僕は模造人間 (新潮文庫)

  • 441人登録
  • 3.55評価
    • (48)
    • (42)
    • (121)
    • (14)
    • (0)
  • 57レビュー
著者 : 島田雅彦
  • 新潮社 (1989年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101187013

僕は模造人間 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かなりこじらせている。

    昔の自分に当てはまるところも結構あったげと、ここまでではない。

    懐かしい気がした。

  • 32歳の誕生日に合わせて再読。読むのは10年ぶりくらいか? うーん。面白いんだけど、切実な迫り方はしなかったなぁ。それは、自分も歳をとったということだろう。何にせよ人生を茶化すことに一生懸命な主人公のそこはかとない哀しさがいい。旅立つ前の手紙の詩の部分は、やっぱりいいな

  • 久しぶりに再読。ホント面白く読める。当時根こそぎやられたことがよんでいてよくわかる。ぼくの基礎がここにある。

  • 本当の自分なんてあるのだろうか?
    「自分探し」なんて言って、何か見つけて帰ってくるのだろうか?

    主人公、あくま一人。
    生まれながらにして、倒錯した運命を背負った彼の青春の物語。
    何だか、人ごととは思えず。
    時には自分のことのように思えて、失笑…
    笑えるけど、ホントは笑ってられない自分にふと気付く。汗

    ミシマを、刀で自慰行為に耽るオナニストと断罪し、
    その一方、自分は穂高岳の岸壁に挑戦し、命をかけた自慰行為に耽る有様。

    自分を見つめ直すなら、まずこの一冊から。笑

  • 嗚呼素晴らしきジャパニーズ変態文化。畳の匂いがしそうな陰欝で滑稽なエロス。たまらない。

  • いい感じの腐れ具合。
    最終章で若干勢いが落ちたかもしれない。
    ちずるが出なかったからかもしれない。

  • 主人公の頭がパーン┗(^o^ )┓三

  • 軽快で毒がある。毒がある人間にドロップキック。でも確固たる自分があるわけじゃない、とうまくまとめられない。
    とかく軽快で、自分と反対で面白かった、とだけ。何かの折に読み直すと得るものがあるのかもしれないが、今しか読めなさそうという気もする。ひとまず、童貞への観察力には舌を巻く。

  • これを読んで僕は島田雅彦のすばらしさを知った。以前に何冊か島田氏の小説を読んでいたのだが、それほど心に来なかった。しかし、この「僕は模造人間」では、もう、心打った。描写がよく、ポストモダンチックである意味では村上春樹に似ているなあと思った。音楽的で、色彩豊かな、一人称視点。――模造人間を通して語られ、象徴される、自立と心の葛藤。若者の悩み、そういったものが作品から漏れ出していて、おもしろいとおもった。これからも島田氏の小説を読もうと心に誓ったのであった。

  • 昔の中二病かな…。偽悪というより1人自意識過剰なアクマくん。わざわざ空気を読まない生き様はキモチ悪い。「模造人間」という言葉は面白かったです。模範的~の他にも、今はいろいろ言葉がある。典型的~とか、~系とか~っ子とか。その言葉通りに自分を模造していく。模範(コピー)を作るのも、個性(という多様なコピー)をつくるのも同じ模造かもしれない。さて、受け入れたアクマくんの今後やいかに。内情はともかく、結局中二病こじらせてますけどね。

全57件中 1 - 10件を表示

島田雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
三島 由紀夫
安部 公房
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
安部 公房
島田 雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印

僕は模造人間 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕は模造人間 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕は模造人間 (新潮文庫)の単行本

ツイートする