ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

  • 3449人登録
  • 3.73評価
    • (299)
    • (410)
    • (593)
    • (21)
    • (8)
  • 367レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2002年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181516

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴史に疎いので知識を得ようと思い,手を取った。

    ローマでの歴史を基にかかれたお話で,
    何冊も続いているシリーズものの1冊目。
    最後まで読み切れるか若干不安ですが,
    読みやすかったです。

  • ローマの成り立ち、7代続いた王政、共和制への移行が綴られている。
    最後に少しだけギリシャの歴史についても触れられている。
    ローマの王1人1人に特徴があって読んでて面白かったです。
    7代続いた王政が世襲制じゃなかったのには驚き。

    ローマ人達は身の回りの色々なものを神にしてしまう多神教だったそうです。
    キリスト教とは正反対ですね。
    個人的には多神教的な考えの方が好きかもしれない。
    夫婦喧嘩の神のエピソードはなるほどな、と思った。

    ギリシアのポリスについては、世界史でちらっとやったけど、こんな経緯があるのは初めて知ったなぁ。
    ギリシア史についてもう少し詳しく知りたくなりました。

    個人的にはスパルタには絶対に住みたくないです。

  • ギリシャから始まりローマに移っていく歴史が語られていく。 最初の1巻だけでは国家の作りはわからないが、ローマはギリシャをモデルにして作られており、ローマは一日にしてならずの通り、数百年の歳月がかかっている。

  • ローマ人をめぐる壮大な物語のスタート。高校生のころに途中まで読んで挫折した。が、相変わらず歴史作品としてはおもしろい。今巻は建国初期のローマや、ローマに影響を与えたギリシャの歴史を扱っている。昔世界史でやったなあと思い出しながら、引き込まれて読んだ。

  • 一巻のみでなくこの「ローマ人の物語」全巻を読み終わっての感想でありますが、ヨーロッパがどのようにして出来上がってきたのかがこのように面白く読ませてくれるものは無いと思います。
    特に何がスバラシイかと言いますと、実に地図の使い方が上手い!
    若干クドイくらいに地図が、文章とともに出てくるのでどこで何が起こったか、常に確認出来ます。

    もちろん教科書のような無機質なものではなく、
    個人的に塩野オバサマから「イイ男ってのはね、、」とサロンで語りかけられるような部分もあり、その時代を生きた生の人間への評価を通して人として学ぶもの、もしくは反面教師とするものを教えていただいた気もします。

  • 軽い気持ちで手に取ってしまったがために、
    その後何十冊も買うはめになってしまったきっかけの本。
    とかくドラマチックにしたがる国の興りを、
    至極冷静にとらえている点がとてもいい。

  • 紀元前753年のローマ建国からイタリア半島統一の約500年間が上下巻で描かれる。

  • P75
    宗教は、それを共有しない人との間では効力を発揮しない。

  • 終盤が結構な駆け足だったのはさっさとペリクレス時代に辿り着きたくてたまらなかったからなんでしょうね。

  • この巻の内容はどこまでが伝説でどこからが史実なのかよくわからない。ローマの初期の王は優秀な人物ばかりで、本当にそんなことがあり得たのかと疑問に思うほどだ。七代の王のあと、ローマは共和制に移行する。

全367件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)に関連するまとめ

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)の作品紹介

前753年、一人の若者ロムルスと彼に従う3千人のラテン人によりローマは建国された。7代続く王政の下で国家としての形態をローマは整えてゆくが、前509年、共和政へ移行。その後、成文法制定のために先進国ギリシアへ視察団を派遣する。ローマ人は絶頂期のギリシアに何を見たのか-。比類なき大帝国を築きあげた古代ローマ。その一千年にわたる興亡の物語がいま幕を開ける。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする