イタリア遺聞 (新潮文庫)

  • 516人登録
  • 3.51評価
    • (34)
    • (51)
    • (131)
    • (4)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (1994年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181080

イタリア遺聞 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は マキャヴェッリ を研究しているので、もっと きつい文章を書く人だと思っていたが、ソフトなエッセイで 読みやすかった

    旅行者目線のエッセイと違い、生活者目線で 日常のイタリアを感じたまま書いた感じがする。旅行者のエッセイのような無謀や無知もなく、安心感、まったり感のある文章で まとまっている


    イタリアは 日常の方が 絵画や小説みたいで 絵になる

  • 本を書くのに集めた中で本編に使われなかったネタが多く載っている。

    1番面白かったのは、没落寸前のヴェネツィアと生まれたばかりのアメリカ合衆国間の手紙。
    なんと条約を結ぼうとしたのだ。驚いた。
    実現してたら面白かったのに。

    他にも後宮の話、ヴェネツィアのゴンドラはなぜ黒い?といったこぼれ話がたくさんある。
    ちょっととっつきやすい本。(個人的には)

  • 書いてることが、頭に入ってこなかった。
    知らない横文字が多すぎて理解できない…
    自分には早すぎたか。

  • 延長戦

  • その土地が舞台になっている本をもって行って読むことが最近わたしの旅に行く時のブームで、この本もイタリア旅行に持って行きました。
    今まで名前は知っていたけれど読んだことはなかった作家、塩野七生のエッセイ。

    エッセイはイタリアをテーマに、歴史や自身の暮らしなど幅広い内容を取り上げています。とても興味深かった。エッセイって下手すると「自分自慢」になると思うのだけど、嫌味が全くなくすっきりと読みやすく仕上がっています。「今年は塩野七生を読もう」と思わされた1冊でした。「ローマ人の物語」はハードルが高いので、とりあえず1冊で完結しているようなものを少しずつ・・・。

  • トルコの宝飾、法王との会話、ミサへ向かう友人の娼婦、羊飼いたちの話が面白かった。
    ギリシャ人の友人に「アキレスが好きという時点で地中海文明を理解してない」と言われた塩野さんが「だって美男じゃない」と答える素直さが可愛くて印象に残っている。

  • 短編で読みやすく、また知識欲をそそられました。
    エメさんと宝飾品の話が好きだな。

  • イタリア訪問時に読了

  • トリビアルな楽しみのつまった塩野七生さんのイタリアエッセイです。

    個人的に面白かったのが、活版印刷の発明と書体の変化の話と、
    生まれて間もないアメリカとヴェネツィア共和国の関係の話です。

    エッセイ調の文章で軽く楽しめますが、
    全体を通して情報はしっかりありますし、
    ヴェネツィアに旅行に行く予定のある方や教養を深めたい方はぜひ。

  • これから消えていくヴェネチア共和国と、でてきたばかりのアメリカ合衆国のすれ違うシーンがじわじわと熱かったです。

全46件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

イタリア遺聞 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

イタリア遺聞 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イタリア遺聞 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イタリア遺聞 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イタリア遺聞 (新潮文庫)のKindle版

イタリア遺聞 (新潮文庫)の単行本

イタリア遺聞 (新潮文庫)の単行本

ツイートする