知ろうとすること。 (新潮文庫)

  • 1891人登録
  • 4.19評価
    • (245)
    • (233)
    • (95)
    • (13)
    • (4)
  • 271レビュー
  • 新潮社 (2014年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101183183

知ろうとすること。 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011年に起こった東日本大震災から4年が過ぎたが、福島原子力発電所に残された被害の修復には、まだ多くの時間を必要とする。

    一方で、つい先日も日本製食品輸入に関する新たな検査表示規制を要求するなど、科学的根拠のない風評被害が続いている。

    著者である物理学者の早野氏は、震災直後からツイッターを立上げ、福島原発での被害状況や影響度を、客観的な事実の蓄積で外部に発信し続けてきた。早くから早野氏の活動をフォローしてきた糸井氏との対談。

    客観的事実も人による感情、非論理的行動で歪められてしまう。理屈は分かっていても行動は・・・という事だろうか。それ故、科学者は信頼できる客観的事実を公表し続けなければならない。

    科学的判断も限界があり、限られた制約条件の中での真実であることを理解しなければならない。早野氏も多くの場面で迷いがあった。しかし地道な事実の蓄積と検証を止めることはなかった。

    多くの情報が瞬時に手に入る中で、ニュースソースも多様である。時にセンセーショナルで興味を引く題材のみ取り上げられたり、エキセントリックな表現が人目を引いたりはするが、そんなときでも真実を「知ろうとすること」を基本スタンスとして忘れないでおこう。

  • いまだに「福島産」というだけで拒絶する人がいる。福島に近いというだけでも拒絶反応を示す。スーパーで「茨木産」という表示が増えたのを見て「福島産を隠すための陰謀だ」という。国や電力会社の発表する数字は信用できないと自分たちで計測している人もいる。がれき処理の持ち込みに断固反対している人もいる。
    そういう人たちを見て、私自身どう判断していいのかわからなかった。大雑把に「大丈夫だよ」と言ってしまうのも違う気がするが、だからといって、わけもわからず「なんとなく怖い」というだけで右往左往するのも嫌だ。
    この本を読むと、「冷静に判断する」とはどういうことかがわかる。「冷静に怖がる」とはどういうことかということもわかる。
    計測して出てくる数字はただの数字で、それをどう読むか、どう受け取るかで全然違ってくる。
    危ないものをすべてゼロにせよ、という願望は、感情としては理解できなくもないが、やはり無茶な要望だと思う。そんなに危ないのが怖いなら生きるのをおやめなさいな、と言いたくなる。
    さまざまなリスクとどう折り合いをつけていくか、どれを避けて、どれは受容するか。そういう判断を「科学的な態度」というんだろう。
    この地球に生きている、というのがどういうことなのか、落ち着いてよく考えた方がいい。そのための方法や考え方を、この本は教えてくれる。

  • 気になってたこの本。本当に読んで良かった。

    もう10年以上前だけど『海馬 脳は疲れない』を読んだ時も同じような興奮と感動があったなぁ。と思い出した。

  • 有事の際の素人の心得は信頼できる専門家、メディアを見つけることだろう。そして信頼性の判断軸の一つが「ヒステリックに騒いでいない」こと。逆に一番信用できないのが「大騒ぎする素人の方々」。そういう方々は、自我までゆらいでいるように見える。

  • 「知らない」と「知っている」この雲泥の差。
    そして、知っていてもなんとなくできないことがある。
    本屋さんで積んである雑誌の2冊目を取ってしまうこと。
    でも、知っていれば、そのうち2回に一回は一番上の雑誌を手にするかも・・・。これが雲泥の差なんだと優しく丁寧に伝わってきました。

    伝えるのに「言葉」は本当に必要ですが、それに人の納得が加わるには事実という要件も必要なのですね。
    いろいろわかると共に、わからないことも一つ。
    データでいろいろ危ない物質の量が少ないのはわかったのですが、大きな事故がありながら、どうして少なくてすんだのかはわからなかった。理由もわかるといいのにな。
    そして、物理学者という人のアタマの構造はもっとわかりませんでした。紙には書けないけど数式として答えが出る・・・????うーん、違う人種ですね。
    でも、とっても興味ですし、面白いとは思いましたが。

  • 無意識のうちに塞き止めていた福島に関する情報を、3年と半年を経てやっと更新できた。それもまた、すごく確実に。しばらくは本棚に戻さず、持ち運んでいたいなぁ。
    (文中の言葉の交差ひとつにしても、早野さんの説く科学的な確信でグッと安心、もうひとつ糸井さんのすごく人間的なユーモラスでホッと安心だったり。個人的にはそういったとこも魅力的だったな。)

  • 「地球はまあるい」

    実際に見たひとはほんのわずか。
    見てきたひとが言ったんだし映像もあるしせんせいからもそう教わったし。
    だからわたしたちはまあるいと思うことにしている。

    わたしたちは、往々にして体験していないものを実体験したような感覚になり信じて知識にしているものがたくさんある。

    2011年3月11日以降、わたしも科学的な言葉がどんどん入ってきてただ悪い方向ばかり想像していたひとのひとり。

    だからこそ読んだ。

    起きてしまったことはしゃーない。
    ここから未来をまた築き上げていこう。
    スキャンダラスではないほうを選ぼう。
    そう思わせてくれた一冊。

    斜め読みしたので、今度は時間をかけてゆっくりと読むことにする。

  • 福島の人たちの被ばく量が十分に低いと確信できた。それは逆に言うと、被ばく量が高い可能性はかなり高かったということで。
    その数値的な危機感は、当時のメディアの馬鹿騒ぎみたいなものからは全く伝わってこなくて。
    この本を読んで改めて、福島の人たちが無事で本当によかった、と思う。

  • きちんと根拠を持って恐れなければならない。
    知ろうとする努力を怠ってはいけない。

    例えば、週刊誌を買う場合、一番上にあるものではなくて、ついその下の2冊目を手にしちゃうことがある。一番上の本が汚れていれば別だが、明らかにきれいな本があるときにも、2冊目をとってしまう。これは誰でも経験があることだと思う。また、絶対切れない振り子で、10m先までは届かないような振り子の先に包丁をつけて振り子を揺らし、その10m先にたつ。なんだか立ちたくないと感じる。地上に置いてある20cm幅の平均台はどうってことなく渡れるのに、地上100mのところに20cm幅の平均台をおかれると、やはり渡りたくない。
    これら、非科学的なことは、我々の中に普通にあるし、それを否定できるものではない。
    福島県産とそうではない野菜があったときに、科学的には福島産でも大丈夫なのに、まぁ違う方を買っておこう、と言う行動と良く似ている。だから、そういう風評被害とか、差別につながりそうなことを自分もやらかしそうだという自覚をしっかり持った上で、できれば大切な判断の時には、『汚れていないなら一番上の本を買う』と言う行動をとりたい。で、正しい方を選ぶっていうときに考え方の軸になるのは、やはり科学的な分析・知識だと思う。
    科学的に大丈夫だからって安心できないっていう気持ちは必ずある。でも、そんな時でも科学的に正しいことを選びたい。

  • きっかけは小さくても、自分を発信し続けることで想像もできない未来が広がることもあると、早野さんの話を読んで思う。そこには誠実さが一貫してあるからこそ、人が集まるのだろう。自分もそうありたい。

全271件中 1 - 10件を表示

早野龍五の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
ほし よりこ
有効な右矢印 無効な右矢印

知ろうとすること。 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

知ろうとすること。 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知ろうとすること。 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知ろうとすること。 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

知ろうとすること。 (新潮文庫)の作品紹介

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学を読む力の大切さ」を早野と語る。未来に求められる「こころのありよう」とは。文庫オリジナル。

知ろうとすること。 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする