接近 (新潮文庫)

  • 114人登録
  • 3.68評価
    • (12)
    • (19)
    • (22)
    • (4)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 古処誠二
  • 新潮社 (2006年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101182322

接近 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • P177
    沖縄を舞台にした 日系アメリカ兵との スパイ絡みの小説。

  • 古処氏のルールを読了して、すぐに手に取った作品。
    ルールよりさらに薄い文庫本。
    軍隊の構成や沖縄の地理など勉強不足で読みづらい部分もあったが、読了してみればルールと同じく重量感のある素晴らしい作品。
    弥一少年の純粋さゆえの接近が悲しい。
    古処氏のほかの作品もぜひ読みたい!

  • 【本の内容】
    昭和二十年四月、アメリカ軍が沖縄本島に上陸したとき、安次嶺弥一は十一歳だった。

    学校教育が示すまま郷土の言葉を封じて生きる彼の前に、同じく郷土の言葉を封じたアメリカ人が突然日本兵の姿で現れる。

    本来出会うはずのなかった彼らは、努力をもって体得した日本の標準語で時間を共有し、意思を伝え、距離を詰めていく。

    人の必然にしたがって、相容れない価値観は「接近」した。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    とても淡々と進行していくような雰囲気だったのですが、読み手を突き放したような視点で描かれたものではなく、むしろ戦争をテーマにした事で静かに迫り来ます。

    緊張感やどうしようもないジレンマと思いが満ちていました。

    日本兵、米スパイ、沖縄の住民達が抱えるそれぞれの個人的な葛藤や国家や村などの集団になったときの葛藤が、リアルに表現されていて、この作品を単なるミステリではなく、もっと複雑なものをもったものにしています。

    個人的に残念だったのは、少年の繊細で純粋な心ににスポットが当たっている分、その他の人物の心描写がやや少なく思えるため、どうしてそのような行動をとってしまったのか等想像や考えだけでは少しだけ納得に至りませんでした。

    それはミステリということに主眼を置いているからなのかもしれません。

    それでもなお、これだけ心に残っているのは。

    この作品の持つ力のような気がします。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 冲绳县民,因为生活,为北美和南美,夏威夷移民的人多。日系美国人作为间谍被派出了到冲绳。如果没有危险给(对)别人施给,有危险的话从别人夺去普通的人。伪善者。

  • 戦時下の沖縄を知りたくて読んだ。
    研ぎ澄まされた文章の中に、信頼を裏切られた少年の思いが強く強く伝わってくる。
    共に郷土の言葉を封じ、懸命に覚えた日本の標準語を話す少年とスパイ兵、二人が出会い接近してゆき、そして思いもよらない悲しい結末へと向かう。

    私の理解力不足で、序章の部分の主格が、誰なのかが分からずに読み進めたため、
    終盤で戸惑ってしまったのが残念で★3ですが、もう一度読み返したら、★4か5になると思う。

  • 一度読んだら決して忘れられない傑作。再読。
    再読して初めてこれは「七月七日」の舞台であったサイパン島に続く物語なのだと知った。
    この作品の舞台は沖縄本島。読後に受ける衝撃は、結末を知っているにも関わらずまったく同質のものであった。
    最前線の物語でないにも関わらず、戦争というものがもたらす人間性の断絶というものが信じられないほど克明に描き出されている。
    だのになぜか、これを戦記物とか戦争小説とかに分類するのはためらわれる自分がいる。少年の「信じていたのに」という言葉と、それに続く選択は、あまりにも文学的であるから。

  • 接近しすぎ。悲しい接近。

  • <沖縄戦>
    これは本当に、読み終わったあと衝撃が体を突き抜ける本です。
    叫びだしたくなるような、かきむしりたくなるような。デイゴの花、というものが島民にとってどんな意味を持っていたのか、恥ずかしながら知らずにいました。
    視点の多い、そして冷静、一筋縄では考えをまとめさせてくれない苦しさ、じゃあ自分はどうだ、と問いかけられる部分。まだ答えることが出来ない。あなたはどこからきたのですか?
    ふと、読み返してまた苦く閉じる。そんな本です。

  • 戦争ものを書いたときに感じる、埃の臭いや汗や緊張感がすごい。
    『ルール』やその辺が好きな方にはお勧めの一冊

  • 080901 (n 090309)
    090806(s 不明)

全22件中 1 - 10件を表示

古処誠二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

接近 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

接近 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

接近 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

接近 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

接近 (新潮文庫)はこんな本です

接近 (新潮文庫)の単行本

ツイートする