ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)

  • 1287人登録
  • 3.62評価
    • (88)
    • (142)
    • (254)
    • (8)
    • (1)
  • 87レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181578

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ちなみに、古代のローマ人による奴隷の定義は、自分で自分の運命を決めることが許されない人、であった。」

    ポンペイウスが強い。

  • ローマ帝国は地中海を真ん中に置き、地中海に接する地帯を占領してローマの属国とした。

  • しかし、よく人をぽいぽい殺すなあ。

    人の命って、この時代、どんなもんだったんだろ。まあ、つい最近でも大差ないかもしれないけど。

  • 護民官グラックス兄弟の改革とスッラ体制。カエサル登場前のローマ内政の混乱を描く2巻。

  • マリウスとスッラの時代から、戦の天才であるポンペイウスの登場までの話。その中にはかの有名なスパルタクスの乱も含まれる。この巻を読むと「ポンペイウスTSUEEEEEE!」と今後のポンペイウス時代を予感せざるを得ないのだけど、結局シュリンク(しかも何か大きな失敗をしたわけではない)していくところを見ると、若くて華々しい成果を出していたとしても、芯に何か強いものがないと結局モノにはならないと痛感した(ある意味痛快でもあるが)

    自分の運命を自分で決める権利を完全に持っていない人には、義務も課されなかったのである。P110

    ギリシアからルネサンス時代までの歴史を熟知し、代表作としては『イタリア・ルネサンスの文化』を持つヤコブ・ブルクハルトに、『世界史についての初考察』と題した一冊がある。その中に、次の一文がある。
    「歴史はときに、突如一人の人物の中に自らを凝縮し、世界はその後、この人の指し示した方向に向かうといったことを好むものである。これらの偉大な個人においては、普遍と特殊、留まるものと動くものとが、一人の人格に集約されている。彼らは、国や宗教や文化や社会危機を、体現する存在なのである。危機にあっては、既成のものと新しいものとが交ざり合って一つになり、偉大な個人の内において頂点に達する。これら偉人たちの存在は、世界史の謎である」P195

  • タイトルにあるように、大国となったローマの政治体制、元老院指導の共和制にほころびが出始めます。それを懸命に修復しようと努めたのがスッラでした。彼の生きている間は何とか体制を維持できたものの、彼の死後崩れ出します。地中海沿岸地方の様々な同盟国の思惑が入り乱れる中、ポントス王国のミトリダテス6世との戦役や国内における奴隷の反乱、海賊の襲撃などの諸問題に活躍したのが、絶対指揮権を持ったポンペイウスでした。
    ローマに執拗に抵抗し最後に自死したミトリダテスの手紙には、ローマ人が非道な行為で帝国を築き上げたと非難しています。キケロの言葉にはローマが果てしない戦争や内紛からこの地方に恒久的な平和をもたらしたので、犠牲は必要経費だとあります。歴史を見る視点の違いなのでしょうが、これらのことは、絶えず繰り返され現代に続いている事柄だということに気づきます。
    そして「危機にあっては、既成のものと新しい物とが交ざり合って一つになり、偉大な個人の内において頂点に達する。これら偉人たちの存在は、世界史の謎である。」という文章による偉大な人物が次の巻で登場することになるので楽しみです。

  • ポンペイウスの時代がそろそろ終わりを告げ、次はいよいよカエサルだ!

  • 9/23

  • …人間の幸せには、客観的な基準は存在しないからである。…「コミュニケート」とは、ともに過ごす時間が多ければ多いほど、コミュニケート度も高くなるというものではない。 なるほど。現代にも通じる。
    日本はまだまだ弥生時代・・・

全87件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)に関連するまとめ

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語 (7) ― 勝者の混迷(下) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする