さよなら、スナフキン (新潮文庫)

  • 260人登録
  • 3.20評価
    • (10)
    • (35)
    • (65)
    • (15)
    • (7)
  • 51レビュー
著者 : 山崎マキコ
  • 新潮社 (2006年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101179421

さよなら、スナフキン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルがすてき。でもいくらなんでも不器用すぎると思う。。。

    自己否定が強すぎると、肯定してくれるというだけで利用されていることにも気づかないでただ搾取されてしまう、という悲しい現実。

  • ダメだったなぁ。
    ほんと、エグいんだよ、たぶんみんなが持ってて、絶対見せたくない所を書いてて、読んでて痛いの
    なんでこの作家さんは、こんなに自分をさらけ出せるんだろー

  • あとがきによると、
    読者は主人公にいらいらするとか。

    何かやんなきゃって思うけど
    何もできない、ゆえに自信がない。
    居場所を求めて、
    他人のために頑張っちゃう。

    私はこんな主人公が、
    人間らしくて好きだなぁ。

  • 主人公の気持ちが痛々しい。切ない。主人公→シャチョウの思いは刷り込みみたいなもんではないか。傷ついて身体も疲労して、でも身体で体当たりで学んでいく主人公、ずれてるよ!と思いながらも応援。等身大の姿があっぱれ。いさぎよい。話の展開とかは好きだけど、ちょっとバタバタ感もあり。

  • 正直で不器用でマイナス思考な女の子が主人公。
    「きょうも一日、布団のなかで過ごしてしまった。」
    「悩みながら、なにもしない。わたしにはよくあるパターンである。」
    思わず自分と重ね合わせてしまった。
    角田光代さんの解説にあるよう、作者は何かのアクションによって主人公を成長させるという書き手にとって楽な道を選ばなかった。輝かしい未来が鼻先まで来ているのにちっとも動こうとしない主人公と戦いながら、小説を書いたのではないか。
    作者である山崎マキコさんの力量に驚かされる。

    「シャチョーと呼ばずに日比野さんと呼んだ。わたしの精一杯の抵抗の言葉がそれだった。」
    この一節は1番せつないと思った。

  • 山崎マキコさんの「さよなら、スナフキン」、2006.5(文庫)発行です。先日、「恋愛音痴」という2003.10発行のエッセイを読んでいましたら、主役の大瀬崎亜紀が著者ご本人であることがよくわかりましたw。純情で不器用な女性の物語です。

  • さよなら・・・スナフキン・・・か・・・。

  • ぐじゅぐじゅな主人公が必死でふにゃふにゃくらいに脱皮しようともがく様が、とてもリアルで、それでいて思慮深くて、空回る感じが切なくて、よい。

  • 大学中退して別の学校に入り直した主人公。自分の居場所を見つけられずいたが、アルバイト先の編集プロダクションの社長に魅入られて居場所を見つけようとする話。最初は社長のために頑張りたいとバイト以上の仕事をして成果も納めるが、結局は社長のワンマンについていけず、卒業していく。

    なんだかやるせないよくわからない話だった。。

全51件中 1 - 10件を表示

山崎マキコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印

さよなら、スナフキン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さよなら、スナフキン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さよなら、スナフキン (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

さよなら、スナフキン (新潮文庫)の作品紹介

決して美人じゃない、大学も二つ目、トシでいえば三浪も同然のオンナ・大瀬崎亜紀。いつだって一生懸命で、妥協がないのはいいけれど、ちょっぴりおバカで自信もない。そんな彼女が恋をした。バイト先の編集プロダクションでシャチョーに見込まれちゃったのだ。必要とされたい一心で、ひたすら仕事に励む大瀬崎亜紀。でも、その先は?人一倍純情で不器用な女子学生の仕事と恋の奮闘記。

さよなら、スナフキン (新潮文庫)の単行本

ツイートする