残るは食欲 (新潮文庫)

  • 745人登録
  • 3.68評価
    • (35)
    • (77)
    • (85)
    • (8)
    • (0)
  • 92レビュー
著者 : 阿川佐和子
  • 新潮社 (2013年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101184555

残るは食欲 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新潮文庫の100冊の一冊。表紙がおいしそうでつい購入してしまいましたが、考えてみると阿川さんの本は初めてでした。立ち読みの時点で読みやすかったのですが、毎日少しずつ読むのが楽しくっていい気分転換になりました。

    スランプになったり天才か!って思ったり、失敗したり一回作ると同じものは二度と作れない…とか、共感する部分が多くて、ひとりで笑う(不気味…)ことがしょっちゅうでした。

    様々な食関係の由来がサラッと書かれていて、「オー、御御御付け」なんかは、郷里の祖母を思い出して懐かしい気分になりました。根が食いしん坊なので読んでいるとお腹が減ってきて、私もゆでたジャガイモでギュイーーン料理作ろう!と思ったのでした。面白かった。


    2017年積本消化27冊目。

  • 久々に佐和子さんの本を読む。いいですねぇ。文章のゴロというか、語感、表現から単語まで、自分がこう書きたいという思いとまさに同じなのである。

    食べ物への愛着や、料理展開も私好み。エッセイで読む限り、とても多くの共通点を共有していると思うのですが… 世が世なら、是非とも三顧の礼をもって奥さんとしてお招きして、面白い夫婦生活を送れていたのでは?とも思うのですが… ただ、当方、ノッポの女優さんの年季の入ったファンなので、途中で浮気なんかして修羅場となっていた恐れもあります (フムフム)。

    この手の空想は昨日今日始まった訳ではないのと、空想である事理解してますから大丈夫です (何が大丈夫なのか分かりませんが) 。何れにせよ、是非お一人様のお食事から解放してあげるお手伝い位はさせて頂きたいと切に願っております。ご馳走しますので如何ですか?佐和子さん?

  • 語り口が滑らかでとても読みやすいエッセイ。これくらい肩の力を抜いていいんじゃないかなと思わせてくれる。
    残るは食欲といいながら、執着しすぎないのもいい感じ。
    新しいことを取り入れたり、アレンジしたりする姿勢もすてきだなと思う。

  • 食べたいものがあれば幸せ。

    軽快に、食に対する喜びを綴ったエッセイ。共感できるところもたくさん。表紙のケーキがとても美味しそう。昔は食べていたけど今は食べないお菓子とか、誤解していた果物とか、読んでいるうちに私も食べたくなる。

  • 読んでみると、「作ってみようかな?」へぇーなるほど。となることが多い。するするーと読めました。阿川さんの他の食の話も読んでみたい。悪友と呼ぶ檀ふみさんとの本も読みたくなった。

  • 読むとお腹が減る本。阿川佐和子のエッセイは軽〜い気持ちで読めるので好き。また檀ふみとリレーエッセイしてくれないかなー

  • 阿川さんがクロワッサンに連載していたエッセイの文庫化。一つ一つのエッセイが軽妙で力を抜いて楽しむことができた。人間誰しも食欲はあるけど、食いしん坊の方が人生は楽しいんだろう。かくありたい。
    こども電話相談室のようなtipsもいい。

  • 星3つだけど、それは感動!とか読後に考えさせられる、とかがないからであってこの本は大好きです!!!
    エッセイって軽く読める分、作者の書き方とか考え方が面白くないとあんまりハマらないんだけど、阿川さんの遣う言葉が上品で可愛らしくて、楽しく読めちゃう。「どうじゃ?」とか笑

    テーマも食べ物だから、共感できることが多いし。

    何が心に残った、とかはあんまりないんですが、料理の失敗も成功もつまっていて、癒される本でした!阿川さんの本、また読みたいな。

  • 常に次のごはんのことを考えている私にとってぴったりの本。容易に料理が想像できて唾液が止まらない!雑誌での阿川さんのエッセイを読んだことはあるけど、本を読んだのは初めてで。(これもクロワッサンのエッセイのまとめではあるが)さくさく読めて、息抜きに最適。疲れたときに読んで食の世界に入っていきたい、、、。

  • 1遍5頁ほどの食欲増進エッセイ。どの話を読んでも食べたくなる。
    なんでもたくさん食べる阿川佐和子からは、健康的で素敵な人柄が滲み出ている。
    お気に入りは「一丁の至福」「未練ケーキ」「情熱果物」「かしわいずこ」。

全92件中 1 - 10件を表示

阿川佐和子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

残るは食欲 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

残るは食欲 (新潮文庫)に関連するまとめ

残るは食欲 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

残るは食欲 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

残るは食欲 (新潮文庫)の作品紹介

幼い頃から食べることが好きだった。母手作りの素朴な家庭料理を、家族で囲んだ温かな食卓――。大人になった今は一人で作って一人で食べて「私は天才かっ」と一人で叫ぶ。季節外れのローストチキン。深夜に食したホヤ。カビの生えたパンだってちょいちょいっと削れば、あら美味しい。少し孤独。けれど食欲全開、今日も幸せ。雑誌「クロワッサン」の連載をまとめた極上の食エッセイ。

残るは食欲 (新潮文庫)のKindle版

残るは食欲 (新潮文庫)の単行本

ツイートする