫と共に信者の理想郷を建設すべく北海道開拓に乗り出したときに味わった艱難辛苦、この描写が寂寥感溢れるものでまた素晴らしい。
    傑作『阿寒に果つ』でも見せつけられた淡々としていて且つ鋭く重い文体がここでも存分に活かされている。
    やっぱり渡辺淳一の文章は知的で無駄がなくて大好きだわ。

  • 初婚相手にうつされた膿淋がはじまりだった。
    男医者に恥部を見せる屈辱が忘れられず、女は医者を志す。

    荻野ぎん、のちの荻野吟子という日本人女性初の医者が誕生するまでと、それからを描いた長編。
    家族の反対を押しきり
    師匠のプロポーズを断り
    男性だけの学校で執拗な嫌がらせを受けたり
    彼女が挫折する要因はその人生の中で幾度も幾度もあった。
    しかし、彼女は医者になる。

    「男から受ける側の女である性」と立ち向かいながら、彼女は女である私たちに励ましをくれる。

  • 日本初の公式女医の生涯。苦労して医者になって開業が人生のピークだったのかな。本人にとっての幸せとは何かわからないけれど晩年が寂しい印象。

  • ホリエモンイチオシ

  • 彼女のことを知ったのは、出張中の空き時間にふとお散歩した雑司ヶ谷霊園で彼女のお墓に遭遇してから。

    『日本で初めて女医になった人』手を合わせながら。まだまだ女性への理解も少ない中で、どんなキッカケでその道を切り拓いた方なのかずっと興味がありました。

    この本を知ったのは、ラジオでの紹介から。失楽園で有名な渡辺先生が彼女の小説を書いていたという意外さ。同じ医師としてどう彼女を描くのかがとても気になっていました。
    決して明るい理由からではない、医師を目指すきっかけから始まる前半。女性として愛を貫いた後半に少しホッとした感情を覚えました。

  • 二つの意味での驚きであった。一つは、失楽園の印象強い作者の人物像、印象が変わった事。一つは、日本で初めて女医師となった、荻野ぎんという人物、壮絶な人生。

    努力をしなければ、人は進めない。しかし、決断がなければ、人は立ち上がらない。立ち上がらなければ、当然、歩めない。また、歩みを邪魔する他人の価値観がある。ぎんは、立ち上がり、他人の価値観と戦い、歩んだのだ。

    男に運命を翻弄され、故に、一人で生きていく事を決断したぎん。だが、最後には、しかし今度は能動的に、自ら男の人生に連れ添うのだった。

    人の生き方は多様。また、何が良かったかも、人それぞれである。そんな教唆も得られる、読むべき一冊ではないだろうか。

  • 久しぶりに本を置く手をためらったくらい面白かった。北海道の物語を探しているうちに出会った一冊。日本初の女医としての様々な苦労と、それに立ち向かう勇気に背筋が伸びる思いがした。
     いろいろな分野でこうした女性たちが活躍してきて今日の自分たちがあるが、未だに女性の活躍をと言われる現状にはなんだかうんざりするものもある。
     後半、北海道開拓に臨む部分からはそれまでのキャリアを惜しむ声も多くあるだろうが、様々な人々が今の北海道を作ってきてくれたことに感謝。良い本に巡り合った。なんとなく敬遠していた渡辺淳一だが、興味深かった。

  • わたしにとって(ん、わたしだけじゃなく、
    老若男女問わず誰もが憧れる)、
    かっこいい男性代表のオススメの一冊とあって、
    先日の男性限定の手作りお味噌ワークショップでも、
    ご紹介させていただきました。

    日本で最初の女医と言われる、
    荻野吟子の生涯をつづった力作。
    男尊女卑がはなはだしかった明治初期、
    努力につぐ努力を重ねて、世間の冷たい視線を一掃した
    むっちゃかっこいい女性。

    元夫に淋病を移され、その治療が恥多きものであったと、
    それが医師を志す動機だったというが、
    そのメンタルの屈強さ、わたしが同じ苦しみを味わう女性を救うのだという使命感がすごい。

    淡々と筆を進めていく書き方が、
    北の大地の寒々しい気候と合っていて良いです。
    (物語の半分は、北海道が舞台。)
    「失楽園」と同じ筆者??とすら思います。

    医者としても思想家としても、確かな地位を築きながら、
    恋愛(愛?)に走った、後半の人生。
    キャリアか愛か。
    本人が満たされていれば、それで良いのですが、
    東京に残ってキャリアを積んでいたら、
    現代における女性のポジションもちょっと違ったかな、
    どうかな。

    そんなわけで、男性も社会の荒波に揉まれまくって
    大変かとは思いますが、もし機会があれば
    これをお読みいただき、働く女性や奥さまに優しくして
    あげてくださいね。職場や家庭の空気が変わりますよ。


    (株)北未来技研 
    代表取締役社長 安江哲さんよりご紹介いただきました。


    安江さん!
    頑張りたいわたしに、素晴らしい小説のご紹介を
    ありがとうございました^^
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    《THE DAYの実穂ちゃんとの打ち合わせトーク》
    ※実穂ちゃんは、北星女子高校の後輩。

    実穂:「あの高校は
    『オンナだからやめておきなさい』がそこになくって、
    ジャンジャンバリバリやらせてくれるんですよね。
    だから、社会に出て企画が通らなかったりすると
    『ああ、男に生まれてたら違ってたんだろうな』って
    悔しい思いをすることもありました。


    亜美:「わかる!自分が男に生まれていたら、
    人生違っていたよなと、仕事関係で悔しい思いをするたびに20代の頃は考えてたよ。今もだけど(笑)
    あの学校は、自分で考えさせて、行動させてくれて、
    でも責任も持ちなさいよっていう校風だもんね。」


    実穂:「頑張りたいと思ったら、先生たちも
    とことん付き添ってくれますもんね。」


    読書&打ち合わせトークが、
    時代こそまたがってますが
    ジェンダーの壁にぶつかる女性についてで、
    でも、時代が変わったら、
    ちょっとはマシになってるのが光ですね。


    実穂ちゃんと、理代さんと佐藤の頑張りたい女性3人の
    打ち合わせトーク、けっこうおもしろいですよ。ふふ。

  • 日本初の女医のおはなし。努力に努力を重ねる姿は尊敬にも値したが・・・若い男に振り回される人生後半が非常に残念で勿体ないと感じてしまった。最後まで崇高に生き抜いて欲しかったがそう思いとおりにはいかないなぁ~。と感じた一冊。

  • 日本で初めての女医である荻野吟子の伝記的なお話だった。明治のまだ女性蔑視の時代、医者になるということがどれほど大変だったかがわかる。なんでも最初にやるというのは大変だ。それをやり遂げた意志の強さに感心した。やがて彼女は医者だけの力ではどうしようもないことがあることを知る。病気を治すには周りの人の協力も必要なのだ。そこにたどり着いて彼女はキリスト教を信仰するようになり、夫となる志方と出会う。彼に出会うことが彼女の人生をがらりと変えてしまう。東京での医師としての名声も仕事も捨て、北海道に行くがそこでの10年の間に医学は進歩しもはや自分の知識と技術は古いものであると知りショックを受ける。志方と結婚したことは彼女にとって良かったのか。愛する人を得たことは良かったのだと思いたい。彼女の残した功績は忘れられることはない。人生は人との出会いで変わるものだと感じざるをえない。

  • 渡辺淳一さんの死を伝へるニュウスで、直近の彼の映像が流れてゐたのですが、丸々として、まるで浮腫んでゐるみたいでした。長門裕之さんの晩年を思はせる風貌に吃驚したのであります。
    渡辺淳一といふ作家は、わたくしにとつては「隠れて読む」存在でありました。男性の皆様、さういふことはありませんかね。少なくとも積極的に読後感を語ることはなく、読書仲間にも隠蔽してゐました。俺だけか?

    それはそれとして、『花埋み』。わたくしにとつて渡辺氏といへば、何といつてもこの作品であります。
    日本最初の女医といはれる荻野吟子の生涯を綴る、力作長篇でございます。
    吟子が女医にならうと決意したのは、夫からうつされた淋疾の診察時における羞恥・屈辱がきつかけでした。同じ苦しみを味はつてゐる女性は多くゐるに相違ない。それなら私が医者になつて、さういふ女性を救ふのだ。

    そもそも女が学問をするだけで白い目で見られた時代です。女医になる道は閉ざされてゐました。
    ならば自分が切り拓くしかない。吟子は猛烈な偏見・妨害と単身戦ふのであります。やつとの思ひで入校した医学校で嫌がらせをする男ども。当時の日本はかかる野蛮な国であつた。同じ男として恥しいですな。
    学校を修了しても、肝心の医術開業試験を受験できないなど、次から次へと難関が立ちはだかります。それでも吟子は諦めずに突き進み、遂に念願かなつて「荻野医院」を開業するのであります。この精神力は尋常ではありません。スゴイ。

    彼女は、基督教の伝道者である海老名弾正に、「心の中では見返してやろうという復讐心でした。(中略)復讐するまでは頑張ろうと思いました」と後に語つてゐます。そして、結局は功名心からであつたと。
    さはさりながら、さういふ復讐心を抱く人たちは往々にして犯罪など、マイナスの方向へ行動してしまふ。自らのエネルギイに変へてしまふ克己心には脱帽するしかありません。

    後年、志方之善との出会ひ以降、吟子の人生は大きく変ります。あまりの変貌ぶりに、また新たな苦難と奮闘せざるを得なくなるのです。
    この辺は読んでゐて辛い部分ですが、第三者的な視線でいふと「もつたいない」の一言ですな。それでも吟子自身が選んだ道であります。

    最後の場面が素晴しい。涙が出ます。作者が突き放した書き方をしてゐる分、余計に読者は感情移入してしまふ。
    これほど感動させる小説のラストシーンはあまりないですね。
    渡辺氏の小説を未読の人には、『失楽園』よりも本作を推します。かかる作品を遺してくれた渡辺淳一さんに感謝し、冥福を祈るものであります。

    ぢや、この辺でご無礼します。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-172.html

  • 途中から阿川佐和子さんの作品を読んでいるような気分に・・・。
    日本初の女医さん荻野吟子さんのお話。
    途中で吉岡弥生さんも登場!
    名作といった感じで、読み返してもまた面白そう。

  • 日本初の認定女医 荻野吟子さんの人生を追った小説です。
    雑司ヶ谷霊園で墓所に巡り合ったのを機に興味を持ち、この小説に至りました。
    運命というものを考えさせられます。

  • 女性が学問に興味を持つことでさえ「恥」と言われた時代の実話。日本初の女医・荻野吟子の物語。

    結婚した相手に性病をうつされ子どもを産めない身体となり、それだけで「女性(人間)失格」とのレッテルを貼られるのに、さらに医師を目指すということで、世間の風当たりは強く変人扱いされる吟子。ちなみに、女というだけでどんなに優秀な者でも医師になれなかったの時代である。

    それでも医者を志したのは何故か。それは、自分のように性病をうつされて苦しむ女性たちを「女性の医師が看てあげるべき」という揺るぎない信念があってのことだった。

    道は自分で切り拓くものというけれど、今の時代とはその言葉の重みがまったく違う。ただ単に「自己実現」だの自己満足を目標とするだけでは、とうてい乗り越えられなかったであろう偏見と苦渋続きの道。そんないばらの中を、吟子はいかに進んでいったのか。読むだけで勇気づけられる。くじけてなんかいられないと、心の奥から闘志がわきあがってくる。

    私たち女性は、こういった先人のおかげで人生を謳歌できるようになった。それに感謝しつつも、甘えてはならない。次は、私たちの後に続く世代のためにも、きっちり仕事をし、生き、実績を残そうではないか。


    ぎんはここへきて初めて学問というものが単に知るということでなく、疑うということから始まることを知った(P.108)

    「医学をやるには医学だけ勉強すれば良いというわけにはいかないわ」(P.213)

  • 日本において女性初の医師になった人物を描いたお話。読みながらいろいろな感情が湧いてきました。男女関係なくたくさんの人に読んで欲しい作品。

  • 女だから悲しい、くやしいこともあるけど、吟子が最後にやっぱり男の人に愛される幸せを感じられたのがよかった♡吟子は極端だけど、かっこいい、お茶大出身の意地で吟子くらい頑張りたい!

  • 日本初の女医である荻野吟子の話。
    たいへん読みやすかった。

    初めて結婚をし、夫に性病をうつされて離婚。
    家に帰ってからは当時の女性には非常識だった勉強に精を出す、という話だけでも十分話になりそうなのだが、それだけにとどまらないのがすごい。
    女医になることを決意してからめきめきと行動する彼女の姿には何かしら感じるものがあった。

  • 医者になるまでの努力、苦労がとんでもなく大変なものだったので、後半彼女が選んだ人生は幸せだったのか、気になる。本人はこれでいいのだと思ってるんだろうけど、もったいないなと思った。

  • 日本最初の女医、荻野吟子の生涯。苦難を乗り越え、女医と社会活動家として確固たる地位を一旦は築いた。明治という時代の風潮に抗するパイオニアである反面、ひたすらにその頑固一徹さが、時代に翻弄されたといってもよい。果たして、本人にとって満足な一生だったのだろうか。11.12.10

  • 渡辺淳一さんの本は生々しいエロスがというイメージが強かったのだが、この作品でイメージが変わった。日本で初の女医さんのお話。男尊女卑が強い時代に医学を学ぶということがどれだけ大変だったかということをまざまざと突き付けられた。主人公の葛藤しながらも突き進む姿に同じ女として勇気を貰えた。やっぱり女はどの時代でも強いね。

  • 日本初の女医、荻野吟子さんの生涯。

    明治初期に、今では想像できないくらいの苦労をかさね、高い志と折れない心を持って、ついに女医として開業した吟子。
    その姿は、自分には到底できないものであり、時代の先駆者とはこういう人かと、偉人伝を読むような感じだった。

    それだけに、後半彼女が選んだ道とその末路は、残念な気がしてならない。
    結婚して、結局は「女」であることに甘んじてしまったような、燃え尽きてしまったような。

    彼女がそれで満足してたなら、いいが…

  • 記録。

    こりゃ面白いでー。
    日本で初めて医師免許を取った女の人の生涯。
    勉強家で逆風にも負けず念願果たしたのに、だめんずに引っ掛かって晩年も苦労したりと凄い人生!

  • 日本初の女医、荻野吟子の一生。前半の、数々の苦難を超えて医師になり、言論界で活躍するまでの苦闘を読むと、後半の流転が更に哀しく感じられる。夫との結婚とキリスト者としての道を選んだのは本人とは言え、もっと別の道でより多くの人の役に立てただろうと思うのは、後年の無関係な人間の勝手な思いだろうか。
    いずれにしても、前半の数々の苦難を超えて医師になるまでの努力と意志にはとても勇気付られる。

  • 2010/12/05完讀

    萩野ぎん,生在北埼玉俵瀬,是當地豪農之女。出嫁之後沒多久不幸被丈夫傳染性病,於是回娘家休養,最後雙方離婚。

    18歲的ぎん每天躲在家裡養病,讀書過日,失去對未來的方向。當地的學者松本万年女兒萩江是不出嫁的女學者,鼓勵她說女人除了相夫教子之外還有其他更重要的事,要她不要在意世人的眼光。

    世情正激烈地變化,徳川幕府軍已經變成賊軍,明治新政府成立。ぎん的母親かよ把她送到東京的順天堂醫院給佐藤尚中治療。給男醫生視察私處患部,讓ぎん感到相當屈辱,旁人一句「せめてさ、女のお医者様ならねえ」(但當時日本沒有女醫師),讓她突然有著當女醫生來拯救女病患的想法,並且日漸堅定。

    一年之後出院回到老家,父親已經過世,兄嫂當家之後漸漸失去容身之處。ぎん告訴母親かよ自己想當醫生的想法,母親雖然很疼愛她,但認為女人就是要守婦道,執著學問會反而給家中蒙羞。ぎん拜託万年老師出馬,終於暫時說服母親先讓ぎん去東京學習學問。

    明治六年ぎん上京先拜在國學者井上頼圀門下,很快成為井上塾小有名氣的才媛。明治八年,在萩江的邀請之下,ぎん進入剛成立的東京女子師範就讀。她覺得女生應該也要像男生一樣堂堂用漢字寫名字,女性短短的名字也是男尊女卑的產物,就自己把自己命名為「吟子」。學費靠姊姊友子暗中接濟,總算在明治十二年女子師範首席畢業。吟子向教授透露了她其實是想當醫生的願望,當時所有的醫塾都是「女子禁制」,但在石黑軍醫的介紹下進入下谷好寿院高階経徳處學習。

    一開始塾裡的男學生認為和女人同席很墮落,不斷欺負她,對她惡作劇。實習時患者也不讓她看病,甚至說出被女醫生看病會對不起列祖列宗這樣的話。但每每想起在順天堂內診那一刻,吟子就有勇氣和性別歧視繼續戰鬥。

    「江戸時代から人間は犬猫なみに粗末に扱われてきたのに、死体だけは妙に大事にされるのですからまったく妙な話しですよ」學習過程中,吟子很看看真正的人體解剖,然而大学東校(官學,後來的東大醫學系)也未必一年會有一次,何況這樣的私塾。解剖還需要遺族和警察的許可,但當時沒有遺族會接受。吟子甚至找了幾個同學一起去回向院偷挖受刑人的人骨回來觀察,如此飢渴地認真學習著。

    一邊兼家教一邊唸書,三年吟子從好寿院畢業了。根據當時的學制,要成為醫生必須從官學或外國醫學校畢業,不然就必須參加「醫術開業試驗」。但這個考試也排除女子。吟子不斷地請願都被駁回,只好再拜託石黑忠愿軍醫,提出一紙古代典籍中有「女醫博士」的先例證明,他與衛生局長長与頗有交情,也幫吟子說項。日本的漢方醫學到幕末為止都是密傳,同一個患者也固定只讓同一個醫生看。因此認為女性會懷孕會產休,根本不能當醫生。但這個前提在西洋醫學並不存在。長与在檢討之後,明治十六年秋天終於衛生局頒佈允許女性參加考試的命令。

    明治十八年,吟子順利通過兩階段困難無比的考試,成為第一個政府公許的女醫生,當時她35歲。在本鄉開了間醫院掛牌營業。剛開始執業的過程中,她也發現當醫生的無力。醫生只能盡量協助患者,但無法去改變患者的習性、生活環境、貧窮、慣習,甚至整個社會制度。於是她加入了基督教會,參加教會的矯風會活動,鼓吹廢娼。

    明治二十二年頒佈憲法,接著召開議會,明文禁止女性入議會旁聽。在吟子與矯風會的努力之下,取消這個規定。

    儘管站在女權運動的先頭,然而吟子宿命地還是有些良家女人的保守性。她對醫院裡的女書生、員工的生活態度相當嚴格,也要她們慎重端莊,不得與男性隨便往來;儘管鼓吹廢娼,但骨子裡還是覺得娼妓們低人一等。

    吟子的診所,有一個小他十四歲的青年志方之善來寄宿。兩人不久就開始曖昧,後來不顧周遭反對結婚。婚後志方有志於在北海道開拓一個神的國度,在荒土中自食其力;吟子為了追隨他,也把關閉診所遠赴北海道。志方的計畫失敗後改變心意去挖礦還是失敗,兩人便來到瀬棚,吟子開間小診所維生。吟子也投入當地的婦女... 続きを読む

  • 日本で初の女医『荻野吟子』の伝記。
    高校生の頃、読書感想文にと手にした本。

    時代背景と共に
    女性の立場、生き方、全てに衝撃を受けました。

    大人の女性に是非とも読んで頂きたい一冊。

全35件中 1 - 25件を表示

花埋み (新潮文庫)に関連する談話室の質問

花埋み (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花埋み (新潮文庫)の文庫

花埋み (新潮文庫)の単行本

花埋み (新潮文庫)の単行本

ツイートする