ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)

  • 785人登録
  • 3.72評価
    • (60)
    • (89)
    • (130)
    • (3)
    • (1)
  • 45レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2005年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181721

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ガリアの反乱
    ユダヤの反乱
    ウェスパシアヌスの治世と死

  • 内紛・外紛をおさめて平和を回復したヴェスパシアヌス帝の巻。健全な常識の人、適度なバランス感覚で見事にローマ帝国を立て直します。相変わらず読みやすいです。

  • 皇帝といえども絶対ではなく、民衆の怒りを買えば殺されてしまう。軍隊での指揮官としての能力は政治に使えるんだな。

  • ガリア人とユダヤ民族の反乱、その鎮圧。ヴェスパシアヌスの治世。

  • 混乱をきわめた時代の後に皇帝となったヴェスパシアヌスはもともと東方に赴任していた軍出身。王家の血筋ではないが、混乱に嫌気がさした属州の軍団から支持を受けて力をつけ皇帝までのぼりつめ自らの血統のフラウィウス朝を創立した。皇帝になってからの業績は功罪がある。功は浪費を排除した常識的な治世で一定の支持を集めたこと。罪は皇帝法を定めたことで外部(この時代でいうと元老院)からのチェック機能を排し皇帝への権力集中を強めたこと。

  • いわゆる「ガリア帝国」による内乱を中心に、ヴェスパシアヌス帝の死までを描く。

    属州にてゲルマン人たちに叛旗を翻されても首尾よく反撃し、さらにはローマを裏切った軍団兵にもゲルマン部族にも、最終的には「クレメンティア」(寛容)の精神で臨んだローマ人。
    今までにも、敗者を赦しつつ同化する政策がしばしば取り上げられたが、今回もそれが徹底していて、現代人は政治的思慮深さにおいてローマ人に遙かに及ばないとも思う。
    当時のローマ帝国は膨張する必要性を失っていたから最早異民族を同化する意味もなさそう、と早計してしまうが、実際はそうではなかったところなど興味深い。
    ましてや皇帝位の争奪が絡んでいたから、短期間とはいえ国家的危機ではあったのだ。
    帝国の維持に無駄なエネルギーを費やさない、先を見通す、ローマ人らしい合理的対処だと思う。

    他方、ユダヤ戦役では徹底的な反抗が認められた(ユダヤ人とローマ人とでは「自由」の捉え方が異なった)から、ローマも非寛容に徹して暴虐の限りを尽くす。
    このようなローマ人の物事への処し方は、一見矛盾しているようで、実は柔軟極まりないケースバイケース思考に拠っている。

  • 書くことがなくなってきた(笑)相変わらず面白かった。繰り返しになるけど作者がローマ寄りの考えなので読んでいて気持ちがいい。

  • 三人の皇帝が相次いで倒れ、帝政ローマの統治機構に制度疲労が生じ始めていた頃、それを裏付けるように、辺境で異民族の反乱が勃発した。西方のゲルマン系ガリア人が独立を宣言したのだ。一方、東方ではユダヤ人が反抗を続け、帝国は一層窮地に立たされる。この苦境の中に帝位に登ったヴェスパシアヌスは、出自にも傑出した才能にも恵まれていなかった。しかし時代が求めた別の資質、「健全な常識人」を武器に、彼は帝国再建に力を注ぐ。

  •  ネロ帝死後に帝位に就いたガルバ・オトー・ヴィテリウスの3人による内乱を平定した後のヴェスパシアヌス帝の物語です。紀元69年のローマ人による帝位をめぐる内乱の時期に勃発したガリアで発生した反乱と,その前後の時期に発生したユダヤ戦役,そしてそれらの反乱を鎮圧した後のヴェスパシアヌス帝の治世が話題になっています。
     内乱の経緯を描写することでの内乱の性質とそれへの対応に関する記述,そしてユダヤ戦役を舞台としての民族性に関する記述は,現在でも影響している課題にも通日内容が多いとおもって読み進めていました。
     そして,これらの大きな2つの反乱の後に帝位に就き,ネロ帝の後の混乱を収めて再建し,再びローマを成長軌道に乗せたヴェスパシアヌス帝を,時代が求めた指導者として,塩野さん「健全な常識人」と評します。塩野さんらしい表現だと思っています。

  • 3人の皇帝が短期間に相次いで交代した頃のローマ辺境での動向を描く。ガリア帝国、ユダヤ戦役。

    そして、短いフラヴィウス朝のはじまり。常識人とされるヴェスパシアヌス皇帝を描く。こんな皇帝、教科書にも出てこないと思いますが、60で皇帝になり、前の治世で混乱したローマをそれなりに立て直す。

  • ヴェスパシアヌスの項からは面白い。

  • 「健全な常識人」たるヴェスパシアヌス、意外にやってくれる。もちろん、有能な協力者に恵まれたことも大きい。
    1年間のローマ帝国の混迷の間に起こった、西方の「ガリア帝国」設立を目指したゲルマン系ガリア人の反乱、そして、東方のユダヤ人の反抗、どちらもそこに至った歴史を考えると興味深い。一歩、間違えれば、ローマ帝国滅亡に至っただろう。これを、ヴェスパシアヌスの協力者達がうまく収める。
    そして、皇帝となったヴェスパシアヌスが、ローマ帝国再建を果たす。そのやり方をみると、ローマ帝国がいかに合理的なものの考え方をしていたかわかる。塩野七生は、ヴェスパシアヌスの「帝国法」に批判的だが、これはこれで、時代が求めていた法ではなかったのか。

  • ヴェスパシアヌスの登場でローマの内乱も終結。きちんと要、要でそれなりの人が出てきてくれるところがローマのすごいところかも知れない。また、各地域だけを支配しようと思う人がいないのも、日本との大きな違いかもしれないなぁ、と思う。日本だったら、とっとと群雄割拠の時代になっていそうなのに、きちんとあの広い領土を一人が統一できるんだから、まだまだローマ帝国も自力があった時代なんだろうと思う。
    普通の人が普通に取り組んだ的なノリで書かれてるけど、あれだけの広さの国をフツーに統治するのは無理ですよ。それはそれで、普通じゃないんだと思うんですよね。ヴェスパシアヌスさんも。きっちり仕事をこなしていくところとかは手堅い人、という感じがしました。

  • いやにあっさりとヴェスパシアヌスが死んだ。

  • 3人の皇帝が相次いで立ち消えて行った後、ヴェスパシアヌス帝が出てきた巻。今までの混乱を解決すべく、飛びぬけた才能があったわけでもなく、一般的な常識を兼ね備えた、でもどこか愛嬌のある皇帝がローマの再建に乗り出す。
    内戦を収めローマ皇帝としての責務を果たすと同時に、各地で起こっていた反乱も平定していく。ガリアの反乱はあぁまたゲルマンか、と思うところもあったが、ユダヤ戦役は今まで起こった戦役とは一戦を画し、宗教対立という現代にもつながる原因が潜むところはいろいろ気づかされるところがあった。

  • 読書日:2012年11月27日-29日
    title in Italiana:CRISIS ET AB EA EXITUS.
    属州で反乱を起こしたのがCaesarの名が与えられた子孫達に笑う所じゃないけど、可笑しかったです。
    1年間の間にGalba、Otho、Vitellivsの3人が皇帝に即位し、
    殺され、又即位を繰り返したら周辺の属州も反乱を起こしたくなります。

    Vespasianvsの治世ではやっと平和が訪れたと安堵して読みました。
    貴族では無い人が即位した初めての皇帝でもあります。
    人は身分では無く、人徳なんだと感じられた箇所でもあります。
    只ひたすらに平和を求めて、維持を追求した皇帝。
    全てをやり終えて息子TitvsとDomitianvs二人の治世はどうなるのか、楽しみです。

  • ガリア反乱とユダヤ戦役,ヴェスパシアヌスの治世と死.公共サービスの例としてテルマエの話が少し出てくる.

  • 前半は紀元70年までの辺境の状況を書き、後半はヴェスパシアヌスの治世を書く。前半は二つにわかれ、ユリウス・キヴィリスによる「ガリア帝国」構想にもとづく、ゲルマン系民族の反乱、そして、ユダヤ戦役である。キヴィリスによる反乱は、はじめヴェスパシアヌス擁立運動に偽装し、拠点を落としながら、ゲルマン・ガリアに賛同者をつのるという方式ですすめられ、ヴィテリウス敗北後は偽装を剥ぎ取り、民族独立を旗印に、7つのライン軍団のうち6つにまで「ガリア帝国」への忠誠を誓わせるまでに至った。しかし、ローマに入ったムキアヌスが9個軍団をぶつけることを英断、また、ガリアの部族長たちが「ガリア帝国」の構想が「ゲルマン帝国」にほかならないことを見抜き、ローマ軍に協力したこともあって、1年で反乱は収束した。戦後処理は「寛容」路線で徹底し、禍根を残さなかった。ユダヤ戦役の方は結局、神権政治をもとめるユダヤ人の過激派がローマに融合できなかった点が大きな原因である。ヴェスパシアヌスの息子ティトスが軍を率い、ユダヤ側は史家として知られるヨセフスが指揮をした。ティトスは凡将であるが、兵站の点で優位にたち敢闘して、結局イェルサレムを占領した。ヨセフスは奇策でローマ軍を苦しめたが、結局、奇策も種切れとなって、敗北。その後、仲間たちのように玉砕せず、ティトスの友となった。ユダヤ戦役の後、ヴェスパシアヌスはローマで即位する。この人は祖父が何をしていたかも分からない人で、軍団のたたき上げであり、借金をして元老院の議席を手に入れ、選挙にもでて補欠の執政官にも当選した人である。基本的に冴えない人であるが、苦労人であるだけに「健全な常識」の人であり、弁舌はないが憎めない「愛敬」もあった。まず、ムキアヌスの協力で「皇帝法」を作り、皇帝の身分を法的に定め、元老院から弾劾権を奪い、世襲をさだめた。しかし、治世はしごく穏当で、生涯、似合わないことはしなかった。有能だったのは税制の再建で、切れ端の土地を測量して税収を増やすなど、やるべき事をしっかりやった「理想的な国税庁長官」でもあった。また、公衆便所の尿を利用して羊毛の加工をする業者から税をとるなども行った(小便税、いまでもヴェスパシアヌスの名はヨーロッパ語では公衆便所の意味があるそうだ)。「膨らまなかったパン」のような顔をした男であったが、10年間、皇帝をやり、再建の礎を築いた。若い頃、ネロの歌を聞かされている途中で居眠りしてしまい、「もう出世はない」と思っていたのに、なぜか、ユダヤ問題の総督に抜擢されてからの大出世だった。貴族でない人が皇帝についた前例を作ったのである。最期の言葉は「かわいそうなオレ、神になりつつあるようだよ」だそうだ。偉大さにもいろいろあると思う。現在も残るコロッセオを作ったのはヴェスパシアヌスである。

  • ローマ人の物語22冊目。

    やっと半分というところか。
    内容は帝国の辺境でおきた反乱とその対処・皇帝ヴェスパシアヌスが行ったこと。

    前者の1点目はガリア帝国構想をかかげたゲルマン人との戦い。こちらは属州兵の反乱ということで、大きな意味を持つ。素早く適切な対処及び「なにもなかったことにする」「寛容(クレメンティア)」の精神での戦後処理。特筆すべきはやはり「寛容」の処理であろう。ある種の内戦とはいえ、実際に戦った相手に実行するのは難しい。
    2点目はユダヤ戦役。こちらは世界史としては有名になるかもしれないが、読んだ感じとしては”一神教って難しい”のみ。

    後者は財政再建を達成した手法に驚き。
    国勢調査の実施による生産力の適切な把握と国有地の借地料収入の見直しと’小便税?’。


    戦後処理の行い方や財政再建の問題など、現代でも悩んでいる問題の種類は変わらない。人類としてみれば進歩しないのだなという印象を受けた。

  • ヴェスパシアヌス帝の治世。血筋によらないローマ皇帝確立したと言えると思うが、それをきちんと受け入れられたローマ市民、属州民の意識の方が素晴らしいと感じた。

  • 20111217読了。

    ヴェスパシアヌスの皇帝の期間の話。
    ローマ帝国初の騎士階級出身の皇帝。

    この巻で参考になったのは下記。

    ■確定事項を抑えること。不確定事項はあとにまわす。
    戦争でいうと兵器や兵、兵糧の確保など確定事項を大事にし
    精神力といった不確定事項はあとにまわすこと。

    ■明言しないフィルター効果
    食料給付などの福祉を強くすると、その本当に必要でなくとも支援に甘んじる人が生じる。
    しかし、福祉をしないわけにもいかない。
    そのために、見えないフィルターを作った。
    例えば、食料無料給付の恩恵をうけるためには、街中の長蛇の列に並ぶ必要があるようにした。
    長蛇の列に並ぶことによって「長時間の浪費」や「街中で並ぶことにより羞恥心を感じさせる」といった効果によって、不必要な人が受益することを防いだ。

  • ガルバ、オトー、ヴィティリウス。3人の皇帝が次々と倒れた後に

    立ったのは、これまでの貴族階級出身ではなく、軍団叩き上げ

    の人ヴェスパシアヌス。日本流に言えば「平民宰相」というとこ

    ろか。

    しかし、打ち続いた内戦で大きな問題が持ち上がる。ユリウス

    ・カエサルが制覇したガリアで、独立の機運が高まった。

    精鋭と言われて来たローマ軍団は、それぞれが皇帝を擁立して

    ばらばら。しかも、首都ローマでの市街戦でローマの守護神

    ユピテルの神殿が火災で焼失。

    「なんだよ、ローマ軍団それほど強くないじゃん。守護神の

    神殿まで燃えちゃって神々にも見放されてるじゃん。よしっ、

    独立するなら今がチャーンス」

    有力部族の長たちは軍団を編成したばかりか、ローマ軍団

    内部からの反乱も引き起こす。だが、すべての部族がガリア

    帝国の夢に参加した訳ではなかった。

    これまで同様、ローマへの忠誠を誓う部族もいた。これが計算

    違い。でも、反ローマの部族にも親ローマの部族にも「ユリウス」

    の家門名を名乗る人がなんと多いことか。

    それもこれも、かのユリウス・カエサルがガリア制覇の際に自分

    の家門名を大盤振る舞いした結果だ。あっちもユリウス、こっちも

    ユリウス。カエサル、なんと太っ腹。読んでいて少々混乱したけ

    どね。笑。

    そして、ガリア問題と並ぶのがネロの時代からの課題だった

    ユダヤ問題だ。内戦での中断はあるものの、結局はローマが

    勝利を収めるのだがユダヤ人の描写を読んでいると、聖地を

    追われたのは自業自得に思えて来た。

    さて、ヴェスパシアヌス。治世はおおむね善政で終始している。

    健全なる常識を持った人は、この内戦を教訓とし早々に自分の

    息子を後継者として周囲に認めさせる。

    「かわいそうなオレ、神になりつつあるようだよ」

    これまで大病もなく過ごして来た常識ある皇帝は、死・の床で

    呟いた。帝位に就く時に公約した、平和と秩序の再復・維持を

    実現して。

  • ツイッターに書いたメモのコピペです

    この巻では、先の内乱時においてガリア、ゲルマンがどのような状況下にあったかについての記述がなされていました。ユリウスの名を持つ者の反乱、ローマ軍団の敗北となかなかダイナミックでした

    カエサルがガリア人指導者層に対して家門を与えたり、帝政期には元老院の席を与えるなどの恩恵を与えた者が恩を仇で返すともいえる裏切りに対してもお咎めなしと処置するというのはなかなかできることではないですね

    ローマの内乱に彼らを巻き込んでしまったという負い目があったという部分もあるにせよ、です

    やはり、伝統的に前線司令官に無制限の裁量権を与えていたということも興味深いですね。指導部の指示を待っていては時機を逸するということや、当事者同士、戦いの現実を見ている者の方が交渉がうまく行くという理由からなのでしょうか

    ここまで混乱している帝国をいかにして再建するのでしょうか。このまま滅びないという知識はあれど、どのように立て直したのかについての知識は不十分なので、今後が楽しみです

    帝国内では一神教のユダヤ人と多神教のローマ人の信じるものが異なる者達が暮らしていました。多神教のローマ人の帝国とはいえ、彼らはユダヤ人の信じるものを尊重し帝国の秩序を乱さないという制約の下彼らに自治を認めていました

    皇帝となったヴェスパシアヌスにより辺境の争乱の平定や先の皇帝達による放漫財政に起因する財政難の立て直しが行われ、ローマはこの健全な常識人により再建されつつあります

    彼は財政を立て直すにあたり歴代の皇帝がそうしてきたように既存の税金の税率を上げるという安易な策をとることなく、まず国勢調査を実施して状況を把握した後に国有地の賃料をより細かく徴収することによって歳入を増加させようとします

    当時の国勢調査は現在におけるそれとは異なり全人口の調査と彼らの生産手段並びに確定申告を足しあわせたものとでもいうものでした。また、毎年行われるものというものでもなかったので現在の状況に合わせた税金の徴収をするにはこれを行うのが先決です

    因みに既存の税金の税率を上げるということは、暴君と言われているネロですら行っていないものだそうです。増税が市民の反発を招くものなのかはローマ皇帝なら誰しもが理解していたわけですね。もっとも、新たな税金を導入したというケースはありますが

    ヴェスパシアヌスはコロッセオを建設させ、娯楽の場を市民に対して提供すると同時に彼の統治に対する市民の意見を賛成、反対問わず聞き入れるために活用しました。このあたりが「帝政」ローマの特徴といえるのではないでしょうか

    皇帝といえど思うがままに権勢を振るえるわけではなく市民並びに元老院の承認が必要であり、元老院に不信任案を提出されることもあり得る(ネロのように)という政治形態は私の帝政というもののイメージを大きく覆すものです

  • ヴェスパシアヌス帝はなかなか面白そうな感じの皇帝。庶民派な感じがする。貴族階級以外の人が、皇帝になれるってローマ帝国の懐の深さを感じる。あと、この頃からユダヤ民族の問題があったんだ。まあ、この問題は人間が生きている限り、永遠に解決しない気がする。

全45件中 1 - 25件を表示

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)に関連するまとめ

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語〈22〉危機と克服(中) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする