ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)

  • 723人登録
  • 3.79評価
    • (61)
    • (75)
    • (94)
    • (4)
    • (3)
  • 75レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2008年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181318

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  ローマ教会が何かおかしい、から始まって400年もかけてローマ教会の支配を解放。
    解放したというより、芸術科学の進歩により、ローマ教会の矛盾点が炙り出され、自滅した時代。

    「神がそれを望んでおられる」が、通った、今から見たら偽りの世界。
    今の世も、数百年後の人類が見たら、偽りの世界と言われる点があるのだろうか。

    なお、異教徒の遺産といって、古代ローマの遺産を破壊しつくしたのが惜しい。

  • 地元の駅で購入し、ドトールで読む。読んでいて、疲れました。その理由を考察すると、以下のようになります。歴史の本を読むには、客観的知識と心理的共感を必要とします。客観的知識とは、豊臣秀吉は関白になったが、将軍にならなかったという事実です。心理的共感とは、豊臣秀吉が好きだとか嫌いだとかいう感情です。前者は、新書等を読めば、学ぶことができます。また、塩野さんの本は、知識がなくとも、ストレスを感じさせず、解説を加えてくれます。この部分に問題はありません。問題は、後者です。テレビドラマ、映画、演劇、小説に触れることより、後者は生まれるものです。日本の歴史であるならば、大河ドラマ、映画、小説に触れることは自然なことです。それに対して、イタリアものは、塩野さんの小説だけなのです。少なくとも、僕には、イタリアの英雄たちに、心理的共感を持つ人物はいません。これでは、イタリアの歴史の本をよめるはずがありません。

  • ルネサンスが花開いた順にフィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアと舞台を移しながら、マキアヴェッリよろしく対話形式でルネサンスを説いた一冊。巻頭の「ルネサンス人一覧」の図がとてもわかりやすい。入門書としておすすめ。昨年、まさにローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアを訪れたのだが、その前に読んでおくべきだったと少し後悔している。

    ルネサンスとは、簡単に言うと、キリスト教を基盤として純粋培養を続けたローマ法王庁や封建諸侯が中世後期に危機に陥ったのに対して、通商の活発化によって経済力をつけた都市国歌(=頭脳集団)の台頭と、既成の概念への疑問・新しい価値観への目覚めを通して、大衆が自分の目で見、自分の頭で考え、自分の言葉で表現する魅力に目覚めた結果として発生した、古代文化の復興と創造が生み出した一連の文化的活動である。こう書くとなんだかよく分からないが、ルネサンスが生み出した素晴らしい作品をみれば、新しいものを生み出す力に単純に圧倒されるだろう。

    現代は、科学技術はルネサンス当時とは比較にならないほど発展し、発展を続けているし、言論統制もなく自由に表現もできるし、確立された価値観を持った成熟した社会といえるかもしれないが、同時に、経済の行き詰まりや各地での紛争・テロリズムに見られるように、西欧的な価値観が崩れつつある時代でもある。

    これまでの概念・価値観・体制・手法に立脚しつつも、それに囚われることなく、飽くなき探究と創造により新しい時代を切り開いたルネサンスに学ぶことは多いはずだ。

  • この人の本は「チェーザレ・ボルシア」に続き二冊目だが、塩野七生は天才だと思った。

    司馬遼太郎にしろこの人にしろ、歴史をこれだけ面白く、好奇心を擽りながら伝えることが出来るというのは本当に偉大だ。

    聖フランチェスコやフリードリッヒ二世、コシモ・ディ・メディチ・・・時代の変わり目に活躍した人々の生き様を、この人の著作からもっともっと知りたいと思った。

  • 引用
    「創造すると行為が理解の本道である。ダンテも考えているだけでは不十分で、それを口であろうとペンであろうと画質であろうとノミであろうと、表現して初めて知識ないし理解になる」
    「人間ならば誰しも現実の全てがみえるわけではない。多くの人は見たいと欲する現実しか見ていない」 ユリウス・カエサル
    「強烈な批判精神は強烈な好奇心と表裏の関係にある」
    「人間は個性が強いほどその人の好みがはっきりと出る」

    内容
    理系のボクでも楽しく読めた。ルネサンスの入門書としてはいいかと。次はもう少しダークな視点からルネサンスの歴史と背景を見てみたいな

  • フィレンツェに始まり、ローマを経て、ヴェネツィアへと、舞台を移しつつ、自由について考える文章。
    そしてルネサンスは歴史的事象と考えるよりも心のあり方ととらえる、著者の自由さこそルネサンスらしい。
    文庫のために加えられた対談で、80年代、90年代と日本の歴史学会から無視され続けたことが明かされている。今でも日本のいろんな学会が排他的で、ある分野のあるテーマは某先生の専門とみんなでたこつぼを作っているように思う。そんなことでは本当に知るべきものには至らないと思う。

  • ルネサンス時代のローマ周辺を塩野さんが対話形式で書き進める物語。
    異世界に入って行ったような錯覚を覚えます。
    前提知識はあまりなくても楽しめると思います。

  • ルネサンスや古代ローマをテーマに数多くの歴史小説を執筆してきた著者が、「ルネサンスとは何であったのか」を、対話編の形式で語っている本です。フィレンツェにおけるルネサンスの開花から始まり、ローマ教会の動きや大航海時代に触れた後、ヴェネツィアという都市の繁栄にまで説き及んでいます。

    「ルネサンスとは何であったのか」という問いに対して著者は、「見たい、知りたい、わかりたいという欲望の爆発」によって特徴づけられる精神運動だったと答えます。ルネサンスの巨匠たちにとって、創造するという行為は理解の「本道」であり、それが美術を中心にした「作品」に結晶したと著者は言い、この点が宗教改革や反宗教改革などの精神運動とルネサンスとの最大の違いだと主張します。そして、宗教改革や反宗教改革はキリスト教徒でない人には「関係ないこと」と言うことができるけれども、「見たい、知りたい、わかりたい」というルネサンスの精神は、キリスト教世界以外の文明圏に属する人びとにとっても「関係あること」だと語られています。

    むろんルネサンスの作品も、特定の時代に特定の地域で作られたものであり、一定の文化的背景によって染め上げられているには違いありません。しかしながらそれにも関わらず、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロの作品は、見る者に「美の普遍性」を強烈に感じさせるように思えてなりません。おそらくそこに、誰にとってもルネサンスが「関係あること」だという著者の主張に通じるものがあるのではないかという気がしています。ルネサンスの巨匠たちの創造を通じての「理解」を、著者は一種のscientiaだと述べていますが、ルネサンスという時代が私たちに訴えかける「普遍性」が言い当てられているように感じました。

  • 筆者はルネサンスを「見たい、知りたい、わかりたいという欲望の爆発が、後世の人々によってルネサンスと名づけられることになる、精神運動の本質でした」と定義。

    そしてなぜダビンチやミケランジェロといった天才がうまれアートが芸術がうまれたのか?について、何かを見聞きするだけではほんとに理解できない、それを語りあたり字にしたり絵にしたり建築にしたりといった「創造するという行為が、理解の「本道」につながると。知りたい、ほんとに理解したい、だから造る。

    ほんとうの理解とは創造やアウトプットを通じて生まれるということを以下のようにも指摘。
    「言語には、他者への伝達の手段としてだけではなく、言語を使って表現していく過程で自然に生れる、自分自身の思考を明快にするという働きもある。明晰で論理的に話し書けるようになれば、頭脳のほうも明晰に論理的になるのです。」

    ルネサンスは、中世の反動でいっきに見たい、知りたいが爆発。ほんとうにもっと深く知りたいという欲求が創造を生み出した。

    とくにフィレツェト、ローマ、ベネチアの3つの都市国家の重要性を指摘。
    都市国家とはそれまでの農村国家とはまったく別のスタイルの街。
    中世は、土地を資産とする経済構造下にあり、その土地を所有する封建領主が主導権をふるっていた時代でした。これに対し、土地は持っていないが頭脳は持っている人々が集まって作ったのが都市国家。都市とはイコール頭脳集団、と言ってよいくらい。いろいろな種類の人があつまるがゆえに、いろいろなものがうまれていく。
    一方で、ローマ法王庁や封建諸侯たちのような、異分子導入によるカルチャーショックを嫌って純粋培養をつづけた組織が危機に陥ったのが、中世末期であり、ルネサンスという精神運動を生む端緒になった。

    ルネサンスはフィレンツェからはじまりローマへ。そして最後はヴェネチアにうつっていく。初期のフィレンツ、ローマ時代を代表する人物は
    ダビンチとミケランジェロ。この二人に共通するのは「絵画、彫刻、都市計画、解剖、機械器具等々に手を広げたレオナルドや、絵画と彫刻と建築の傑作でイタリア中を埋めた観のあるミケランジェロのように、専門別に分けることが不可能な人が出てくる。分類不可能ということで、「万能の人」(uomo universale)と呼ぶしかなかった天才たちです。」という普遍性。
    一方でベネチア時代にはいると「画家は絵だけに、建築家は建築だけに専念していたヴェネツィア人とは、大きなちがいですね」に変容していく。
    筆者はその背景を「専門化とは、相当な成果があがった後ではじめて効果を発揮できるシステムだから。反対にスタート期には、分化されていない渾然一体のほうが新しいことの創造には適している。新しい考えとは必ず、既成のわくからはみ出たところから生れるものだからです。」と定義。時代に大転換期は普遍性のある天才が、そしてある程度、成熟してくると専門性の天才が生まれてくると。

    また、芸術にはお金が莫大にかかる。ルネサンスといえばメディチ家だが、じつはメディチ家の繁栄は十五世紀になってから。それなのにフィレンツェのルネサンスは、明らかに十四世紀からはじまっていると指摘。ルネサンス=メディチ家の見方をしていたけど自分は勘違いしていた。

    また、当時はペストによる人口の大激減があった。しかしながらそれをむしろプラスに転換したのが当時のイタリア。「人口の激減とは、やむをえずにしろ人々の関心を効率性に向けざるをえなくする。それ以前は都市に流れこんでくる人の量を頼りに上昇していたフィレンツェ経済も、ペスト以後は、質を重視し個々の生産性の向上を期すやり方に変わってくる。ヴェネツィアでもまったく同じです」。少子化を叫ぶ日本でも同じことがいえる状況だ

    また芸術は金にならない、といわれやすいが、以下の一... 続きを読む

  • ルネサンスに興味を持たせてくれる一冊。

  • 読了。
    いや、再読了。

    学生時代に習ったはずのルネサンス。当時はルネサンス?へぇくらいだった。どうして、もっと勉強しなかったのか?と思うのは、年を重ねた今だから思うのか。
    歴史は人間である。悪もまた我にあり。
    レオナルドの「キミ」になることができているか?
    繰り返し読み、再び考える。

  • 一千年のキリスト教の抑圧へ
    人間の欲望が反逆する。
    それがルネサンス。


    再読。

    塩野七生を読むと
    知的好奇心に駆られる。
    中世から近世のヨーロッパについて
    学びたい意欲が沸々とこみ上げる。

    ルネサンスなんて高校時代は
    たいして興味もなかった。
    過去は過去。
    温故知新?
    はあっ?
    って感じ。

    でもね。
    歴史に学ぶ。
    歴史を学ぶって
    とっても大切。
    そう思うのはジジイだからか。
    断定。そう。

    で、塩野七生である。
    珍しく、解説書。
    ルネサンスを語る。
    もちろん、口調はいつもの塩野節。
    この人、絶対Sだよな。
    でも、嫌いじゃない。

    語られるのはルネサンスの人、人、人。
    人なんだよな。
    結局、歴史って。
    だから、突き放したように見えても
    塩野の本質は暖かい。
    人の熱に感応するから。

    『ルネサンスとは何であったのか』は
    イタリアでのルネサンスの歩みをたどるように
    フィレンツェ、ローマ、
    キアンティ地方、ヴェネチアと
    イタリア各地を巡る形で描かれていく。
    この辺、映像で見たいね。
    NHK辺りでやって欲しい。

    最初にルネサンスとは
    「見たい、知りたい、わかりたいという欲望の爆発」
    と定義づける。
    なぜ爆発したのか?
    キリスト教会によって
    一千年間も押さえつけられていたから。

    そして、ルネサンスについて
    フレンツェの地で
    聖フランチェスコから始める。
    続いてフリードリッヒ二世という皇帝までも。
    さらに印刷業を確立した
    アルド・マヌッツィオが登場する。
    この辺は塩野ならではの視点である。

    メディチ家が重要なのは言うまでもない。
    そして、やはりレオナルドだ。
    ミケランジェロだ。

    各地を旅しながら
    ルネサンスが
    各都市で
    どんな栄枯盛衰をたどったかを
    人物を中心に語っていく。

    この辺は目の前に
    その時代の人がいるように
    いきいきとしている。

    塩野の洞察は一刀両断だ。
    以下、記憶に残った言葉をいくつか。

    「哲学とはギリシア哲学につきる。
    それ以降は、キリスト教と哲学の一体化という
    所詮は無為に終わるしかない
    労力のくり返し」

    「ローマは『arioso』(アリオーゾ)。
    こせこせしない」

    「ルネサンス精神とは、
    人間がこの心眼を、
    再びわがものにしたということ」

    内容は豊富にして
    とても語りきれない。
    それが塩野の
    ルネサンスの豊かさ。

  • 対話形式をとりながら、ルネサンスという、それまで押さえられていた感情・欲望が爆発した革新の時代にするどく肉薄していく本でした。宗教・美術・政治など、それまでと全く違う方向へ歩みだす、その一歩をスローで眺めているような
    気にさせる内容で、とてもおもしろかった。

  • 正しいと思われていることを疑う、それがルネサンスである。

  • オススメと言われ、何回か、読み始めたものの、苦手な分野で、繰り返し読んだりして読了までに時間がかかる。読み進める中で、多くの人が多様なその人の考え方で、自分が知りたいこと、取り組みたいことを実施していったのだな、と少し興味が湧いてきた。歴史は人である、なるほど。

  • 昔、私が中世の宗教画を初めて見た時に「なんだ、この面白味のない絵は?」という感想を持ったことを未だに覚えていますが、そういう絵を描かざるを得なかった、禁欲に傾き過ぎた当時のキリスト教の戒律、空気に対する反抗心と独立心、それが著者の言うルネサンスの本質「見たい、知りたい、わかりたい」ということなのかな、と思いながら読了。
    この運動が単なる法王庁に対する抵抗運動で終わらず、ついには法王庁自身まで参加するようになっていくのが、一筋縄でいかない歴史の流れに見えて面白い。ダイジェスト的な本として、時々読み返そう。

  • ルネサンスは、14世紀から16世紀にまたがる古代文明の復興活動と教わってきた・・・。

    塩野女史の考えるルネサンスとは、キリストの教義に疑いを持つことで、イタリア中心にヨーロッパに興った文化活動を紐解く。

    当時の多くの文化人を取り扱う一方、対話形式で時代とイタリア各地をめぐりながら話が展開する。

    やや教科書的な側面は避けられないが、解説書としても充分魅力がある。

  • 実はこの本、数年間積読状態だった。それが、先日TVで同じタイトルの紀行番組を見て(出演:塩野七生、向井理)、あらためて手に取ったしだい。映像による知識のおかげで、今回はすんなりと内容が理解できた。

    ルネサンスとはなにか? ルネサンスはなぜイタリアで花開いたのか? ダヴィンチやミケランジェロのような天才たちが活躍できた背景について語られている。

  • 今年2013年は、ラファエロ展、ダ・ヴィンチ展、ミケランジェロ展と続いたので、締めはこれを読まないとね!歴史を断定する力に酔いしれる。

  • ルネサンスとは、ローマカトリック教会の呪縛からの解放、精神運動!聖フランチェスコやフリードリヒ2世から始まるルネサンス論、必見です!

  • 「ルネサンス著作集」の1巻目として書かれた、対談形式のルネサンス入門書。
    フィレンツェ、ローマ、ヴェネチアとルネサンスの中心地を移動しながら、ルネサンスの変遷を語っていきます。
    巻末のルネサンスの主役達の略歴もあり、分かりやすかったです。
    しかし、著者の作品はやはり物語の方が面白く、「ルネサンス著作集」を読み返したくなりました。

  • ルネサンスを代表する人物をたくさん取り上げているが、著者自身が他の本で言っているようにアッシジの聖フランチェスコから書きはじめているところが特徴。巻末に一人ずつまとめたページもあり便利。一般にはあまりなじみのない話が多いが、読みやすく、ルネサンスに対する関心が深まる本。

  • ちょっと前に、ラファエロ展を見て来て、ルネサンス期の絵画の神がかり的な精巧さに完璧さに「感心」あるいは「感嘆」してきました。
    しかし、どうも、もやもやっとした思いが残って「感動」は出来なかった感が。
    もやもやの正体は、結局「ルネサンスってなんなのよ?」
    その問に正面から答えてくれるのが本書のはず、と思い、4,5年ぶりに手に取った次第。

  • イタリアに旅行に行くので読了。
    街ごと美術館のイタリアのローマ・フィレンツェが楽しみです。

    塩野七生さんはローマの歴史家のイメージだったんですが、それはルネサンスを学ぶためにはローマ時代の考証も必要だからだそうです。

    __

    2012年8月
    ローマ・フィレンツェすごかったです。
    本当に街ごと美術館って感じ。時間の流れに抗ってるって感じ。町が人に合わせていない、人が町に合わせているって感じ。
    すごい超然としていました。
    今回は初ヨーロッパで風景にはしゃぎ過ぎて歴史的なことをじっくり考えられなかったので、また読みます。

    なんかこの本の内容は心に残らないなぁ…。

    ___

    またイタリアに行ったら書き足そう…

  • 色々とルネサンスについての本を読みましたがこの本が一番わかりやすいです。

全75件中 1 - 25件を表示

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)の単行本

ルネサンスとは何であったのか (新潮文庫)のKindle版

ツイートする