ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)

  • 1587人登録
  • 3.95評価
    • (209)
    • (187)
    • (231)
    • (1)
    • (2)
  • 118レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2002年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181554

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ハンニバル戦機が終わり、マケドニアが滅び、そしてカルタゴが滅んだ。 いよいよローマの帝国化が強行になり、ゆるやかな占領から相手の国を完全に滅ぼす強固な占領政策となっていった。

  • 地中海の覇権を巡ってローマとカルタゴが1世紀以上にわたって争ったポエニ戦役を3巻にわたって描く。

  • 対ハンニバル戦の形勢が逆転してからのローマ。ローマの被害は甚大であったが、その結果領土拡大につながったと感じていたら、最後にまとめられていた。
    ハンニバルとカルタゴが別の国のような印象がおもしろい。こういう風にならないのがローマの強さだったのだろう。
    ローマがギリシャ文化を尊重していたという事実が興味深い。ギリシャ文化がどのように育まれていたのかも知りたい。
    別の面で、世界がこのようにダイナミックに動く中で、日本はのんびりしたものだったんだなと感じた。

  • スキピオのアフリカ進行にともない、カルタゴはイタリアにいたハンニバルを呼び戻し、スキピオに当たらせる。ここにハンニバル対スキピオの直接対決が実現する。結果はスキピオの勝利で終り、その後、カルタゴは滅亡する。ローマの力は増大し、地中海沿岸をほぼ支配した形となる。

  • ハンニバル戦記最終巻。ハンニバル戦争の決着から、その後のローマの覇権化まで。ローマ帝国主義が、開放的なものから排他的なものになっていく様は残念極まりない。人の業を感じざるを得ない。にしても、ハンニバル戦争の流れは面白すぎる。

  • 第二次ポエニ戦争に勝利して、カルタゴ、マケドニアに勝利し、ローマ帝国が地中海の覇者になるまでの話
    ・敗北を含めて変化に身を投じることの大切さ(例え結果として、でも)
    ・粘り強く、変化に対応し続けること
    ・現状把握と信義・共存を大切にすること
    上記3点が、ローマ帝国の発展とカルタゴ・マケドニアの凋落から学んだこと

    P22
    年齢が頑固にするのではない。成功が、頑固にする。そして、成功者であるがゆえの頑固者は、状況が変革を必要とするようになっても、成功によって得た自信が、別の道を選ばせることを邪魔するのである。ゆえに抜本的な改革は、優れた才能はもちながらも、過去の成功には加担しなかった者によってしか成されない

    P88
    ローマがカルタゴとの間に結んだ講話は、厳しかったかもしれない。だが、それは、報復ではなかったし、ましてや、正義が非正義に対してくだす、こらしめではまったくなかった。戦争という、人類がどうしても超脱することのできない悪行を、勝者と敗者でなく、正義と非正義に分けはじめたのはいつ頃からであろう。分けたからといって、戦争が消滅したわけでもないのだが。
    →現代の変な倫理観(勝者を叩く傾向)のせいか?

    P112
    しかし、何ごとにおいてもおだやかなやり方は、相手もそれに同意ではないと成立し得ないという欠点をもつ。ローマの覇権を認め、それに従うよう求められた強国たちは、どう応じたのか。カルタゴは?マケドニアは?そしていまだにローマとは剣を交わしていない、シリアやエジプトは?

  • カルタゴが地上から消滅し、ローマが地中海の覇者となるまで。

  • この巻で学べるべきことは次の3点ではないかと思う。

    【人は学びうるのだということ(スキピオ)】

    真に優秀な弟子ならば、師のやり方を全面的な模倣では終わらせない。必ず、与えられた条件のオリジナルな活用も、忘れないものである。

    【いつの時代も新しい発想が勝つのだということ(ハンニバル)】
    歩兵と騎兵の双方を有機的に活用することによって、敵を包囲し全滅に持っていくというハンニバルの考えた戦術は、それを駆使したのがローマ側の武将であったとはいえ、有効な戦術であることには証明されたのである。

    【自分たち舐めている組織に対して寛容であってはならない。軍事力の彼我の差の計算は勢いでやってはいけない。冷静緻密であるべき。(カルタゴ・ギリシア)】
    ギリシアは、それまでの先進地域ゆえに、ローマを舐めていて、他国をそそのかして対抗しようとしたが負ける。
    カルタゴは、傭兵60000で、ヌミディアを攻めて、下手に勢いづいてしまった。

  • ローマはその頃の大国カルタゴと戦いを始めてから70年ほどで、地中海の覇権を握るまでになります。そして遂にカルタゴという国が滅亡する第三次ポエニ戦役終了までがこの巻では述べられています。ザマにおける戦いで、スキピオがハンニバルを破り、それから約20年後スキピオは病に倒れ、同じ時期ハンニバルも亡命先で自殺します。ハンニバルとスキピオ、年齢は違っていても二人の戦いは見ものでした。システマチックな戦術が身についていたローマ軍はスキピオの子孫がその後も活躍します。ローマが何故かくも短期間の間に勢力を拡大できたのか。ローマの特色が様々に述べられていますが、敗者に対する寛容な態度、奴隷にさえ市民権をを与えるような自由な社会のあり方を長いこと続けた結果、他の民族も味方するようになったのだと思います。
    これが、紀元前1〜2世紀頃の話、年表を見ると日本では稲作を始めていた弥生時代…同じ地球上でも地域間格差のあまりの大きさにびっくり!

  • ハンニバルからカルタゴ滅亡まで

  • ハンニバル戦記の3冊目は、「第二次ポエニ戦役」の終わりと、その後のマケドニア、カルタゴの滅亡を描く。
    目次を読んだとき、え、カルタゴ滅亡するの?と思ったことは秘密だ。

    第二次ポエニ戦役自体は、前巻で押し返したローマがそのまま退避させた形である。
    やはり攻め込みすぎるとツラいのだろうなぁといった感じ。作戦がどうこうという以前に、物量で押し切られる。

    ポエニ戦役後は、周辺国への影響力が強くなりすぎたローマがギリシャに介入したりして、流れでマケドニアを滅ぼしたりする。
    カルタゴとも対話不足としか思えない様な状況で、滅亡させるしかなくなる。
    大国の最期なんてあっけないものだ。

  • 日本が弥生時代の出来事。文明は自然と発生するのではなく、人間の関わり(摩擦)によって起きるのか…

  • ハンニバルつえー!スキピオもつえー!でもスキピオは強いし優しい!仲間がいる!だから勝った!嬉しい!でも最後は孤独に死ぬ!悲しい!大カトーむかつくー!以上です。

  • 読書録「ローマ人の物語5文庫版」3

    著者 塩野七生
    出版 新潮社

    p170より引用
    “敗北とは、敵に敗れるよりも自分自身に敗
    れるものなのである。”

    目次から抜粋引用
    “第二次ポエニ戦役終期
     ポエニ戦役その後
     マケドニア滅亡
     カルタゴ滅亡”

     歴史作家である著者による、歴史に大きな
    足跡を残した古代ローマについて記した一冊。
     ハンニバルとスキピオの直接対決からロー
    マの地中海制覇まで、史実と著者の主観を交
    えて書かれています。

     上記の引用は、マケドニアとローマの戦闘
    を記した項での一文。
    アレクサンダー大王の子孫たちが、自分たち
    のご先祖が編み出した戦い方によって、ロー
    マに戦闘で負けたことが描かれています。
    目の前の諍いごとばかり追っていては、すぐ
    側にあるすばらしいものを見逃してしまうの
    かもしれません。
     ハンニバルに勝ち、その後ローマは地中海
    を我が物とします。巻末に地図が載っていま
    すが、驚くほど広い領域を支配下に置いてい
    たのですね。これでもまだ最大範囲になって
    いないようですから、歴史に大きく残るのも
    当然です。こんなに大きく発展していたのに、
    ほんとなんで滅んでしまうのでしょう?

    ーーーーー

  •  マケドニア、シリア、ギリシャ……そしてカルタゴ。地中海に接するこれらの文明国は、戦争をスポーツか何かと勘違いしている蛮国ローマによって占領された。奴らの凶暴性は筆舌に尽くしがたい。ローマ人によって都市を更地に変えられたギリシャ人も、国家を4つに分割されたマケドニア人もローマの蛮行の前に、ただただ嵐が過ぎるまで待つ羊のようにメーメーと泣くことしかできなかった。地中海を制圧した傲慢なローマ人は言う。「ほうら、これで戦争がなくなったろう?」と。だが本当にこの状態が、人類にとって自然な状態なのか。ローマ人が支配するこの暴力に満ち満ちた野蛮な世界で生きることが、本当に人間としての生きているといえるのか。しかしこれに逆らえる国家は、もはや存在しない。反逆は死を意味し、服従の対価として生が許される。
     それでもカルタゴはローマに尽くした。戦争には負けたのだから仕方がない。この弱肉強食の世界で、勝者と敗者が存在するのは当然なことだ。恨みはあっても悪はなく、勝者であって正義でない。それがカルタゴ人の考えであった。しかしローマ人の考え方は違った。違いすぎていたのだ。
    「ともあれ、カルタゴは滅ぶべきであると考える次第である」
     マケドニアでも、ギリシャでも、シリアでも。カルタゴはローマと共に戦って同じ痛みを共有した。そんなカルタゴを滅びるべきだと、ローマの有力者である大カトは近頃繰り返し市民に説いているらしい。恐るべきことに、衆愚政治により形骸化した民意は何の疑いも持たず反カルタゴに染まり、ローマ人によって軍隊を取り上げられた無害なカルタゴを殺さんとその槌は振り上げられようとしていた。
     もはや黙って静観していられる時は終わった。諸君……戦って勝つか、戦わずして滅びるかを決めようではないか。
     都市の放棄を一方的に通告してきたローマに対し、地中海最後の良心カルタゴはこれを拒否した。すぐさまローマを恐れない気骨のある武人を雇うと、穀物を仕入れ籠城戦の準備を開始する。カルタゴに敗北の美学など存在しない。この籠城戦に勝ち、弱ったローマに逆侵攻をかけてやる! カルタゴ人の物語はこれからだ!
     次回『こうしてカルタゴは更地となった』――さあ、共に塩を撒こうではないか

  • 【資料ID】162982
    【分類】232.4/Sh75 /5
    地理・歴史のコーナーに並んでいます。

  • 本書シリーズ”ローマ人の物語”第三巻から始まったポエニ戦役のクライマックスとその後の地中海世界の物語.
    ハンニバルとスキピオの異なるリーダー像が印象的であり,部下との関わりを全くと言っていいほど持たず,常に厳しいハンニバルと持ち前の人懐こさによって信頼を得ていくスキピオが興味深かった.
    また共和制国家にとって英雄という突出した存在はむしろ害であることや,ローマの緩やかな帝国主義など著者の見解も面白い.

  • ハンニバル、スキピオの対決に決着。どうしても戦争は面白く感じでしまう。

  • キングダムといいこういう物を読むと興味をそそられるのは何なんだろう。男子だけじゃないはず。

  • 一時はローマの喉元に迫る勢いを見せたカルタゴの将軍ハンニバルだったが、ローマの知将スキピオのスペイン攻略に恐れをなした本国から帰還命令を受ける。それを追うスキピオ。決戦の機運が高まる中、ハンニバルからの会談の提案がスキピオの元に届けられたー一世紀以上にわたる「ポエニ戦役」も最終局面に突入。地中海の覇権の行方は?そして二人の好敵手の運命は。

  • シチリアを奪回し補給基地化することに成功したスキピオは、ローマから帰還するハンニバルをザマの会戦で迎え撃つ。

    天才同士が相見えたザマの会戦は、ハンニバル側の象軍進撃を巧みにかわし、臨機応変に陣形を再編したスキピオの勝利に終わる。

    第二次ポエニ戦役の後、大カトーによる執拗な弾劾でスキピオは失脚させられ、失意のうちに没する(ハンニバルも同年に死去)。

    それまで穏やかな帝国主義と称されたローマの支配方式も、カルタゴ滅亡と前後して厳しいものへと変わってゆく。

    元老院による寡頭制維持のために突出した能力の持主の出現を抑えてきたローマだが、カエサル出現までの混迷の度合いを見るにつけ、リーダーと共同体との理想的なあり方が難しいと思い知る。

  • ハンニバルとの最後の戦い

  • ハンニバル戦役、ついに決着。第二次でローマが逆転して、そのままカルタゴ本国まで攻め入る、っていう本戦役のハイライトが描かれる。ひたすら孤軍奮闘って感じのハンニバルは、よくここまで一人で頑張りました。お互いにってことだけど、スキピオっていう好敵手を得てこそ、その才能をぶつけ合っての闘いがエキサイティングなものになったのでしょう。そのあとのカルタゴ滅亡を経て、ローマはどう変わっていくのか。

  • 「-」

    一度裏切る者は、再び裏切る。

全118件中 1 - 25件を表示

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)に関連するまとめ

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)の作品紹介

一時はローマの喉元に迫る勢いを見せたカルタゴの将軍ハンニバルだったが、ローマの知将スキピオのスペイン攻略に恐れをなした本国から帰還命令を受ける。それを追うスキピオ。決戦の機運が高まる中、ハンニバルからの会談の提案が、スキピオの元に届けられた-一世紀以上にわたる「ポエニ戦役」も最終局面に突入。地中海の覇権の行方は?そして二人の好敵手の運命は。

ローマ人の物語 (5) ― ハンニバル戦記(下) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする