智恵子抄 (新潮文庫)

  • 2045人登録
  • 3.86評価
    • (359)
    • (210)
    • (468)
    • (17)
    • (3)
  • 306レビュー
著者 : 高村光太郎
  • 新潮社 (2003年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101196022

智恵子抄 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私の1番好きな本です。
    高村光太郎が妻・智恵子を思って書いた詩集。
    出会ってから亡くなってしまっても。
    有名な詩ですが「あどけない話」が好き。
     智恵子は東京に空が無いといふ、
     ほんとの空が見たいといふ。

    智恵子のように純粋になりたい。。。

  • チープなラブソングが交差点に吹きだまるこのご時世。恋なんて愛なんてそんなもんだと思ってましたが、どうやらそうでもないらしい。この詩が教えてくれました。誰かを愛したくなる詩です。

  • 彫刻家である高村光太郎の妻智恵子への深い愛とやがて精神が蝕まれる智恵子への深い哀愁の念が全編にわたり貫かれている美しき魂の遍歴。悲しき現実と智恵子の妻として人しての美しさがひしひしと伝わってくる。人を愛することがここまで稲妻のように強い思いの楔を人に打ち込むのか。

  • 妻への深い愛情を感じた。人はこんなにも愛し合うことができるものなんだなあ。

  • 著者の死んだ妻智恵子について描かれた詩集です。著者の妻に対する愛とやさしさを感じると共に、死んでもなお夫に愛される幸せを感じました。

    九州大学
    ニックネーム:川島太一郎

  • たまにこれを読まないと心が曇るのですよ

  • 智恵子さんへの愛の詩集です。切抜絵を拝見しながらページを進めるとよいです。 ぱぴい

  • こんなにも人を愛することができるのだろうか。
    今風に言えばニヤニヤが止まらない。
    好きがダダ漏れ作品。

  • 写真の前に挿した桜の花かげに
    すずしく光るレモンを今日も置かう
    「レモン哀歌」

    元素智恵子は今でもなほ
    わたくしの肉に居てわたくしに笑ふ。
    「元素智恵子」

    高村光太郎の愛情溢れる詩の数々。智恵子の臨終の瞬間を描いた「レモン哀歌」も素敵ですが、死別してから十年以上経ってから書かれた「元素智恵子」はすごいです。光太郎の永遠に変わらぬ愛に心打たれるとともに、あまりの気持ちの強さにちょっと引きもしました。なんだかお話しみたいです…

    その壮絶さに反して、語る調子はあくまで冷静かつ美しく、精神力のある人だなと感心しながら読んで居ただけに、草野心平の回想は刺さりました。
    「ね、君、僕はどうすればいいの、智恵子が死んだらどうすればいいの?」
    とは…悲痛というよりない。

    ところで、Wikipediaによれば智恵子の命日はレモン忌と呼ばれるそう。梶井基次郎も檸檬忌なんですが、漢字かカタカナかで区別するんでしょうか。
    それに梶井基次郎もそうでしたが、やはりレモンはそっと置くもののようですね。そのまま食べることは少ないですが、不思議な魅力のある果物です。

  • 高校時代に購入。
    模試で「レモン哀歌」に衝撃的に出会い、試験中にも関わらず涙が止まらず、試験にならなかったという…

全306件中 1 - 10件を表示

高村光太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
三島 由紀夫
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

智恵子抄 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

智恵子抄 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

智恵子抄 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

智恵子抄 (新潮文庫)の作品紹介

附録: 悲しみは光と化す (草野心平著 147-163p)

智恵子抄 (新潮文庫)の単行本

智恵子抄 (新潮文庫)のKindle版

智恵子抄 (新潮文庫)の文庫

ツイートする