ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)

  • 815人登録
  • 3.64評価
    • (58)
    • (88)
    • (150)
    • (8)
    • (1)
  • 56レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2005年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181714

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ローマが帝政になってから約100年。
    カエサルより続く血脈がかの暴君ネロで途絶えた時。

    ローマは大きな危機を迎える。

    1年の間に3人の皇帝が殺され、まさに帝国そのものが崩壊の一歩手前まできてしまう。

    その時、ローマ人はいかにしてこの危機を乗り越え、ローマ史上最も繁栄した五賢帝時代へと導いたのだろうか。

  • 初代皇帝 アウグストゥス
    2代目 ティベリウス
    3代目 カリグラ
    4代目 クラウディウス

    と続き、
    5代目ネロの失政で、帝国内は内乱状態となり、

    6代目 ガルバ 1年7ヶ月
    7代目 オトー 3ヶ月
    8代目 ヴィテリウス 8ヶ月

    と短命な皇帝が続く。
    いずれも軍事力を背景に皇帝の座に着くが、後を襲う者によってあるいは殺され、あるいは自死に追い込まれてしまう。

  • ガルバ、オト―、ウィテリウス、ウェスパシアヌス。

  • 危機があっても総崩れにならないところがすごいな。踏ん張れるのは頭で考えているからか。

  • Nero帝の治世からNero帝死後の混迷の初期まで(Galba、Otho)。

    自壊する帝国という名にふさわしい混迷っぷりである。

  • 皇帝ネロの失政の後、ローマは混乱を極める。1年間の間にガルバ、オトー、ウ”ィテリウスと3人の皇帝が現れては、それぞれ殺害されて消えた。ローマ帝国の中は内乱状態で同士討ち状態。それぞれの人物とも皇帝になるまでは何らかの大義や名分があって就任したものの、その後帝国をどうするのか、混乱状態をどう回復させるのか、ビジョンが欠けていた。また変化に対して柔軟にスピーディーに対応する姿勢も欠けていた。現代にも共通する課題が浮かび上がる。

  • 紀元69年の「三皇帝時代」を扱う21巻。血の権威を失った皇帝人事の混乱に乗じて、三人の人物が勢いだけで皇帝となり、争いあう一年を描きます。失敗から学ぶと言いますか、私欲を貪るリーダーと保身に徹し抑止力のない元老院、呆れ果てて無関心になった庶民、という最悪の構図は現代にも通じるものがあります。

  • 皇帝ネロの死後、ガルバ、オトー、ヴィテリウスまでの愚帝3人の時代

  • 今のところ出版されている文庫版は全部読んだ。巻数にして23巻。ローマの建国から7代の王制を経て、やがて共和制になり、ついに帝政に移行して五賢帝時代前夜まで850年間の歴史に対応する。

    これだけの分量を割とすんなりと読めてしまった。一貫した視点を持つ一人の作者の手になる作品のなせる技だと思う。歴史をちゃんと流れとして捉えているのが素人目もわかる。時には人物の洞察にまで筆がおよびなかなか含蓄が深い。

    こういう著書をきっかけにもっと本気になって歴史を学ぶことが柿爺を含め日本人にもっと必要とされているように思った。やはり島国日本には今のところ歴史的センスというものが決定的に不足しているのだろうな、などと考えるきっかけにもなった。

    歴史から学ぶ「うまみ」といものもやはりあると思う。歴史には実験データがいっぱい詰まっているという見方もできるだろう。それをうまく総合すれば、将来どうなるかというシミュレーションがある程度できるのではないかとさえ思う。

  • 「嫉妬とは、相手に対して能力に劣ることの無意識な表われにすぎないのだから。」

    変わる皇帝。無関心な民衆。権力は軍事力である。

全56件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語〈21〉危機と克服〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする