ローマ人の物語〈33〉迷走する帝国〈中〉 (新潮文庫 (し-12-83))

  • 602人登録
  • 3.79評価
    • (48)
    • (58)
    • (79)
    • (3)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181837

ローマ人の物語〈33〉迷走する帝国〈中〉 (新潮文庫 (し-12-83))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 次々に謀殺され、目まぐるしく入れ替わる皇帝。
    ゲルマン民族の来襲。
    ササン朝ペルシアの勃興。
    ローマ皇帝の捕囚。

    西暦3世紀中盤、ローマ帝国の危機の深刻化を描く。

  • 迷走するにふさわしく、皇帝がコロコロ変わる。市民の責任能力も落ちてくる。現代に通じる。

  • 皇帝が次から。へ変わっていき、訳が分からなくなっていく。

  • 迷走していた3世紀のローマ帝国に、以外にもマクシミヌスという有能な皇帝が現れたのに、帝国内の政変で元の木阿弥。

    再び帝国は奈落の底へ

    50年100年後に今の日本を眺めたら、同じ光景が見えるんじゃないかな?

    それまで日本国が在れば――だけど 

  • カラカラ帝が東方遠征の最前線で、警護隊長の手によって殺害されるという事件が起こって以降、兵士たちによる皇帝暗殺が相次ぎ、元老院に議席を持たない将官出身の「軍人皇帝」が次々に現われては消える、危機の時代が続く。かくしてローマは政略面での継続性を失い、ついにはペルシアとの戦いの先頭に立っていた皇帝ヴァレリアヌスが敵国に捕縛されるという、前代未聞の不祥事がローマを襲う。帝国の衰亡はもはや誰の眼にも明らかだった。

  • 捕虜になったローマ人が建築水準の高さが
    で今に残る維持を見せたのは、シベリア抑留の日本人の労働に通じる。

  •  タイトル通りの「迷走する帝国」の3世紀中頃の混乱の時代の話です。外的要因と内的要因の両方に振り回される時代ですが,その中でも,「持てる力を継続的に使うことでのエネルギーの浪費の防止」ができなかったことの悪影響が顕著に出てきた時代であると思います。何かにつけて改革のよい面が取り上げられることが多いような気がしていますが,それによって「継続性」が断たれると言うことに対しては,評価をきちんとしておくことが個人にも組織にも大切なことだと思います。
     それにしても,この時期のローマはまさに迷走しており,「帝国はこの時期に,そのまま崩壊したとしても不思議ではない状態にあった」わけで,このような時代に生きた人々は本当に大変だったと思ってしまいます。そのようなところは読むのはつらいところがありますが,それらをもとにした考えるヒントがいくつもあるのも事実だと考えます。

  • もう皇帝多すぎます。
    蛮族の侵入が増えるなか、軍事に長けたものが皇帝に名乗りを上げるも、政治で失敗が大半。

    とうとうローマ皇帝捕囚という事態へ(ペルシア王シャプール1世)。まさしく「終わりの始まり」。

  • う~ん、ローマ帝国ズタズタ、という感じ。皇帝がコロコロ変わって、名前さえ、覚えられない。
    現職の皇帝が捕囚されてしまい、連れて行かれたローマ人が捕虜となり、ペルシアで橋を造らされる・・・塩野七海は、立派な橋を建設することで、ローマの捕虜たちも自尊心を維持したのではないかと書いているが、本当に、どのような気持で、自分たちを捕虜にしている国の橋を作ったのだろうか。
    ローマ帝国、既に、このまま崩壊してもおかしくない状況だけど、これからどやって少し立て直したのだろうか。

  • マクシミヌス・トラクス、ゴルディアヌス一世、二世、三世、パピエヌス、バルビヌス、フィリップス・アラブス、デキウス、ヴァレリアヌス、ガリエヌス。次々と登場しては消えていく皇帝たち。もはや誰が誰だが……、魅力も権威も感じない。おまけにヴァレリアヌスはペルシャ王シャプールによって捕囚されるという前代未聞の不祥事。そして、前例のなかった危機に突入。

全41件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈33〉迷走する帝国〈中〉 (新潮文庫 (し-12-83))に関連するまとめ

ローマ人の物語〈33〉迷走する帝国〈中〉 (新潮文庫 (し-12-83))を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語〈33〉迷走する帝国〈中〉 (新潮文庫 (し-12-83))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語〈33〉迷走する帝国〈中〉 (新潮文庫 (し-12-83))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語〈33〉迷走する帝国〈中〉 (新潮文庫 (し-12-83))はこんな本です

ツイートする