ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)

  • 533人登録
  • 4.02評価
    • (57)
    • (57)
    • (42)
    • (3)
    • (2)
  • 38レビュー
著者 : 塩野七生
  • 新潮社 (2011年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101181929

ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついにローマ帝国が終焉を迎える。といっても、劇的なエンディングがあるわけではなく、川面に浮かぶ泡が溶けてなくなるように。あと1冊、きっちり看取ろう。歴史を通読することで、現代に活きる『何か』を掴めるかもしれない。

  • 読書日:2013年6月3日-6月6日
    title in Italiana:ROMANI MUNDI FINIS.
    元老院と市民から委託されるのではなく神意によると定めた事によって無能であっても血の結びつきで皇帝になるから、滅んでしまったのだと感じました。
    滅んだ原因は色々あると考えますが、国教をキリスト教にした事も原因になっていると思いました。

    蛮族にイタリアが蹂躙されてローマ人が止むなく行きついて建てた都がヴェネツィアだという事に驚きを隠せません。
    ルネサンス期辺りに誕生したとずっと思っていたので本当に驚きました。

    そしてカプトゥ ムンディであるRomaの消滅sceneは何とも言えない気持ちになりました。
    盛者必衰とはこの事か、と思わずにはいられません。

  • ボロボロになった西ローマ帝国の476年までを描く。

    あわせて、偏狭なキリスト教が、蛮族襲来と相まって、いかにしてギリシャ・ローマ文明を破壊し、中世の暗黒時代を準備したかを語る。

  • 各々が責任を果たさなくなることによる瓦解。その前に、自分のことしか考えなくなる公共性の欠如。そういうことから徐々に国は衰えていく。それは歴史の中だけでなく、現代にも通じること。

  • 「一国の最高権力者がしばしば変わるのは、痛みに耐えかねるあまりに寝床で身体の向きを終始変える病人に似ている。」

  • 栄枯必衰。その原因は2世紀前のマルクスアウレリウスの時代からじわじわと崩壊がはじまった。

  • 屈辱的な首都の劫掠の後、帝国の本国たるイタリア半島には一時的な平和が訪れた。ガリアでの地歩を固めた蛮族が共食い状態になったためだ。しかし、ホノリウスが長い治世を無為に過ごして死んだのち、権力は皇女や軍司令官の手を転々と渡り、二年にもわたる内戦状態にさえ陥った。そして運命の476年、皇帝が蛮族の手によって廃位され、西ローマ帝国は偉大なる終わりの瞬間をもつこともなく、滅亡の時を迎えることになったー。

  •  1回目の「ローマ劫掠」から紀元476年の西ローマ帝国滅亡までの物語です。坂を転がり落ちていたローマも,フン族のアッティラなどの度重なる侵入を受け,「消え失せる」ときを迎えます。侵入という外的な要因だけではなく,坂を転がっている5世紀に入っても,内乱などの内的要因で,転がり落ちるスピードを増している様子を読んでいると,混乱の衰亡の時期とは,指揮系統や戦略がはっきりせず,外的要因と内的要員の双方から「消え失せる」ところまで,坂を下っていったというようにも思います。ローマという国家に限らずとも,多くの場面で見られることなのかもしれません。

     塩野さんが15年をかけて出版され,執筆はそれよりも長い時間をかけられた「ローマ人の物語」ですが,その中でも,西ローマ帝国の滅亡という重要な場面の描写は,冷静な叙述になっていて,とても塩野さんらしい場面だと思います。

  • ローマ帝国が遂に滅んでしまった。誰一人気づかないうちに…
    それにしても、ローマの危機というのに、それなりにローマを守ってきたアエティウスが無能な皇帝にキレられて、殺されてしまうというのはどういうことだろう…そもそもその前に、有能な武将の二人を争わせて一方を殺させるなんて、自滅ではないか。
    東ローマ帝国と西ローマ帝国の違いは、対処する人が腰を落ち着かせて対処 できたこと、というのも、なんだかタッチの差というか、運命というか。
    また、どちらも、分かれ道となる重要な時期を女が支配していたというのも興味深い。
    東ローマ帝国の実力者だった、皇帝の姉のプルケリアが、それなりに上手く対処し、しかも、弟の皇帝が死んだあとは、自分の権力の障害にならない無能な男を選んだのではなく、それなりの男を選んで、自分の夫として、神意による正統性を裏付けて皇帝にしたのだからなかなかだ。
    唯一の条件が、自分は神に貞潔の誓いをした身だから寝床を共にすることはできない、というのは、ちょっと笑った。
    しかし、全般的キリスト教の雰囲気がして、その派閥の争いも絡んでいたりして、なんだかやはり、もはやローマという感じがしないなぁ…

  • 蛮族による「ローマの劫掠」が行われ、国境はおろか、首都ローマさえもその略奪の対象となった紀元4世紀中ごろ。西ローマ帝国に限れば、ここから476年の滅亡までにひっきりなしに皇帝が変わり、でも今までのような皇帝の役割を果たすものは誰一人といなく、混乱に混乱を重ねた状態になる。
    明確なローマ帝国滅亡の年は定まってはいないが、それは蛮族に侵略されて陥落したものではなく、属州の反乱で国が瓦解したものでもない。自然と、誰も意識することなく、ローマという1200年以上の覇権国家はその姿を消した。
    カルタゴを滅亡させたローマ総司令官スキピオ・エミリアヌスの言葉が象徴的。

全38件中 1 - 10件を表示

塩野七生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)の作品紹介

屈辱的な首都の劫掠の後、帝国の本国たるイタリア半島には一時的な平和が訪れた。ガリアでの地歩を固めたい蛮族が共食い状態になったためだ。しかし、ホノリウスが長い治世を無為に過ごして死んだのち、権力は皇女や軍司令官らの手を転々と渡り、二年にもわたる内戦状態にさえ陥った。そして運命の四七六年、皇帝が蛮族に手によって廃位され、西ローマ帝国は偉大なる終わりの瞬間をもつこともなく、滅亡の時を迎えることになった-。

ツイートする