ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)

  • 896人登録
  • 3.73評価
    • (77)
    • (100)
    • (161)
    • (3)
    • (1)
  • 73レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2005年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181677

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • タキトゥスはティベリウスのことを嫌いという話だが、「そんなタキトゥスでもこう書かざるを得なかった。『○○(ティベリウスを賞賛する言葉)」という引用が多く、タキトゥスにツンデレ感が漂っていた。

  • 第二皇帝ティベリウス、第三カリグラ、第四クラウディウス、第五ネロの「悪名高い皇帝たち」の時代のお話。
    彼らを「悪」で括るのが正しいのかは置いておいて、彼らは「血統」で皇帝になった世代として括ることができる。

    初代が作り二代目で傾き三代目が潰すとかそういうフレーズがある。
    初代は思想と行動が、持っている実力のレベルで完全に均衡が取れている。というか持てる全てで理想に近づけることでそうなる。
    潰れるのが三代目かどうかは不定だと思うが、少しずつ思想がずれ、持てる行動力も上下することで、結果は元の理想から外れていく。そういうことだ。
    コピーはオリジナルから劣化するが、人間の引き継ぎの場合、劣化ではなく変化があるのだ。個性の違いと言ってもいい。

    丁度アウグストゥスが志したローマ帝国を潰すのに必要だったのが、五代目時点だったということだろう。
    決して彼ら個人個人が「悪」であったのではないと、私は考える。
    尤も、「悪」で無かったとは言えないことも多々あるようではあるが。

    人間は絶対に死ぬ。
    個性は絶対にある。
    ならば体制は絶対に続かないのか。
    当初の理想そのままでは、そうなのだろう。

  • アウグストゥス亡き後の、ティベリウス・カリグラ・クラディウス・ネロの四人の悪名高い皇帝の話。本巻はその第一章であるティベリウスの話。と言ってもティベリウスは堅実であり賢帝である印象を受ける。むしろアウグストゥスに途中あれだけ冷遇されたのに、こじらせずよくやっているな、と。私欲が垣間見えない分、アウグストゥスよりも清廉潔白な印象

    P200
    アウグストゥスが遺したシステムであっても、残すべきところは残しつつ、改めるべきところは改めるというやり方は、アウグストゥスの政治を継承することとは少しも矛盾しない。なぜなら、必要に応じての手直しをほどこしてこそ、構築した当の人の意図の永続に通ずるからである

    P212
    誇り高い人とは、何よりもまず自分自身に厳しい人である。自らを厳しく律する人間は、一人息子の死であろうと、悲哀に負けることだけは絶対に許さない。悲嘆にくれ、仕事を放り出すようなことは普通の人のやることであり、普通の人とは思っていない人間には、死んでもやれないことなのである。

  • ティベリウス即位とその統治

  • ティベリウスちゃんとやってるやん、というのが素直な感想。

  • アウグストゥスの跡を継いだティベリウス。歴史上では悪名高い評価だが、取った施策は合理的に見える。放っておけば歳出だけが増えていくのが国家財政。彼は緊縮財政をとる。1.前任のアウグストゥスが建てまくった公共工事を減らす 2.要職の選挙を互選に変えて選挙運動を減らす 3.平民へ配っていたボーナスの撤廃(ただし貧民への小麦の無料配給は継続)。 国民のご機嫌取りに走らず、ただ粛々と自ら決めた策を曲げずに実行していくのはすごい精神だと思う。

  • 新しいことをするのも大切だけど、維持するのもエネルギーがいる。目立たないだけに精神力が要る。

  • Tiberius Julius Caesarが本巻の主人公である。
    Augustus からインペラトールのバトンを渡された彼は、ローマ帝国の拡大よりも、その維持を目標としていた。
    国家が大きくなるにつれ、国境周辺の防衛や増え続ける歳出対して、彼がどのように立ち向かったかが記載されている。

  • (1)~(4)までまとめて記載。
    アウグストゥスの後に続いたティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロの四皇帝の期間を記述。

    アウグストゥスの作ったシステムが機能した。人が変わっても、システムがしっかりしていれば、何とか持ったという感じ。

    悪名高きとはいえ、ティベリウス、クラウディウスはシステムを守った側。ネロと聞くと、悪の皇帝というイメージはキリスト教の作ったイメージ。とはいえ、良いこと悪いこと
    両方ある皇帝だが。

  • カエサル、アウグストゥスに次ぐ三代皇帝、ティベリウスについての上巻。ティベリウスは、前二人の構築した国を更に強化し磐石にした人。無駄を省き適材適所の人材を配置し「分割して統治」する、合理的な考え方には共感します。

  • ユリウス=クラウディウス朝は5代目皇帝ネロでついに転覆。むりやり血の継承にこだわるとやはりこういうことになるんだろう。

    <a href="http://www.technorati.com/claim/53hhfhjur9" rel="me"></a><a href="http://technorati.jp/profile/kakicg">テクノラティプロフィール</a>

  • 「ー」

    ティベリウスは冷静。

  • タイトルほどネガティブな話ではない。改めてだが作者のローマ愛が感じられるので読んでいて嫌な感じはしない。次巻も楽しみ。

  • 帝政を構築した初代皇帝アウグストゥス。その後に続いた、ティベリウス、カリグラ、クラウディウス、ネロの四皇帝は、庶民からは痛罵を浴び、タキトゥスをはじめとする史家からも手厳しく批判された。しかし彼らの治世下でも帝政は揺らぐことがなく、むしろローマは、秩序ある平和と繁栄を謳歌し続けた。「悪」と断罪された皇帝たちの政治の実態とは。そしてなぜ「ローマによる平和」は維持され続けたのか。

  • 副題が「悪名高き皇帝たち」と書かれていたので、エグいことした皇帝が続くのかなと思っていけど違った。個人的に、かなりティベリウス好きかもしれない。周りを気にせず、目的の為に制作を実行する姿がカッコいいし、悪評が立とうが、自分の仕事のし易さを求めてカプリに隠遁するのも素晴らしい。ただ、塩野さんが言うように、民衆と元老院をある程度騙すような行為を全くしなかったのは、ティベリウスの大きな欠点だったとは思う。

  • 著者も冒頭で本書のタイトルについて『タキトゥスを始めとするローマ時代の有識者と、評価基準ならばその延長線上に位置する近現代の西欧の歴史家たちの「採点」の借用であって、これには必ずしも同意しない』と述べているように、ティベリウスのどこが悪帝なの?というのが率直な感想。
    自分の上司にいたら相当息苦しいだろうなとは思うが。。
    「悪名高きアグリッピーナ」なら納得。

  • 2代皇帝ティベリウスの物語。アウグストゥスから受け継いだ帝国経営は、皇帝の絶対的な支配権によるものではなく、元老院の承認のもとに支配を委託された矛盾に満ちた形態であった。しかも皇帝ティベリウスはこの元老院階級の名門出身のせいもあってか元老院制下の皇帝というい責務を果たそうと真摯に果たしたが、その結果、元老院が責務に及び腰になる。カエサルが描き、アウグストゥスが建てたローマ帝国は、ティベリウスによって仕上げられたのであった。

  •  悪名高き皇帝たちの1人目である,2代目皇帝ティベリウスが,アウグストゥスから帝位を継いでから,カプリ島に引退するまでの物語です。ティベリウスに厳しい評価を下すタキトゥスでも,まだ肯定的に評価したカプリ島隠遁以前のティベリウス帝が,「カエサルが企画し,アウグストゥスが構築した」帝政を「盤石にするため」に実施した前半生の施策が中心になっています。
     カエサルやアウグストゥスとは違い,敵対者を敗退させた勝利者ではなく帝位を継いだティベリウスは,自らの三番手としての立場と目的を強烈に意識していました。彼が厳しい自己意識から着実に皇帝として実施した職務は,即位直後の軍団蜂起への対応から,防衛体制の再構築,財政健全化,そしてアウグストゥスの血を直接引かないティベリウス帝ゆえに直面することになった家庭の問題へと多岐にわたるものでした。
     元老院の現状と家族などの周辺環境に見切りをつけた彼は,沿革からでも帝国を統治できる体制を構築し,カプリ島に隠遁するわけですが…。

  • 皇帝ティベリウス
    在位、紀元14年9月17日~37年3月16日

  • 二代目のプリンチェプスであるティベリウスの皇帝としての生涯のほとんどを描いている。
    皇帝としての仕事は死後100年はそのままに残ったが、重要だが地味な仕事ばかりをしていたためにローマ市民からも元老院からも疎まれ、家庭内も不幸続きであつたことを考えると、幸福とは何なのか考えざるを得ない。

  • 意外に二代目の皇帝ティベリウスが素晴らしい。カエサルが構想して、アウグストゥスが築いた帝政の基盤を、確実なものに固めていく。人気取りなどは一切しない。必要なことを淡々と進めていく感じ。そして、それがきちんと機能していく。ただ、やっぱりなんとなく暗い感じ。もっとぱ〜としたところがあってもいいのに。
    しかし、アウグストゥスの娘の子であって三代目の皇帝を約束されていたゲルマニクスの妻の、アグリッピーナがいろいろな場面でしゃしゃり出てくるのが辟易する。これに関して、女の性質が書かれた箇所があったが、まあ納得してしまうな。
    皇帝たるものの考え方の違いが紹介されている箇所も興味深い。

  • ちょっと後まで読んでいる身としては、この巻で扱われているティベリウスなんてかわいいもん、というよりも善政だったんじゃないかと思いますね。これで人気がなかったからって悪名高き、なんて名づけられてかわいそうです。緊縮財政にしないといけなかった、嫌になってカプリ島で政務を行ったからといっても全うなことをやっていたと思います。

  • 2代皇帝ティベリウスとゲルマニクス中心のお話。
    悪名高き皇帝は3代目からのようですな。

    カエサル、アウグストゥスの築きあげた帝政を維持することに注力。システムの機能維持という観点でティベリウスの業績を読み解いてるわけですが、組織も同じだなあ。徹底的に考え抜かれた方針とそれを遂行するシステム。

    代替わり(事業承継)なんかをきちんと乗り越えられるか、ここは組織のトータルの力量が試されるところなんでしょうね。

    にしても、アウグストゥスまでのどちらかというと戦乱期が一段落し、ティベリウス治世の最後のほうはもう平和慣れした人々が出てきた様子が描かれてます。次巻が楽しみ。

  • ティベリウス治世の巻。ローマの領土維持、情勢維持、政治維持に終始するティベリウス。カエサル、アウグストゥスとは違い、堅実にシステムを維持することにこころを砕いた点はすごい。人気取りや虚栄心を満たすことをせず、先代たちが気づいたシステム、その意図をくみ取って行うストイックさは見習いたい。
    この後に続く皇帝たちがこのシステムをどのようにしていくのか、次巻がたのしみ。

  • 読書日:2012年10月17日-19日
    original title in Italiana:IMPERATORES MALAE FAMAE.
    治世を堅固で盤石な物にする為にTiberiusの政策はAugust以上に気苦労が絶えません。
    そしてAgrippinaの出しゃばりの多さが目立ちました。
    幾ら初代皇帝Augustの孫娘であっても、高慢になってはいけません。
    こんな感じで家庭でも元老院でも心から安らかになる事がなかったからTiberiusが島に隠遁したんだと感じました。

全73件中 1 - 25件を表示

ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)に関連するまとめ

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語〈17〉悪名高き皇帝たち(1) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする