愛のごとく〈上〉 (新潮文庫)

  • 51人登録
  • 2.62評価
    • (0)
    • (0)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 渡辺淳一
  • 新潮社 (1987年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101176154

愛のごとく〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 42歳で駆け出しのノンフィクション・ライターをしている風野克彦は、28歳の矢嶋衿子という女性と5年前から愛人関係にありました。風野の妻は、彼の浮気を知っており、夫婦の関係は冷え切っていますが、決定的な破綻は迎えておらず、風野はそんな状況をずるずると続けています。一方の衿子も、自分がすでに若くはないことを自覚しているためか、風野の煮え切らない態度にたびたび怒りをぶつけますが、風野はそんな彼女に弱りながらも、いつまでも彼女を自分の手の届くところに置いておきたいという思いから、彼女との関係を続けていきます。

    そんな中、これまで一度も妊娠しなかった衿子が、お腹に風間の子どもを宿したことが発覚します。それでも風間は、これまで通り家庭と愛人のどちらにも決定的な破綻を来たさないように穏便に事を進めようとする態度に終始し、そんな彼に対して衿子はこれまで以上に気持ちが離れていくことを自覚することになります。その後、衿子の職場の若い男性が彼女に好意を持っていることを知った風間は、嫉妬に駆り立てられて今さらながら彼女への想いを強くしていきます。

    とりあえずのところ、渡辺淳一らしい不倫愛を描いた小説という印象です。ただ、いろいろ物語が動き出しそうな伏線があるので、下巻でどのような展開になるのか期待しています。

  • 84年の作品。

    風野という既婚男性が、家庭と愛人との間で揺れ動く小説。愛人はアラサー独女の衿子。2号であるのに、本妻に一歩も引けを取らない自己主張と気の強さが、当時の不倫する女性の代表なのだろうか?現代とは全く違う不倫像で理解しにくい。
    風野は、家庭をさほど大事にしないのに妻と別れない、若い愛人とは恋愛をしているのに結婚する気はない、どっちつかずなところが狡い。風野の心情がメインで話が進んでいくが、テンポはゆっくりで今一つ盛り上がりに欠ける。

  • 家庭と愛人の間で、上手くどちらも手に入れておこうとする主人公。
    なんと勝手な人間だと思うが、なんとも人間らしいようにも思う。

  • !!

  • 渡辺淳一だ~。
    うーーん。これは、ちょっと落ち着いた感じ。渡辺淳一っぽくない普通の不倫の話。

    なんか読んでてね~、スイスイ読めるんだけど、そんなに面白くない話。
    結局は、奥さんと愛人の間でうろたえて、ご機嫌とる優柔不断で惨めな男の話だわ。
    もうね~、読んでて「はっきりせ~よ。この勝手もん」って思った。
    バカな男の話。
    ちっとも共感できず。
    結末もさっぱりせず。期待はずれだった。

全7件中 1 - 7件を表示

渡辺淳一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
渡辺 淳一
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

愛のごとく〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛のごとく〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛のごとく〈上〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする