ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)

  • 750人登録
  • 3.82評価
    • (75)
    • (74)
    • (110)
    • (3)
    • (2)
  • 60レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2006年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181776

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書では、歴史を順に追うことから離れて、ローマ帝国のハードとソフトのインフラに関する総括を試みている。

  • 今までの人物フォーカスの物語から離れ、この巻からしばらくはインフラストラクチャに注目。
    ほぼ同時期に西方では街道を整備し、東方では秦の時代に万里の長城が整備された。なぜローマ人は街道を整備したのか。それは彼らの敗者同化政策を具現したものと説く。
    インフラを整備し征服した地域にも利益を享受させることが、不満分子の抑制および非常時に迅速に行動に移すこと可能にするからとローマ人は考えていたからである。事実、カルタゴのハンニバルに攻め込まれた時にもこの街道ネットワークによりローマが孤立無援になることを免れた。
    長期的な視点に立って整備されたインフラは今なお各地でそのコンセプトが残存している。

  • 副題の通り、ローマ帝国のインフラについて焦点をあてる。

    すべての道はローマに通ず、とはよく言ったものであるが著者が言っているように実際は、全ての道はローマから発す。といったほうが正しいように思える。

    古代エジプトやギリシアをみても、都市間に整備された街道を通すという発想はなかったようである。
    これは、整備された街道がもろ刃の剣であることを認識していたからだろう。つまり、戦争時に相手の侵入経路としても利用されてしまう可能性がある、ということである。

    翻って、ローマ帝国滅亡以降、中世ではこのリスクを嫌って都市間の街道は整備するが、わざと曲がりくねって道を作ったそうだ。

    話をローマに戻すが、他者を融和していくという政策を一貫しているローマ人だからこそできた、この「道」に対する思想は非常に興味深い。
    それどころか、街道を整備すること以上にそれらを維持していくということに関しても重要視していたらしい。
    道の土木学的な作り方は本書を見てほしいが、現代の工程とほぼ同じではないか!
    古代ローマにおいては、高度な数学は発達しなかったが、高度なエンジニアリングは発達していたのだ。(話はそれるが、ということは古代ギリシア時代の基礎数学をもってすれば、使い方次第で日常のほぼすべてをカバーできるということだ!)


    ちなみに、ローマでは現代のインフラストラクチャーという言葉はなかったらしい。代わりに「人間が人間らしい生活をおくるためには必要な大事業」というMoles Necessarieという言葉それに近いとのことである。
    ローマ人、畏るべし・・・

  • 文明は常に進歩するのではなく、後退することもあるんだな。特に、宗教がかかわると、客観性が失われ主観が強くなるのか。もちろん、宗教を否定するわけではないけれど。

  • イタリア・クロアチア旅行に持って行った。旅行を楽しむ上でとても役に立った。

  • (2016.08.22読了)(2016.08.18借入)
    単行本では「ローマ人の物語Ⅹ すべての道はローマに通ず」2001年9月刊行、にあたります。
    「ローマ人の物語」Ⅰ~Ⅸは、歴史の順序に従って記述されてきましたが、Ⅹは、ローマ帝国の主要なインフラについて記述してあります。多くの図版や写真も掲載されていますので、今まで10巻のなかでは一番読みやすいかもしれません。
    「ローマ人の考えていたインフラには、街道、橋、港、神殿、公会堂、広場、劇場、円形闘技場、競技場、公共浴場、水道等のすべてが入ってくる。ただしこれはハードとしてもよいインフラで、ソフトなインフラになると、安全保障、治安、税制に加え、医療、養育、郵便、通貨のシステムまでも入ってくるのだ。」(21頁)
    「ローマ人はインフラを、「人間が人間らしい生活をおくるためには必要な大事業」と考えていた」(24頁)
    この巻では、街道と橋について述べています。

    【目次】
    カバーの銀貨について
    はじめに
    ローマ帝国主要街道網
    ●巻頭カラー
    アッピア街道
    各地で築かれたローマ街道
    「タブーラ・ペウティンゲリアーナ」
    クラウディア水道
    各地で築かれた水道
    イタリア本国のインフラ
    イタリア地図(ローマ時代/現代)
    イタリアの遺跡
    ローマ近郊地図(ローマ時代/現代)
    フォロ・ロマーノ
    紀元前六世紀及びコンスタンティヌス帝時代のローマ復元模型
    ローマ市内の遺跡
    ローマ市内の橋
    ナポリ近郊地図(ローマ時代/現代)
    ナポリ近郊の遺跡
    第一部 ハードなインフラ
    1 街道
    2 橋
    3 それを使った人々
    図版出典一覧

    ●街道(81頁)
    まず第一に、軍団の敏速な移動を目的にした。軍用道路としての機能を十分に満足させられるものでなければならなかった。
    第二は、ローマ街道は政略道路であらねばならない
    ローマ街道の特色の一つは、町の中央を通り抜けていく点にあった。
    町の中央を通すことによって、移動するローマ軍団だけでなくその町の住民もまたローマ街道を活用することになることが、街道敷設の目的の一つであったからである。
    ●インフラとは(85頁)
    インフラとは、経済力があるからやるのではなく、インフラを重要と考えるからやるのだ
    ●マイル(91頁)
    ローマ時代の「マイル」とは、「一千歩」に等しい距離のことであり、キロ数に直せば、1.485キロ前後になる。
    ●複線化(111頁)
    複線化とは複数の選択肢を持つことだが、その効力は主として二つの面で発揮された。第一は、自然災害への対策だ。洪水や崖崩れによって一時的にしろ使用不可能になった場合に、選択肢を他にもっているといないとでは、共同体の機能に大きな差が出てくる。第二は防衛上の対策で、敵が一つ押さえても別の街道が使えれば、袋のネズミにならないですむ。、

