思い出コロッケ (新潮文庫)

  • 68人登録
  • 3.18評価
    • (2)
    • (4)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 諸田玲子
  • 新潮社 (2012年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101194332

思い出コロッケ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読者の年代によって評価が分かれると思う。私はぎりぎりオッケーな年代。すごくストライクな作品もあってドキリとした。

  • 諸田玲子氏は時代小説しか書いていないのかと、思っていました。
    コロッケ、黒豆、パエリア、ミートボール、すき焼き、シチュー、ペリーニ、の7話も現代小説。

    昭和の時代を、舞台にと、書かれている。
    今の時代では、どう対応するだろうか?と、思ってしまう。
    夫婦、親子、家族、友人、とのつながりが、描かれているが、どれも最後まで描かれていない。
    しかし、結論は、出ている。
    答えは、一つでしょう。と、、、、

    でも、やっぱり、諸田氏には、時代小説が、良い。

  • 概ね面白く読めましたけど、わざわざ「昭和感」をだそうとしている気がして、そこがひっかかりました。食べ物も全部今も食べられているものなんだし、現代小説でいいじゃないか、って思いますけど。

  • 年末年始にお読みになることをお勧めします(^^)
    昭和60年代(80年代ではない)の空気感、たっぷりです。

  • 向田邦子へのオマージュというだけある
    昭和な作品

    向田作品好きには涙が出る内容です

  • まさに向田邦子譲り。

    昭和の香ってことですが、私には主人公たちの行動や考え方がイマイチ理解できないですね。若過ぎるのか私・・・

  • タイトルに惹かれて購入しましたが、全体的にコロッケに関係のまつわる話しかな?と思ったことなど分からない点があった。レビューに年代によって…とありますがまさにその通りでしたね。私には少し難しかったです…。

  • 著者も意識的に書いたと思われる向田邦子テイストの短編集。すごく似てるようだけど、短編それぞれのラストの余韻の部分が向田さんに比べると差を感じる。比較して読んでみると面白いと思う。

  • 「シチュー」に☆5つ。

全11件中 1 - 10件を表示

思い出コロッケ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

思い出コロッケ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

思い出コロッケ (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

思い出コロッケ (新潮文庫)の作品紹介

美人でもなく、賢そうでも若くもない女に惹かれ、家を出た夫。あの人となら暖かい家庭を築けると思ったのに、なぜ-。知人の電話から、夫婦関係の冷たさを思い知る(「コロッケ」)。不倫に疲れ、帰省した先が出会った事件から、まっとうな家族の温かさと女の独り身の侘びしさに気づかされる(「黒豆」)。昭和を舞台に大人の恋、男女の情愛、そして家族の真実を描いた静謐な七篇。

思い出コロッケ (新潮文庫)はこんな本です

思い出コロッケ (新潮文庫)の単行本

思い出コロッケ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする