ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)

  • 1413人登録
  • 3.87評価
    • (169)
    • (146)
    • (224)
    • (6)
    • (2)
  • 116レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2004年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181585

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カエサルが「起ち始める」までが書かれた第8巻。前巻と年代的に重なる部分があるが楽しく読めた。この男を中心に世界が回っていくんだという期待に胸を踊らされるばかり。何人もの人妻を寝とり、借金を重ねても苦にしないとはなるほど大した男である。そのハッキリとした態度、ブレない軸を持った才能あふれるカエサルに魅了される人が多いのも本書を読んで納得した。その一方でキケロにも魅力を感じた。カエサルが主人公であるため、キケロに対する印象は悪いかもしれないが、戦争とは違う実力で地位を勝ち取ったこの男にも僕は賞賛を与えたい。

  • ハンニバルやスキピオが去り、ユリウス・カエサルが登場してきた。

  • カエサル(シーザー)の青年時代までを描く。

    39歳になるまで、まださしたる業績を挙げていない。

    大借金王であり、非常に女性にモテたので有名だった、ということは初めて知りました。

  • カエサルその1。まだ活躍し始める前のあれこれですが、楽天家の勝利といいますか、細かいことを気にしない人が結局勝つのかなということを考えさせられます。天才だからできることかも知れませんが。

  • カエサルの幼少期から青年後期(39歳)までの話。カエサルほどのカリスマの若かりし頃の話なので、さぞ輝かしいものと思いきや全く違う。志は高いけど不遇を被っていた、という話でもない。イメージとしては一部上場企業の中間管理職で、仕事はそこそこできるけど、いっても部長止まりで、ただ女遊びは上手い憎めないやつ、という感じ。ポンペイウスやアレクサンダー大王をはじめとした英雄とは天と地ほどの差がある。それでも最後は後世の歴史家や人々が讚えてやまないほどの人物になるということ自体、ぼくらのような一般人には希望でもある。

  • これまでの巻でカエサルは登場していたものの、彼を中心として書いたものではないので、この巻では時計の螺子を巻き戻すように、スッラの活躍した時代の事などの歴史的事実が再度書かれています。著者も重複していることは承知ですが、それはカエサルが37歳にしてようやく起ちはじめたからです。それ以前の彼の出自や青年時代の期間の方が、年月にすると長いからなのです。同時代には若き凱旋将軍として大衆に人気があったポンペイウス、小カトーやキケロなど名だたるこの時代の権威者たちを巧みに退け、頂点に近づいていきます。首が回らないほどの借金があり、やたら女にもてたが恨まれることがなかった、というカエサルの人柄。カティリーナの陰謀を弁論する場面の演説は、著者が長いがと理りながらも何故引用したのかがわかります。

  • 世界史を全くやってこなかったので、「ユリウス・カエサル」が何をした人なのか全く知らなかった。精々「ユリウス」が"July"の語源ってことくらい。
    ために、「ルビコン以前」が何を表しているのか分からず、遠征の手前半分がルビコン以前、ルビコンってところを超えた遠いところの話が下巻なのかな、と思っていた。
    全然違う。
    ルビコン川は自国の国境であり、しかもここで言う以前・以後というのは外から見た境界である。
    つまり遠征から帰るときまでが描かれているのが上巻であり、自国に乗り込むのが下巻ということだ。

    さて、聞くところによると、塩野七生はカエサルファンらしく、どうやら話半分にした方が良いらしい。
    ガリア全土(現フランス)を暴れまわり、挙句ドーバーを渡ってブリテンを踏んだりライン川を超えてゲルマン(現ドイツ)に顔出ししたりとやりたい放題である。
    彼の失敗らしい失敗は見当たらない。これは贔屓目故ということなのだろう。

    もうちょっと事実に即したものも読んでみたいが、まず面白いことが肝要だとは思う。そしてこれは面白かった。

  • 読了。8年ぶりに読むのを再開した。最後が面白かった。カエサルがなんで女の人にモテたかと莫大な借金をできたかを塩野七生が分析していた。目から鱗であった。
    「女が何より傷つくのは、無下にされた場合である。」 
    「大きすぎてつぶせない存在になるまで借りまくった金を何に使うか。」

  • カエサルの生涯はなかなか興味深い。

  • 9/24

全116件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)に関連するまとめ

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする