ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)

  • 1171人登録
  • 3.98評価
    • (168)
    • (122)
    • (169)
    • (2)
    • (1)
  • 97レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2004年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181615

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユリウス・カエサルがルビンコン川を超え、ローマに迫ったとき、政治を牛耳っていたポンペイウスは体制を整えるためにギリシアに下がる。 でも、それは敗北であった。

  • 間が空きすぎてすっかり前のエピソードを忘れてたけどやっぱり塩野七生さんの文章は面白い。
    カエサルが今の時代に生きてたら世界をどう見てたのかなぁ。

  • ガリア戦を終え、元老院との対決から、ポンペイウスとの戦いとその勝利。
    クレオパトラ登場。

    「ルビコン川を渡る」「賽は投げられた」というのが、イタリアから外に出るのではなく、その逆だというのは初めて知った。カエサルについては知らないことばかりだな。

    もうひとりの主要人物キケロについては、名前だけは聞いたことがあったけど、カエサルと同時代の人物で、その言動はこうだったとは知らなかった。

    いや勉強になりますね。
    しかも面白い。

  • 法の下での軍の解散と帰国を命ずる元老院の最終勧告を無視して、ルビコン川を渡ったカエサル軍。現体制打倒を目論むカエサルと元老院側のポンペイウスの対決が始まります。カエサルの動向を知りポンペイウス派は首都ローマから逃げ出します。
    内線状態になってもカエサルは「自らの考えに忠実に生きる」ことを他の人にも等しく課すことを願い、会戦の回避や捕虜の釈放を実行します。作者もこのことについては、人権宣言にも等しい、と特筆していますが、確かに潔くその人間性に魅了されます。さらにカエサルは対決の最中にも政治的な課題に着手、数々の政策を実行し自らの立場も法律に則った執政官に就任。正統な地位で武力を行使します。
    舞台はイタリア半島からアドリア海、ギリシアへ、兵力や物資でも優勢なポンペイウス軍との闘いは激闘を繰り返し、時には敗北も喫しながらファルサルスの決戦へ。紀元前48年8月8日でした。この時も巧みな戦術と人心の掌握にかけては誰にもひけをとらないカエサルは部下の士気を高め、ポンペイウス軍を敗走に追いやったのでした。エジプトを頼って逃げたポンペイウスは、カエサルの追撃を待つまでもなくアレクサンドリアの港で殺害されます。エジプト王の側近たちの裏切りにあったのでした。ポンペイウスの最後は哀れの一言です。
    こうしてカエサルはエジプト王朝の内紛の仲裁役になり、かのクレオパトラが登場します。かのクレオパトラの鼻が低かったら…の下りの作者なりの解釈もあり、2人の関係性にも触れていてなるほど!と興味深く読みました。様々な会戦場面の戦術は図入りですからこの辺り興味のある方にはお勧めの巻。

  • カエサルvsポンペイウスの戦。ルビコン河を渡ったカエサルの動きを書く。カエサルの戦闘で目を見張るところは二つ。a.相手の長所を消す。機動性に優れる相手の騎兵隊を、狭い場所に誘導し閉じ込めて用無しに陥らせる。 b.現場兵士へのモチベーションコントロール。緒戦に負けた兵士に対し、原因は司令官ではなく兵士にあると追及する。が罰は与えない。兵士は汚名をそそぐために、次戦には死に物狂いで立ち向かう。常識に囚われない柔軟な思考を持つリーダーだと思う。

  • カエサルがルビコンを渡って、ポンペイウスと対決、そしてポンペイウスの死、その後のアレクサンドリア戦記まで。
    カエサルの死もさることながら、ポンペイウスの死に方には哀愁というか虚しさを禁じ得ない。特に若かりし頃の華々しい姿を知っているがゆえに。一つ思うのは、情熱なき挑戦に結果はついてこないということ。この前後の巻を通してもポンペイウスのやりたいことは見えてこない。キケロの方がまだ分かりやすい。仮に傀儡だったとしても傀儡であることを引き受ける思いというのが必要。

    P104
    わたしが自由にした人々が再びわたしに権を向けることになるとしても、そのようなことには心をわずらわせたくない。何ものにもましてわたしが自分自身に課しているのは、自らの考えに忠実に生きることである。だから、他の人々も、そうあって当然と思っている

    P123
    このような状態になった場合、人は二種に分かれる。第一は、失敗に帰した事態の改善に努めることで不利を挽回しようとする人であり、第二は、それはそのままでひとまず置いておき、別のことを成功させることによって、情勢の一挙挽回を図る人である。カエサルは、後者の代表格といってもよかった。

  • ルビコン以後は内戦の話。
    文庫だと上中下の3分冊だけど、下巻にユリウス・カエサルは出てこない。
    というのも、中巻の最後に殺されるから。

    流れとしては、ガリアを治めたカエサルが、ポンペイウスを筆頭にした老人たちを追い回す。
    ポイントは寛容の精神。要するに事が終われば殺さない。

    そして新登場の勢力としてプトレマイオス朝のエジプト。
    絨毯かなにかに包まって登場するクレオパトラは私でも知ってるくらい有名。
    カエサル存命のときは「あ、出てきた」って感じだったけど、亡き後には一大勢力となる。

    カエサルの死後は、カエサルご指名の後釜で、カエサル死亡時にはまだ10代だったオクタヴィアヌスと、カエサル配下で活躍したアントニウスの対決となる。
    言われるまで全く知らなかったが、オクタヴィアヌスがアウグストゥス・カエサルだった。
    因みにこの時代、暗殺に携わった人間は殆ど出てこない。というのも彼らは暗殺直後に退場してしまったからだ。
    ユリウス・カエサルが生きていたら、というifストーリーはきっと皆が考えるんだろうなぁ。

    因みに著者はユリウス・カエサルが好きすぎるので、一体何処までが信憑性のある話なのか謎。
    何よりもクレオパトラへの苦言が、ただの女の嫉妬にしか見えないのが愉快。
    という読み方もあるらしい。
    所謂史実知らないからそこまでは言えないけど、納得できる筆致ではある。

  • いやでもカエサルに惚れてしまうよね。

  • ローマ内乱(カエサル対ポンペイウス)とポンペイウスの死。

    著者はカエサルに肩入れしすぎじゃないか。

  • 10/14

全97件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)に関連するまとめ

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする