エトロフの恋 (新潮文庫)

  • 163人登録
  • 3.42評価
    • (12)
    • (13)
    • (47)
    • (3)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 島田雅彦
  • 新潮社 (2007年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101187129

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
安部 公房
安部 公房
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

エトロフの恋 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今回は、カヲルが択捉にたどり着いた所からの話。前二作よりは読みやすかったが、一々話すセリフがクサすぎて、クサッとなった。魔方陣グルグルならギップルが悶絶してしまうだろうな、なんてことを考えた。

  • 婚活にオススメな小説で、見かけたと思う。

    間違えて、3巻から読んだ。

    好きだった人が天皇と結婚してしまった。
    失恋した、主人公の男、カオルは、エトロフに行く。

    予言とか、現実身がなくて、面白くなかった。



    本文最後

    『あなたは心から会いたいと願っている人に会うことができます。その人もまたあなたにあいたがっているからです。



    もう少し先のことです。森で会うでしょう。』



    パパとも、先に、また再開するのかなあ。
    ただただ、暇つぶしのように、人生を生きればいいのか?

  • 無限カノン三部作の最後。
    前二作の二人称の語りとは違い、カヲルの一人称で語られる。
    命がけの恋を失った後、なんだかんだで妻子を得たがその後、商売道具である歌声を失いどん底へ。偶然にも旧友と再会し、なぜかエトロフ島に住むことになる。そこで現実離れした人々と出会い交流を深めていく中で自身も悟りの境地に至り、それまでの苦しみから解放される、失ったはずの恋によって。
    正直な感想としては、この三作目は必要だったのか?と言うか、こういうカタチでしか決着できなかったのか?と思ってしまう。
    恋を失った後が端折られ、妻との出会いや生活も端折られているため、歌声を失った後、何故妻子の元へ戻れなかったのかが理解できない。
    エトロフ島でも若い女性に恋をし、一方で不二子のことも引きずっている。妻子が蔑ろにされている感じがちょっと受け入れ難い。

  • 無限カノン第三部。第2部の終わり方からは予想外の展開。史緒も不二子も現れず。カヲル、エトロフ、ニーナ、マリア、コースチャ、ヴォトカ、エルム爺さん。男性機能が復活を遂げたのだ。

  • 前二作に比べると、場所もストーリーも随分遠くに行ってしまったなという感じ。カヲルさんの語り口も悪くないけど、前二作に慣れていたので、取っ付きにくかった。不二子本人が出なくても構わないが、絡む部分がもっとあれば良かった。ラストのパートをもう少し読みたかった。それでもこの三部作は、とても読み応えがあり、恋愛の切なさをひしひしと感じさせてくれます。

  • すべてが終わったあとにようやく物事は語りだされる。
    何故なら物語には始まりと終わりがあるからで、
    終わらなければ語られない。

    ゆえにここでは死者の物語しかない。
    生者はまだ語るための終わりを迎えていないのだと。
    そうして、無限カノンはここに来て豊かなどん詰まりを迎える。

  • 私はこの『エトロフの恋』を無限カノンと切り離して読めればすごく好きなのに。どの国家にも属さない、現世と彼岸との間に浮かぶメランコリーの孤島。そこに住む人々の孤独、灰色の海と森との共存のあり方に静かに深々と浸ることができた。追憶を語り合うことで生活を土着する人々の清廉さに心を寄せることができた。だから最後にこれは無限カノンが内包する物語なのだと覚醒した瞬間、なんだか私は興醒めしてしまったんだ。革命の引き金となるような恋なら既に歴史上あるだろう。それらを倣うほどの恋の引力を二人の間に感じることはできなかった。

  • 三部作の中では、圧倒的にこれが好き。

    なんだかんだ最後まで読んじゃったけれど、
    恋愛をする自分の中心にある、埋められない孤独?
    っていうのが、一番きちんと書かれている気がする。

    これ1冊を読むために、前の2冊があったのかも。

  • 野田カヲルとその一族の恋を描いた「無限カノン」の最終章。
    がらりと変わって50代になったカヲルの一人称で描かれる。不二子との永遠の恋を抱えたまま、なぜか底なしのメランコリーだけがあるエトロフへ旅に出たカヲル。
    第一部、第二部に比べて観念的で、ちょっと退屈してしまった。しかし逆に第一部、第二部が苦手だった人はこちらの方が好きになるかも。

  • 三部作まとめての感想です。

    連作の恋愛もの大作というので、きっと三島を意識してるんだろうなと思っていたら、のっけから豊饒の海から引用してあって、やっぱそうだよなそうでなきゃ島田雅彦じゃないよなとか思いつつ読み進めたわけですが。これが、あの、あくまで個人的主観ですが、あんまりつまんなくてビックリした!(失敬)。え、これホントに島田さんが書いたの?どうしちゃったの?という感じで、まあ恋愛ものというのがそもそもこの作家に向いてるか否かといえば明らかに否、だと私は思うので。いや酷かった。まあ男性が思う恋愛と女性が思う恋愛は違いますから、上手い下手じゃなくて単にどこにも誰にも共感できなかったのでした。

  • 無限カノン3部作の最終刊。
    うーん、いままでの1,2部作が好き過ぎた分、語り口が変わってしまったのに馴染めず。内容も起伏に乏しい。ラストも暗示的すぎてここまで読み進めた分に相当するカタルシスが感じられなかったかなー。

  • 3部作の最終話だということに読み始めてから気づいた。

    過酷な環境に身をおいて、自分と、そして愛と向き合う。
    その過酷さが択捉という舞台で描かれていて、
    それはそれは生々しく、そして暗い。

    べったりとした印象で、これはこれで1つの話が完結しているように感じた。
    よくも悪くも1部から読もうという気にはならない。

  • 急に語り口が変わってびびったとともに、ちょっと読みずらさも一瞬感じたけど、なかなかカオル誠実じゃんと思いました。おそらく男としての機能を失ったカオルに好感を持ち、カオルの意外な誠実さにも好感を持ったんだと思う。

  • そこは、困難な恋を戦った者を待ちうける約束の地なのか。不二子をうしない、天賦の美声も奪われたカヲルは、生ける死者として最果ての島にたどり着く。すべてが終わったかにみえた刹那、奇蹟の恋はカヲルの前に最後の扉を開いた…。百年四代にわたる恋の遺伝子の行方を、日本近代史のなかに描く史上最強の恋愛三部作「無限カノン」。恋に倦んだ大人たちを挑発しながら堂々の完結へ。

  • 本の舞台にここまでマッチする場所ってあるのか(ないだろう、みたいな。)
    ほんとに。ほんとにエトロフじゃないといけなかったんだろうなぁ。
    住んでるのか死んでるのか、いや繰り返しているのか、それこそ無限ループ。
    私は一生都会に生きたい。

    そして3部作通して。
    遺伝てこえー。

  • 島田雅彦氏の作品です。
    3つの小説ですが、無限カノン三部作として副題が与えられています。


    『蝶々(ちょうちょう)夫人』をご存知でしょうか。
    蝶々夫人はマダムバタフライの邦訳タイトルです。『マダムバタフライ』という小説は弁護士
    ジョン・ルーサー・ロングが1898年にアメリカで発表した作品。
    とゆらはこの作品に触れるまで、『蝶々夫人』の名前を聞いたことがあるという程度でした。
    この小説『蝶々夫人』は後に、プッチーニによって2幕もののオペラとして発表されますから
    こちらでご存知の方の方が圧倒的に多いことでしょう。

    この『蝶々夫人』のストーリーは長崎が舞台です。
    没落藩士令嬢の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇なのですが、島田氏
    の『無限カノン三部作』はまさにこの続編とも言える作品です。

    蝶々の遺児、ベンジャミン・ピンカートン・ジュニア(ニックネーム\"ジュニア・バタフライ\"
    略称J.B)の母との死別・米国へ引き取られるところからストーリーが始まります。

    JB、そしてその子供である野田蔵人、更にその子供の野田カヲル、そしてその子供である椿文
    緒へと物語りは伝えられます。JBから数えて4代の一族の物語。そしてこの物語は、4代目の
    椿文緒がストーリーを追う形として進められていきます。

    2冊目の『美しい魂』では物語が大きく変容し、3冊目の『エトロフの恋』では静かにうねる
    ようにラストに向かっていきます。

    物語が壮大すぎて一冊ずつを切り出すのも、まとめてご紹介するのも難しい作品ではあります
    が、先を読まずにはいられないという衝動に駆られた久々の作品でした。

  • この作品を単独で読めるかといえばどうかと思い、また、無限カノン3として読むのも、少しの違和感があるけれど、おそらく、成仏させるための作品なのだろう。だからこそ、書いておかなければならなかったはず。平野啓一郎のいうように、「読まない」という方法もあり。

  • 研修期間中しか読めないだろうって事で、通勤電車で読了。
    そして3部作完結。

    この3部作の評価はおおむね高いみたいですが、僕はこの第3部に余り高い評価をしていません。

    3部作と言う全体の括りで見れば島田雅彦という作家が現在の持てる力を全て惜しみなく発揮した作品と言うことで評価できるとは思いますが、どうも3部作の締めくくり方、ストーリー展開に首を傾げてしまいます。

    カオルをエトロフに「島流し」せずに、日本で戦わせて欲しかった。

    いや、まぁしかし「恋」って素晴らしいけど危険で最高に困難で、でも素晴らしってことを再確認できるって意味では良い小説でした。

  • 無限カノン3だけど、これだけ別モノとしても読めるな。エトロフはまさにグレーのイメージそこに、細い細ーい希望がある、のかな?何があってここに来たか、とかこのさきどうなる とか は付け足しか?

  • 「死者と夢は同じ成分でできている」

  • 想像もつかない、北国での暮らし。
    不思議な力をもつ人々との出会い。
    恋に振り回された一族の、終着点。

  • 「無限カノン」シリーズの第三作にて完結編。もはや悟りの境地。

  • 無限カノン最終部。
    「美しい魂」でクライマックスを迎えた物語は、「エトロフの恋」でそれを静かに終結しようとしている。そこに物足りなさを感じるか、安心感を感じるかは読み方次第。
    舞台であるエトロフのイメージが、物語全体に暗い影と独特のひやっとした温度を与え、荒涼とした風を吹かせている。それはカオルの心の風景でもあるのか。
    恋が静かに燻っている。

全26件中 1 - 25件を表示

エトロフの恋 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

エトロフの恋 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エトロフの恋 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エトロフの恋 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エトロフの恋 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

エトロフの恋 (新潮文庫)はこんな本です

エトロフの恋 (新潮文庫)の単行本

ツイートする