ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)

  • 604人登録
  • 3.83評価
    • (53)
    • (61)
    • (77)
    • (3)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181844

ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲルマン民族の来襲下、パルミラ王国、ガリア帝国に3分割されるローマ帝国。
    皇帝アウレリアヌスによる再統合。
    社会不安とキリスト教の浸透。

    中東の歴史の中でよく出てきたパルミラ女王ゼノビアがここで登場。
    しかし、作者は彼女を不誠実なお調子者と見ていたようで、評価は高くない。

    蛮族の侵入、疫病と戦争、内政不安の中、ローマ帝国は衰退を続ける。

  • 第三章のローマ帝国とキリスト教が興味深い。宗教も人間が必要として生まれたものなのか。「寛容」は宗教に限らず、人間関係の中で重要なキーワードだ。

  • ローマ皇帝が簡単に変わっていく。

  • 古代ローマの死因は無能な皇帝でもキリスト教の台頭でもない。
    ローマは老いて疲弊し、老衰で最期を迎えたのだ

  • 疫病の流行や自然災害の続発、そして蛮族の侵入といった危機的状況が続く中、騎兵団長出身のアウレリアヌスが帝位に就く。内政改革を断行するとともに、安全保障面でも果断な指導力を発揮し、パルミラとガリアの独立で三分されていた帝国領土の再復に成功。しかし、そのアウレリアヌスも些細なことから部下に謀殺され、ローマは再び混沌のなかに沈んでいく。のちに帝国を侵食するキリスト教も、静かに勢力を伸ばしつつあった。

  • 見事皇帝アウレリアヌス。
    キリスト教の分析も秀透。

  •  ヴァレリアヌス帝がササン朝ペルシアに捕らえられてから,ローマ帝国の三分裂を経て,ディオクレティアヌス帝の登場までの物語です。まさにタイトル通りの「迷走する帝国」の最後の迷走までの時期です。ローマが迷走した原因には,外的要因と内的要因がありますが,この時期の話を読んでいると,いろいろと考える要素があります。その中でも,指導層に要求される資質については,混迷の時代だからこそ何が必要なのかを考えさせられました。

     また,最後の第二部第三章の「ローマ帝国とキリスト教」の記述は,塩野さんが,日本人としてローマ通史を書いた意義,と書くと大げさかもしれませんが,その意味合いには,このテーマをこの内容で書いたと言うことがある程度果たしているのではないかなと考えています。決して軽いテーマではありませんが,ローマ人の物語が英訳されて出版されることになったこともあり,何故,キリスト教が誕生から300年を経て無視できない勢力となり,ローマ帝国を「乗っ取ること」になったのかという記述は,「ローマ人の物語」の核(コア)の1つだと考えています。

  • 皇帝の多さと部下に殺されることになる皇帝の多さ。

    一時的にせよ、3分割されたローマ帝国を再統合したアウレリアヌス帝。首都ローマに、新たな城壁を築く。高さ6m。見てみたい。こういうのも、結局は城壁を築かねばならないほど、蛮族の侵入があったということか。

    この巻の後半は、本題から外れて、キリスト教とローマ帝国についての話。キリスト教の信者には悪いけど、一神教が退場していたら、どんな世界になってただろうか。少なくとも宗教争い(からくる紛争・戦争)は減るだろうし。幸せにする人の数と不幸になる人の数がどっちが多いのか微妙なのが、一神教ではないかしら。寛容がそこになければ争い起きるけど、一神教はそのレゾン・デ・トールが他の神の排除。土台無理な話なんでしょうか。

  • ローマ帝国が再度統合される。再統合を実現した、久しぶりにローマ人らしい実行力のある皇帝アウレリアヌスは全くつまらないことで部下に殺されてしまう。その後も、実力派の皇帝、プロブスも部下に殺される。塩野七生は、統治する側と統治される側の距離が、限度を越えて短縮していたことを示している、とし、リーダーは親近感をもたれながら、距離感もいだかせる必要がある、と書いているが、駄目になっていく帝国の不安感の現れのようにも思われる。
    最後の、ローマ帝国とキリスト教、の考察は興味深い。
    これから、キリスト教がどんどん台頭してきそうな気配…

  • アウレリウスがキリスト教のトップはローマの司教と決めたことが、現代においても踏襲されていることが興味深い。

全46件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)に関連するまとめ

ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)を本棚に登録しているひと

ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語〈34〉迷走する帝国〈下〉 (新潮文庫 し 12-84)はこんな本です

ツイートする