レパントの海戦 (新潮文庫)

  • 876人登録
  • 3.72評価
    • (87)
    • (110)
    • (167)
    • (7)
    • (3)
  • 63レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (1991年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181059

レパントの海戦 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 塩野七生さんの海戦三シリーズで、これは最終回。歴史小説は苦手だったけど、その意識をすっかり覆してくれた。
    時代は1570〜71年、最後の大海戦がレパントで起こった。その戦争が起こるまでの動きや人物像は戦争がいざ始まる前の高揚感を高める。とにかく描写が素晴らしくて、映画のようなスペクタクルな場面を想像した。戦闘が始まる瞬間や各重要人物の動きなど、小説の最高潮に達する。

  • バルバリーゴー!

  • 後半の海戦だけでなく、前半の「血を流さない戦争」も面白い。ヴェネツィア外交官たちに課せられた任務の重圧もさることながら、その上をいく彼らの老獪さはまさに海千山千。海戦シーンは実際の戦闘時間に比例して短いがスピード感があり、目まぐるしく戦況が変化していく様が感じ取れる。

  • ヴェネツィア共和国を中心としたキリスト教国家と、強大なイスラム教国家トルコとの海戦です。
    十字の旗を掲げての最後の海戦であり、地中海覇権の分水嶺と言えます。
    ヴェネツィアとトルコは地中海での貿易経済に依存していましたが、スレイマン没後のトルコでは反欧が盛り上がります。
    血を流さない戦争、血を流す政治、血を流さない戦争を駆け抜けた二国ですが、経済を停滞させたことで自ら首を絞める結果に終わります。
    地中海世界全体の緩やかな衰退が見える一冊。

  • 20170616

  • 塩野七生の「コンスタンティノープルの陥落」「ロードス島攻防記」「レパントの海戦」三部作の最後の一つ。
    強大なトルコがキプロスを攻略して我が物とし、その後クレタ島を攻略してクレタ島は陥落寸前であった。トルコは東地中海の覇権を確保しつつあり、ベネチアは支配地域だったキプロスを失い、その上クレタまで失い、海洋通商国家としてトルコと通商関係を破棄ししてでも対決せざるを得ない状況にあった。
    しかし、東の超大国トルコに対してヨーロッパの結束は心許ない状況であり、ローマ法王の権威は低くヨーロッパ各国が領土争いをしていたため、ローマ法王が対トルコの十字軍をなかなか結成できない状態だった。そういった中で、ベネチアが対イスラムの十字軍としてヨーロッパ各国をまとめ、トルコと対決するのは並大抵の努力ではなかった。
    そのベネチア外交によるヨーロッパ各国の政治的駆け引き、そして決戦となるレパントの海戦がベネチアの男たちの活躍を通じて描かれている。
    手こぎのガレー船が主体であった時代に、ベネチアの最新兵器である浮かぶ砲台とも言える重装備船からの砲撃はベネチアの海軍力の技術力と強さを見せつける。
    結果的にガレー船による最後の大海戦となったレパントの海戦は、ヨーロッパ・キリスト教国連合艦隊の勝利に終わり、超大国トルコが負けるという歴史的転換点になる。特に負けることがなかった超大国トルコが負けたと言うことの精神的な側面は大きかったようである。
    戦闘もさることながら、外交交渉も興味深い。ベネチアの外交官がトルコからの帰国報告で、「相手にどう思われているかよく考え、相手が強大だからといっても怯むことなく相手の弱点を突き、毅然とした態度を取ること。そして、こちらの強みを生かして、なめられないように交渉するということが重要である。しかしながら対トルコ外交は穏便に済まそうとして外交交渉が不十分であったために、トルコに野心を抱かせ領土拡張を許してしまった。」と述べている。
    何とも現代の日本が二重写しとなり、時と場所は違えども何も変わりがないように思える。

  •  『海の都の物語』シリーズの続きであり、ヴェネツィア共和国の衰退の一歩を描く海戦シリーズの最終巻。どのシリーズでもそうであったがヴェネツィア共和国の人たちの祖国愛の深さに感嘆されるばかりであった。イタリア本国や島々で活躍する人、コンスタンティノープルに残りトルコ相手に交渉する人、教皇を説得する人と様々な人々の模様を描きながら海戦本番に載せていく構成は流石であり、とても面白かった。

     一度は失敗していても、次には成功させる。そのような粘り強い外交がヴェネツィア共和国繁栄の一因であったのであろう。そんな共和国がこの戦の後に衰退の一途をたどっていったというのは信じられないが、歴史であり国家というのはそういうものなのであろう。

  • 面白い。が、ローマ人の物語、十字軍に比べて数段劣る。地名がかなり頻出するが地図も巻末にしかなく、海戦も図を使えばより面白みが高まるのにもったいない。

  • 神聖同盟連合艦隊はトルコを打ち破った。これを期に地中海から西欧大国へと歴史が転換していく。ヴェネツィアは海戦の勝利後にトルコとの講和。引き換えに、70年余りの平和を手にする。コンスタンティノープル駐在大使の帰国報告にある「他国に対する毅然とした態度」が海戦後欠けてしまった。平和は戦と戦の隙間にあるものと、どこかで読んだ事があるが、ヴェネツィア国家のその後の衰退をみると、歴史はその繰り返しなのか。フローラは作中での海戦がもたらした平和の象徴として余韻が。『ドン・キホーテ』著者セルバンテスも参戦していた。

  • 「男たち、かく戦えりー歴史の表舞台としての地中海世界の終焉 」

    十字軍を冠したキリスト教世界とオスマントルコの戴くイスラム教世界の激突であり、「ガレー船同士で闘われた最大で最後の海戦」でもあった「レパントの海戦」。1571年10月7日決戦当日に至るまでの息詰まる顛末を、連合艦隊の主軸として闘ったヴェネチアの視点からドラマチックに描く。

     西暦1600年わが国で「天下分け目の合戦」として名高い「関ヶ原の合戦」は、わすが半日で勝敗がついたことで知られますが、それに先んじること29年、地球の裏側の地中海でさらに短い5時間あまりで 勝敗を決したのがこのレパントの海戦でした。これまで海戦三部作としてあたかもその戦いに参加してきたかのような臨場感あふれる著者の描写に息をのんできました。その書き振りは完結編たる本編でもなお健在です。

     白みはじめた東の空を背景に、まるで影絵のように、帆をあげた船が近づいてくる。だが、なぜか、はじめに視界にはいってきたのは一隻の船だけだった。しかし、それはすぐに、その一隻が二隻に分れ、さらに四隻に分れるような感じで視界いっぱいに広がっていった。

     まさにその戦いの日、まだ明けやらぬ東の海上にトルコの艦隊を認めた連合艦隊の緊張感が伝わってくるようです。ここに激戦の幕が上がります。しかし、この決戦の日を迎えるにあたるまでの連合艦隊の編成は、地中海世界の覇権をめぐりトルコを宿敵としてきたヴェネチア、新興の王国としてヨーロッパの主導権を握りたいフェリペ2世のスペイン、更にはローマ教皇の思惑も絡んで一筋縄ではいきません。

     そこにはまた、己が信仰の威信をかけた、というよりは、国の存亡を賭けた男たちの攻防がありました。ヴェネチア海軍総司令官ヴェニエル、参謀長で本編で唯一自らの副官の未亡人とのロマンスが語られているバルバリーゴ、ヴェネチア全権大使として敵陣コンスタンチノープルで孤独に闘い抜いたバルバロ。さらにはイタリア出身のもとキリスト教徒でありながら、イスラム教への義を貫いたトルコの海将ウルグ・アリに至るまで。それらが場所と時系列を追って描かれていくことにより、このクライマックスとしての海戦当日の描写が活きてくるのです。

     このレパントの海戦を最後として、以後十字軍は出されることは無くなり、ヨーロッパの目は西の海へと向かうことになるのだと著者は言います。大航海時代への転換ですね。ここにローマを中枢に置く地中海世界の歴史的舞台としての終焉があり、その一つの大きな歴史の転換を描いた本書は海戦三部作の完結を飾るにふさわしい一大叙事詩となっています。

全63件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

レパントの海戦 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レパントの海戦 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レパントの海戦 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レパントの海戦 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

レパントの海戦 (新潮文庫)のKindle版

レパントの海戦 (新潮文庫)の単行本

ツイートする