春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)

  • 268人登録
  • 3.74評価
    • (24)
    • (43)
    • (47)
    • (2)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 宇江佐真理
  • 新潮社 (2003年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101199214

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 青春小説でしょうね。どこか間抜けな、でも人の良い五郎太と紀乃の恋愛物語です。
    なんだかフワフワして、徹底的に軽い。そのせいで後には残るものは無いけれど、楽しく読める娯楽小説と言うところでしょう。

  •  この著者安定の市井もの。友人の水茶屋で代書屋のアルバイトをしながら御番入り目指して学問吟味試験勉強に励む五郎太をめぐるエピソード。五郎太もそうだが脇役が中々粒ぞろいで、そのやりとりだけで楽しめる。気の強い母親の里江が犬猿の仲の嫌味な平太夫に切る啖呵など胸がすく。めでたく試験に合格して望みの娘を妻に迎えるに至るハッピーエンドの最終話はまあ予定調和というところだが、一つ前の「千もの言葉より」がホロリと泣かせる。

  • 時代小説なのに、剣豪が主人公で無く、この本は代書屋が主人公である所が面白い。

    村椿五郎太のご先祖は、農民であったが、徳川家康の家臣に使え主の姓名の村椿を承るが、数代前の先祖が、料理屋に刀を忘れると言う失態から、小普請組に落とされてしまった。
    それが、ズ―っと尾を引いて、いつまでも小普請組で、幼馴染の紀乃とも結婚が出来ないのである。

    小普請組は、職禄が、つかないので、生活は苦しい。
    武士の内職として、代書屋をするのだが、、、学問の吟味に合格の暁には、、、結婚出来るのを夢見ながら、勉学に励む。

    恐れ入谷の鬼子母神で、おなじみの大田南畝(蜀山人)も出てきて、この当時の、不穏な政治の在り方も、少し記載されている。
    勉学が出来、秀才であろうが、武士の世界も大変なようであったのが、小説の中で触れている。
    蜀山人の本も、読んでみたいと、思った。

    又、五郎太が、男であり、武士なのに、涙を見せるのは、、、少し意外だったが、喜怒哀楽が、表現出来て面白かった。
    汚名返上で、見事、結婚出来た事に、ホッとした。
    努力が実るって、素晴らしい。
    我が胸にも、春風が吹いた気になった。

    宇江佐真理氏のこの本の題名に、「春風ぞ、、」の「ぞ」にこだわりが、あり、「春風は、、」でも無く「春風は、、」でも無いとのこだわりは、本の最後に書かれているので、、、読んだ人は、、、「ぞ」と、した所を、考えて欲しい。

  • 2000年12月刊。2003年10月文庫化。小説新潮 1999年02月号、06月号、11月号、2000年03月号、06月号掲載の5編の連作短編。無益の武士五郎太の人情話。再読ですが、とても楽しめました。大団円というのが良いです。読んでは、思い出すという感じになりました。続編「無事、これ名馬」も読みたくなりました。

  • 【本の内容】
    村椿五郎太、25歳。

    先祖の不始末といまいち野心に欠ける遺伝子が災いして、うだつのあがらぬ小普請の身。

    目下の目標は、学問吟味に合格して御番入りを果たすこと、なのだが、文茶屋での代書屋の内職も忙しい。

    そんなのんびり男を焦らせたのは、幼なじみの紀乃。

    学ならずんば、恋もままならず―。

    どうする、五郎太!

    代書屋に持ち込まれる騒動、そして一進一退の恋と学業の行方や如何に。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 面白かった。
    人と人との繋がりがどんどん五郎太を育てていく。
    応援したくなる内容だった。

  • 代書(手紙の代筆)で小遣いを稼ぎながら学問所に通い、学問吟味に合格して御番入りを夢見る五郎太。マイペースだった彼も幼馴染と結婚の約束をして奮起するものの、やっぱり合格の自信はない。

    そんな彼が、学問所の教授や昔の手習いの師匠、幼馴染、つきあいで行った吉原の花魁などにふれあううちに、成長していく物語。
    子供の頃はとても大人に見えた師匠が、本当は年相応に悩み苦しんでいたこと。真面目な教授が、かつて吉原で一世一代の恋をしていたこと。

    学問所の外でも学ぶことはたくさんあることに気づいた五郎太は、最後は夢を果たします。
    特別大事件があるわけではなく、さらりと読める一冊です。

  • さすが宇江佐さん。安定してとても楽しく読めた。
    五郎太がとても人が良く、周りの人も人がいい。伝助、彦六さんがよかった。
    五郎太のような真っ直ぐで素直な思いやりのある武士は素敵だ。

  • 「無事、これ名馬」の太郎左衛門の両親の祝言までの話

    村椿五郎太は、無役の小普請組から出世する為に難関の学問吟味合格を目指す。

    学問吟味を突破して御番入りすることは、幼馴染みの紀乃との祝言の条件でもあり励まぬわけにはいかない。

    内職の代書屋のに持ち込まれる数々の騒動が五郎太の人生を変えていく。

  • L おなじ作家の話で「ぷりぷり」が出てくるのテンションがあがる。こちらにも出てきてかわいいぞ。
    「五郎太は うほッ と歓声を上げて、その場で飛び上がった」
    かわいいぞ。
    学生時代にこれを読んでいたら、ちったぁマトモになっただろうか。


    それにしても宇佐江さんの話、最後にその人の人生を一気に語ること多くありませんか。出世したのはわかったけど、その間の五郎太の気持ちをしりたかったわ。

全30件中 1 - 10件を表示

宇江佐真理の作品

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春風ぞ吹く―代書屋五郎太参る (新潮文庫)の単行本

ツイートする