鋼鉄の騎士〈下〉 (新潮文庫)

  • 65人登録
  • 3.47評価
    • (11)
    • (7)
    • (12)
    • (5)
    • (3)
  • 12レビュー
著者 : 藤田宜永
  • 新潮社 (1998年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (752ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101197135

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

鋼鉄の騎士〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 上下巻、合わせて約1500ページ。
    第二次世界大戦直前のフランスを舞台に、各国のスパイ戦が激化する中で(!)一人の青年がカーレーサーを目指す青春小説(合ってるかな?)
    しかも、彼は貴族の息子でありながら左翼運動で日本に居られなくなり、渡仏先でもスパイの嫌疑をかけられ、命を狙われながらもレースに参加するという、波瀾万丈すぎるストーリー。
    主人公の「革命とレース」に惹かれるという気持ちにイマイチ共感できなかったのだが、何故か、ラストの一般道でのレース中、一瞬分かった気がした。
    義正、シュミット、ベルニーーニの対決、ブガッティで揃えてくれたのは嬉しいサービスだった。
    とにかく、いろんな事件がありすぎてコメント仕切れないが、日本の諜報活動は、ドイツやソ連のスパイ相手では自殺行為だったのではないだろうか。
    在駐武官の仕事は、実際どんなものだったのだろう?興味が湧く。
    二重三重スパイ疑惑で、登場人物皆が怪しく見え、緊張続きで何とか読み終えた。…疲れたが面白かった。

  • 歴史冒険ものとして、秀逸なスリルがある。スパイものと自動車レースとが見事に絡み合って、渾然としてラストに収斂する。長さはまったく感じず。

  • 主人公の義正は、下巻に至ってもますます周りの過剰なサポートを受ける。脱獄とかレースに関係ないことが色々あって、最後にいきなりGPに出場する(資格とか要らないの?)。愛人は勝手に身を引いてくれるし、意中の令嬢は勝手にパリに来てくれるし、父親とも和解できたし、本当にこの人は持っている。極貧から徒手空拳で成り上がった北野晶夫の苦労を思うと、不憫である。そもそも義正が四輪レースに夢中になった動機が一目惚れとしか描かれていないのが弱い。最後に須崎老人が解釈して見せているが、到底納得できるものではない。

  • スパイが入り乱れる様子や、自動車レースに賭ける熱い思いが伝わってくる。
    人間関係も複雑に絡み合うので、混乱して登場人物表で確認したりして読んだ。
    面白いことは、面白いのだけど、ちょっと詰め込み過ぎの感がある。
    この長さにするのなら、本の厚さをもうちょっと考えて欲しかった。
    「ソロモンの偽証」みたいに文庫化の時には1章を上下巻に分割するとか。
    本が重くて長い時間読むと腕が痛くなり首筋が凝ってきて辛かったです。

  • 鋼鉄の騎士<上>のレビューご参照。

  • やっぱ長いよ~。
    中身が詰まりすぎて、何の話なのか
    読んでてイラっとしてしまった。

    途中途中を斜め読みで終了。
    もちっとシンプルなのが好きだな~。

  • 良かった! やっぱり時代背景と舞台設定がいい。さらに共感しちゃう青年主役と、彼に吸い寄せられる仲間達が登場する。この生命を何に使うのか? もう読み進むこと間違いなしかと。東西スパイ戦も絡み、物語ラストはレースさながら疾風怒濤のごとく読み終えました。良かったー!

  • カーレースが好きなので、本書は最高に面白かった。

  • つまらないほどではないけど、さほど好みではない。
    印象にも残らなかった。

  • 感想は上巻に記載してます。

  • うん、これは面白かった。でも長くて登場人物が多いので、短期間で集中して読むべし。

全12件中 1 - 12件を表示

鋼鉄の騎士〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鋼鉄の騎士〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鋼鉄の騎士〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鋼鉄の騎士〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする