ローマ人の物語〈31〉終わりの始まり〈下〉 (新潮文庫)

  • 642人登録
  • 3.74評価
    • (47)
    • (67)
    • (94)
    • (2)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2007年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181813

ローマ人の物語〈31〉終わりの始まり〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 皇帝は、マリクス・ルスアウレリウスの息子コモドゥスが前巻で姿を消し、この巻はその後の内乱と、セプティミウス・セヴェルス帝を扱う。はじめて聞く名前ばかり。

  • リーダーの物の見方に左右される。独裁はその目も曇らせるのか。

  • 失政を重ねたコモドゥスは暗殺され、ローマは帝位を巡って5人の武将が争う内乱に突入した。いずれもマルクス。アウレリウスの時代に取り立てられた彼らのうち、勝ち残ったのは北アフリカ出身のセプティミウス。セヴェルス。帝位に登った彼は、軍を優遇することで安全保障体制の立て直しを図る。だがそれは、社会と軍との乖離を促すものであった。衰亡の歯車は少しずつその回転を早めていく。

  • 五賢帝後の内乱と収拾。その後のローマの衰退を予感させる。

  • この時代も転勤は頻繁だったやね。

  •  コモドゥス帝の後のセプティミウス・セヴェルス帝の話です。最期の
    「互いのことも考えて,兄弟で仲良く統治するように。兵士たちを優遇し,それが他の何よりも優先することを忘れてはならない。」
    という言葉通り,ミリタリーへの優遇による,ローマ帝国の軍事政権化に大きく舵を切った統治者だったのですが,以降のローマ史を見れば,それが「終わりの始まり」になる決断の一つだったといえると思います。

  • 哲人皇帝の息子コモデュスが暗殺されたあとのローマ内乱からそれを制したセプティミウス・セヴェルス帝まで。

    セヴェルスは東はパルティア、西はブリタニアまで遠征。ブリタニアはカレドニア完全征服を目指したのだから、すごいじいさんです(60歳超えて)。ヨークで病死したあとは、前線に出ていた息子カラカラが早々にカレドニアと講和。

  • 皇帝コモドゥスが殺され、内乱に突入する。世襲ではなく、実力で勝ち取るということは、つまりは内部で潰し合いの下剋上が始まるということ。野生の動物の世界と同じ。優秀な人材も内部の潰し合いで消されてしまい、国家にとって多くの有益な人材も減ってしまうということにもなる。何であろうと内戦を上まわる弊害なしとして、帝位の世襲を選んだ皇帝マルクス・アウレリウスの選択ももっともだ。カエサルが内戦後、消されてしまうはずの人材を可能な限り救おうとしたことも、国家を考えればプラスになるのだった。カエサル自身は、それぞれの”自分の考え”を尊重しただけだったかもしれないけど。
    皇帝セプティミウス・セヴェルスでいったん落ち着くようにみえるが、皇帝マルクス・アウレリウスと同様、結局、家庭内から崩れていくのは悲しい。結局、やっぱり世襲も続かないのだ。
    ローマ帝国が滅んでいくのが見え見えで悲しい・・・
    それにしても、皇帝争いには元奴隷の子もいたりして、実力勝負の軍隊ではどんな家柄でも出世していたところはさすがはローマ帝国だ。

  • 内乱は体力の消耗にしかならない。「決められない国会」なんていうものも,武力の行使は無いものの,停滞しているという点では内乱状態と同じである。

  • 昨年10月から随分とあいてしまったけれど、再開。北アフリカ出身のセプティミウス・セヴェルスの時代。だんだん帝国が崩壊が加速していく様子がわかる。

全39件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈31〉終わりの始まり〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする