向田邦子の恋文 (新潮文庫)

  • 411人登録
  • 3.70評価
    • (32)
    • (59)
    • (59)
    • (7)
    • (2)
  • 54レビュー
著者 : 向田和子
  • 新潮社 (2005年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101190419

向田邦子の恋文 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「まいったなぁ。」

    これがこの本を読み終えて、真っ先に出てきた言葉だ。

    これは向田邦子さんの妹、和子さんの著書である。
    四人きょうだいの末っ子である和子さんが、世間では有名な脚本家だった
    邦子さんのことを少しも脚色せず、ただただ妹として、
    不幸にも飛行機事故で急逝した姉の人生に向き合っている。
    物書きとしては素人の和子さんが、丁寧に書き綴っている。
    そのことがとても胸に迫って、たまらなくなった。

    「まいったなぁ」

    わたしもいつか死んだあと、思い出したり振り返ったりされることになる。
    その時に近しい人たちが、誇らしく、愛おしく、思い出すことが嬉しくなるような
    そんな人生を歩んでいくようにしよう、だなんて思ってしまったではないか。

  •  読んだとき、とてもショックを受けたのを覚えています。
     妹さんがこんな私的なことを明かしていいのかと。
     若かったので、邦子さんのイメージが崩れたとおもったのか。

     今では、この向田邦子さんだから、あの短編集の数々があると思っています。

  • 妹の和子さんから見たお姉さんの姿。長女として母からも「娘でありながら、それを超越していた」と言わせるほど凛として「できた長女」だった家族の中での向田邦子さん。愛するN氏との書簡のやりとり。愛する人を失った廃墟のような喪失感さえエネルギーに変える。死ぬことは容易いこと、でもだからこそ向田作品の中の登場人物はもがきながら「生きて」いる。
    飛行機事故で亡くなったが、その前に乳癌と血清肝炎を患い、入院していた際に書いたのんきな遺言状———父の詫び状の背景を知ると、大好きな作品たちが、さらに味わい深く感じる。知れば知るほど、向田邦子という人がとても好きになる。

    ——————————————
    秘密のない人って、いるのだろうか。誰もがひとには言えない、言いたくない秘密を抱えて暮らしている。そっとして、こわしたくない秘密を持ちつづける。日々の暮しを明るくしたり、生きる励みにしたりする。そんな秘密もある。秘密までも生きる力に変えてしまう人。向田邦子はそういう人だった、といまにして思う。
    ——————————————

  • トットチャンネル以降、向田邦子さんを読んでみたくて、小説とこちらを選んだけのだけど、最初に読むにはセレクトを間違えたかもしれない。

    人の秘め事を明かすなんて、という抵抗感みたいなものはたしかにあったけど、全然それだけではなくて、でもそれ以上でもなくて。
    なにより向田邦子さんという人となりの凄さがあますことなく伝わってくる。

    内容という意味だけでなく、初っ端からとんでもないものを読んでしまった感じ。

    なんて人なんだろう。若いときに読まなくてよかった。

    なにかを読んでこんなに心がザワザワドキドキしたの久しぶり。もっと読みたい。エッセイでも小説でも。どうしよう。

    太田光さんによる後書きまで素晴らしいです。

  • 素敵な話です。
    向田邦子も素敵だけど姉妹の絆も感じる一冊です。とてもオススメ。

  • 表紙の写真が美しいのは、愛する人の前だったからなんでしょう。強くて優しい人だったと思いました。向田作品が好きな理由が分かったような気がします。航空機事故での訃報のニュースは今でも心に残っています。秘めた思いと周りへの思いやり、細やかな心遣いとユーモア。毅然とした才気をひけらかすことなく、皆独りで抱えてふっと消えてしまった人という印象がでした。

  • 妻子のあるN氏へ宛てた手紙とN氏の日記。

    いかにも男性の記した無骨な日記と
    反対に、N氏への手紙は少女のようでドジな向田邦子

    向田さんは、この二人の間の秘密を公表されることを
    望んでないように思えた。
    ひっそりと誰にも知られず秘密を持ち続けていたなら尚更

    向田邦子作品は、一度も読んだことが無いので
    これを機に読んでみたい。

  • 向田邦子やっぱりいいなあ。

  • 愛の言葉を紡がなくても愛を伝えることは出来るんだなあ、とつくづく思う。N氏にあてた手紙の中にたくさんかわいいが詰まっている。

  • 向田邦子という女性はなんとミステリアスな女性なんだろう、と思う。それは向田邦子の死に様がそう思わせるのかもしれないし、向田邦子というその人自体がそう思わさせるのかもしれない。向田邦子は生涯独身だった。けれども彼女の心の中には決めた相手がいた。その相手は人に言えるような相手ではなく、ただ2人きり、秘密をかかえながら、お相手のN氏が病気で亡くなる迄支えあった。そんな2人の恋に彼女の強さといじらしさに読んでいて涙が溢れた。またいつか読み返したい一冊。

全54件中 1 - 10件を表示

向田和子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

向田邦子の恋文 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

向田邦子の恋文 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

向田邦子の恋文 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

向田邦子の恋文 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

向田邦子の恋文 (新潮文庫)の単行本

ツイートする