    ☆関連図書(既読)
    「世界の歴史(2) ギリシアとローマ」村川堅太郎著、中公文庫、1974.11.10
    「世界の歴史(5) ローマ帝国とキリスト教」弓削達著、河出文庫、1989.08.04
    「ローマの歴史」I.モンタネッリ著、中公文庫、1979.01.10
    「古代ローマ帝国の謎」阪本浩著、光文社文庫、1987.10.20
    「ローマ散策」河島英昭著、岩波新書、2000.11.20
    ☆塩野七生さんの本(既読)
    「神の代理人」塩野七生著、中公文庫、1975.11.10
    「黄金のローマ」塩野七生著、朝日文芸文庫、1995.01.01
    「ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日にして成らず」塩野七生著、新潮社、1992.07.07
    「ローマ人の物語Ⅱ ハンニバル戦記」塩野七生著、新潮社、1993.08.07
    「ローマ人の物語Ⅲ 勝者の混迷」塩野七生著、新潮社、1994.08.07
    「ローマ人の物語Ⅳ ユリウス・カエサルルビコン以前」塩野七生著、新潮社、1995.09.30
    「ローマ人の物語Ⅴ ユリウス・カエサルルビコン以後」塩野七生著、新潮社、1996.03.30
    「ローマ人の物語Ⅵ パクス・ロマーナ」塩野七生著、新潮社、1997.07.07
    「ローマ人の物語Ⅶ 悪名高き皇帝たち」塩野七生著、新潮社、1998.09.30
    「ローマ人の物語Ⅷ 危機と克服」塩野七生著、新潮社、1999.09.15
    「ローマ人の物語Ⅸ 賢帝の世紀」塩野七生著、新潮社、2000.09.30
    「ローマ人への20の質問」塩野七生著、文春新書、2000.01.20
    「ローマの街角から」塩野七生著、新潮社、2000.10.30
    (2016年8月26日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    古代ローマの歴史には多くの魅力的な人物が登場するが、もう一つ、忘れてはならない陰の主役が、インフラストラクチャーである。「人間が人間らしい生活を送るためには必要な大事業」であるとその重要性を知っていたローマ人は、街道を始め様々な基礎的システムを整備してきた。現代社会にとっても欠くことができないこれらのインフラは、すべてローマに源を発している。豊富なカラー図版も交え、ローマの偉大さを立体的に浮かび上がらせる。

  • 「ローマ人の物語」の中で唯一、読まなくても良いでしょう。

  •  1992年から2006年までかけて刊行された連作のうちの一冊である。シリーズの他の巻とは異なる構成を採用し、街道、水道、医療、教育といったインフラストラクチャーをとりあげてローマ人というあり方を通観する。文庫版『ローマ人の物語』では<27>と<28>が該当するほか電子書籍としても入手できる。

  • 土木学科の学生として読んだのだが、とても感動した。その理由を探るうち、現代日本と古代ローマの、インフラストラクチャに対する姿勢の違いに行き着いた。

    土木、Civil Engineeringは、現代日本では軽視されがちな分野であると感じている。そもそも、一般市民が土木のことを考える機会が少ない。市民は専門家任せにしてしまっている。そのような状況下で、ときどき市民の耳目に触れるのは次のようなニュースばかりだろう。一部の議員が自分の支持基盤の拡大のため、自らの地方に公共事業を引っ張ってくる。あるいは、お金や工期の不足などから、必要なデータの改ざんや流用をする。これでは、土木業界の重要性や正当性が疑われるのは当然である。そして、このような土木に対する悪いイメージから、土木に対する市民の興味はますます失われる。。。

    一方、ローマ時代の「土木」はより重要性が高く、国家の正当な事業であり、ひとびとの関心も高かった。本文では、
    「ローマ人はしばしば、人間が人間らしい生活をおくることを、文明という一語で表していた。文明を表す言葉はすべて・・・ラテン語の「チヴィリタス」(Civilitas)を語源にしている」
    とある。インフラストラクチュアは、ひとびとの生活のために作られるもので、それ以外のなにものでもない。”Civil Engineering”という名と、「ひとびとが人間らしい生活をおくること」が自分のなかでしっかり結びついた瞬間であった。
    また、このようにひとびとの生活に利する、という明確な理念をもつ事業だったからこそ、市民も当事者意識をもって関われたのだと思う。

    このような根本的な姿勢の違いだけでなく、本書に出てくる具体的な技術水準にも驚かされた。個人的には橋梁が好きなので、古代ローマの橋の絵は単純にきれいだと思った。

  • 古代ローマの歴史には多くの魅力的な人物が登場するが、もう一つ、忘れてはならない陰の主役が、インフラストラクチャーである。「人間が人間らしい生活を送るためには必要な大事業」であるとその重要性を知っていたローマ人は、街道を始め様々な基礎的システムを整備してきた。現代社会にとっても欠くことができないこれらのインフラは、すべてローマに源を発している。豊富なカラー図版も交え、ローマの偉大さを立体的に浮かび上がらせる。

全60件中 1 - 10件を表示

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

塩野七生の作品一覧

塩野七生の作品ランキング・新刊情報

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする