あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)

  • 591人登録
  • 4.01評価
    • (46)
    • (72)
    • (37)
    • (4)
    • (0)
  • 71レビュー
著者 : 彩瀬まる
  • 新潮社 (2015年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101200514

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
三浦 しをん
辻村 深月
西 加奈子
朝井 リョウ
彩瀬 まる
有効な右矢印 無効な右矢印

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 通勤用の文庫本を昼休みに読み切ってしまって「帰りの電車で読む本がない!」と焦って職場近くの本屋で適当に表紙の気に入ったこれを購入。なんの予備知識もなかったけれどこれは「当たり」だった!

    28歳、実家暮らし、男性経験なし、ドラッグストアの真面目な店長・梨枝さんが主人公。タイトルにもなっている、蜘蛛を殺せないパートのおじさん柳原さんが最初に登場するので、おじさんとの不倫の話?と思ったら、おじさんは若い女と早々に退場、代わりに入ってきた二十歳の大学生アルバイト三葉くんのほうが恋のお相手でした。

    といっても、メインは年下彼氏との恋愛よりむしろ、梨枝とその母親との関係性。女手一つで兄妹を育ててくれたこのお母さん、けして客観的にみて悪い母親ではない。外で働きながらも家事は手を抜かず、料理上手でお掃除も完璧、どこへ出しても恥ずかしくない娘に育てるべく、非常にきちんと躾をしてくれた・・・にも関わらず、これがじわじわと、いわゆる一種の「毒親」であるという・・・この「じわじわ」感が、なんともいえず怖い。わかりやすい虐待、暴力や罵倒があるわけではないし、一見二人は上手くやっているように見える。自身も会社員だった母は洋服や化粧品を娘のために買ってくれたりもする理解ある母でもある。だからこそ、真綿で締め付けるように毒が染み込んでくる感じ。一人暮らしを決心した梨枝にこの母が吐いた言葉は、愛情ではなくいっそ呪い。

    そして、母親の支配から逃れたいと思いながら同時に彼女を憐れむ梨枝の、年下の恋人に対する愛情表現が、自分ではそれと意識せずにだんだん母が自分にしていたことと似てきていることに、読者のほうが気づいて不安になる。梨枝は母親のせいで自己肯定感が薄い子だけれど、とても真面目で、けして器用ではないけれど手を抜かない真摯さがあり好感が持てるだけに、アドバイスしてあげたくてそわそわしました(笑)

    最初のうちは若い子特有の残酷さが怖い気がした三葉くんも複雑なトラウマ持ちだったり、同じように母に反発しながらも可哀想な女が好きな兄、その兄と結婚した幼馴染の病弱な雪ちゃん、嫁が来て孫が生まれたことでおこる母の変化、ドラッグストアの客で薬物依存のバファリン女など、登場人物は誰しもちょっとづつ病んでる感があるけれど、基本的には支え合い向き合う努力をしようとしているところが前向きで読後感も良かった。

    はじめて読む作家さんだけど、エピソードの重ね方、キャラクター造形に過不足がなく適切で、なんというか、もうちょっと掘り下げると重くなったり嫌悪感に繋がったりする、すれすれの部分で踏みとどまっている感じが非常に上手いなと思いました。

  • なるほど、「神様のケーキをほおばるまで」も良かったけど、こっちの方がよく出来てるわ。
    綾瀬まる、味わえる小説かける人やなぁ。

    28歳女性、引っ込み思案のドラッグストア店長が、バイトで入ってきた若い男と恋仲になる。次第に距離を詰めるまではエエ展開だが、付き合いだして同棲して、入れ込み過ぎて、過干渉で、距離をおかれる。

    筋だけ書くと、どっかにあったような小説みたいだし、現実にもこんなのいっぱい転がってそうな話である。それが綾瀬のペン(じゃないやろけど)にかかると、不思議な味わいの小説になる。味付けの基本は娘依存症的な主人公母の存在。この人が主人公の人生を大きく覆う傘となっていて、雨を防ぐつもりが日光すら当たらなくさせてしまったこと。

    大切な人に徹底的に干渉したい、という欲求は誰しもが少なからず持っているものだと思う。若いうちはその欲求に振り回されて、自分も大切な人もワチャワチャになって、結果ギクシャク。そういう苦い経験を踏まえて人間は成長していくもん…

    なはずが、主人公母のように成長しきれない人はたくさんいるんだろうなぁ。我が子であれ大切な恋人であれ、過剰に関わるのは不幸の元なのだということ。子供はいずれ巣立つものだし、恋人は所有物ではない。人間は一人では生きていけないものだけど、インフラ整備状況としては一人で生きていく程度の整備はされている(現代日本)。

    大切なもの(人)との関わりに、どれだけ上手に距離を置くか。近づきすぎると見えなくなるし、近眼になって本当の姿を見えなくもなるんやで。
    若い頃なら分かっていなかった間合いの大切さが、苦い経験を経てちょっと分かる歳になったことで、この小説をしっかり味わえた。

    綾瀬まるは…中年殺しなのかもしれない

  • 恋愛部分だけクローズアップするとただの夢見がちなファンタジー?とすら思えるリアリティのなさなんだが(そこがキュンキュンしてアラサー女としては魅力を感じるけど)、主人公含め登場人物が抱えている家族に対する複雑な感情や歪みがみごとに「恋愛」と絡み合っていて、読んでいて重苦しく、息が詰まるような緊張感が絶えることのない恋愛小説。
    28歳独身、処女、実家住まい、強烈なデキた母からの呪縛に雁字搦めにされて、判断力が育たない、カーテンひとつ、スカート1枚選ぶにも素直な自分の欲求と向き合えない、おどおどした女。
    そんな彼女と一見対極的な明るく素直な大学生バイトの三葉くんと付き合うようになり、自分の感情を冷静に見つめられるようになる。
    母親と口論できないあの感じ、すごくよくわかるよ。

  • 今読むべき本だと思った。
    書かれていたのは紛れもなく私で、誰かのように思えた。ずっと疑問に感じてた「かわいそう」という言葉。独りであることの寂しさと強さ。上手く説明出来ないけれど、そういった誰もが持ってて、隠してる恥であり人間くささが、この本の私が思い出させてくれた。

  •  蜘蛛・・・という語感がまず、薄暗さやうそ寒さを思い起こさせる。「蜘蛛を潰せない」人の話は導入部分でしかないんだけど、なぜ潰せないのか、と考えた時に挙げられる、弱さや優しさ、あるいは遠慮や逃げといったことが物語の背景にずっとある。
     母娘、恋人、姉弟といった一対一の関係の中に、どんな想いがあり、どう変化するものなのかが描かれている。あなたとはもう関わらない、とばっさり切り捨てることが難しい関係。
     登場する中で、私にとって一番実感から遠かったのは梨枝の母娘関係。母、紀子の放つ言葉は一瞬「ひどい」と感じる反面、どうしても裏に愛情があるように思えて、受け入れなくてはいけないような気にもなる。「賢い娘さんはみんな結婚までちゃんと親元で育つの。それが常識なの」なんて言われたら・・・。
     親の愛情ってどこまで踏み込んでいいんだろう、子の自立ってどういう状態だろう、と考える。

     自分の足が太いかどうかすら、よくわからないのだ・・・と梨枝が考えるところも、印象に残った。どうでもいいと追い払うことも、なんとかしようと乗り出すこともできずに「薄い闇」のなかをさまよっている事柄・・・私にも、あるような気がする。なぜ決めきれないかといえば、やっぱり梨枝が気づいたように「みっともないのは嫌だと思っている」からだ。
     でもそれについて深く考えようとすると、自己嫌悪に陥るばかりで苦しいから、つい目を背けてしまうんだよなぁ・・・。

  • 蜘蛛を見つけた時に、どうするのか。つぶせる人、つぶせない人、逃がす人、色々いる。どの人も不器用な気がするお話。
    2017/10/16

  • 読んだのはもう2年前ぐらいになるけれど、思い悩む若い女性の心を引き寄せて、過去に何度か疾走したことがある柳原さんの印象が強烈で、未だにそのシーンだけを振り返って読むことがある。閉塞感から疾走してしまいたいときが、私もたまにある。さしてドラマチックな物語ではないけれども、ふと共感したさに思い出してしまう。

  • ぎゅっと心を掴まれて、
    それはとても苦しくて、

    そして、そっと軽くなった。

  • 2017/8/17
    読み始めてこれは嫌いなタイプかも…と思ってたけどどっこい途中から来た来た来た!となりました。
    梨枝の危うさと年下の彼氏が信じられず、もうこれは絶対ぶっ壊れるパターンやとびくびくしながら読んだし、実際途中ぶっ壊れたなと思ったんだけどそこからの立て直しが人間ってすごいなとまで思えるものだった。
    みっともないの呪縛は日々感じるし、かっこ悪くなりたくなくて本音をセーブしまくる人生だから刺さるわー
    誰にも本心を明かさないけどわかりあいたい欲求はある。本心って何かね?とも思う。
    大丈夫なふりしてるけど大丈夫じゃないこともいっぱいある。でも結局は大丈夫やん?とも思う。
    みんなあるんかな。
    あるんやろうな。
    わかりあいたいって人類最大の願いなのかも。
    とか言葉にするのは難しいけど色々考える素晴らしい本だった。

    読み終わってすぐ上の文章を書いてお風呂入ってまだ考えてた。
    私は自分をコントロールできない女が出てくる話が苦手なのかな?と。
    コントロールできてなさそうな女が嫌いなのかな?
    男でも嫌いやけど男の場合はコントロールできてないと犯罪者になりそうね。
    自分はコントロールできてるつもりやけどホンマに?何ができてたらコントロールできたと言えるのか?怒鳴り散らしたりしないけど食欲を抑えたり運動したりはできないわけでそれでコントロールできたとはおこがましいとか際限なくておもしろい。

  • 掴めにくいけど心が掴まれそうな表現や例えは絶妙です。「ちゃんとしなさい」の呪縛に囚われている自分の人生にも共感できる。。。

  • ストーリー性という点では物足りなさを感じた。一方で心情の機微は、表面的には平凡であろう登場人物たちを豊かに表現していて良かった。著者の他の長編も読んでみたいと思う。

  • 善いことも悪いことも、自分の行動がその後の全ての事象に結びつくわけじゃない。起こることは起こる。無作為に、無慈悲に、すべての因果関係をまるきり無視して唐突にやってくる。だから、適度にコントロールして、適度に仕方ないかと折り合いをつけていけたら楽になるんだろうか。適度に、適度に。それが一番難しいから、梨枝さんも悩んでるんだよね。

  • “女による女のためのR-18文学賞”の読者賞を受賞した経験のある作家で、ねっとり生々しい系を思わせるタイトル。さらに帯には「椎名林檎絶賛」の惹き文句があり、ドロドロした話を想像していたら、意外に清々しい物語でした。

    主人公の梨枝はドラッグストアの店長を務める28歳、独身、処女。母と二人暮らし。6歳ちがいの兄はとっくに家を出て、弟は赤ん坊のときに死亡。大変なときに出張中だった父は、母から責められることに耐えられなくて離婚。以来、梨枝は「かわいそうな」母のそばから離れられずにいる。「かわいそうな」はずの母だが、ばりばり仕事をして住宅ローンをひとりで返し、料理の腕前はプロ級、部屋には埃のひとつもない。梨枝のやることなすことに文句をつけては「みっともない女になるな」と言う母。考えればつらくなるだけだから、「私は頭が悪いから」と自分に言い聞かせて事を荒立てないように済ませてきた梨枝。そんな梨枝が勤め先にアルバイトにやってきた大学生、20歳の三葉くんに恋をする。初めて母に抵抗し、一人暮らしを始めるのだが……。

    母との葛藤が重くなりすぎない程度に細やかに描かれているほか、兄や義姉、恋人、ドラッグストアの従業員や客との関係が面白く、梨枝がやっと自分の殻を打ち破りかけた終盤は時折涙を誘われます。

    食べ物や料理が大切な役割を果たすところを含め、瀬尾まいこが好きな人ならば本作も好きなのでは。この年代を過ぎた女性にお薦めしたい作品です。

  • 今の自分に丁度ぴったりの本だった

  • 28歳実家暮らし、処女。
    同居の母親とは共依存関係に陥っていて自立できていない。。

    「母親がしんどい」を気持ち良いほどよく表している描写に、さくさくと読むことができた。
    登場人物もこんな人いるなぁっていう人が多く、細かい設定に人間味がとてもある(三葉くんのような青年は思い浮かばなかったけれど)。
    主人公が若いながらも部下を育てたり、仕事に奮闘するシーンもリアリティがあってすごく好きだ。自分のふがいなさに悩んだりすることって仕事や恋や、家族関係に対して絶対誰にでもあるに違いない。

    そんな部分を、繊細に表現した素晴らしい作品だと思いました。
    劇的な何かが起こるわけでもないけど、そんな平坦ささえも微笑ましかった。

  • 最近人気の女流作家さん、て感じの内容。

    一応仕事があって、それなりにやっていけてるけど、人とのコミュニケーションが得意ではなくて、でも不思議と男性関係は描かれて、救いがあろうとなかろうと、とりあえず微妙に成長したような気がする女の人を描いた仄暗い小説。

    うわ、めっちゃ大雑把にまとめてしまった。

    でも、彩瀬まるさんの選ぶ言葉とリズムが好きで、結構入り込んで読めてしまったから不思議。
    まぁ、出て来る人が皆病んでいて、かと言って何か大きな事件が起こるわけでもないところは、ずーんとしんどくなる。

    そういえばタイトルは最初の方に出てきた紳士を指しているのだろうけど、何故これをタイトルにしたんだろう。。。

  • ワクワクするようなキャラクターはいない。けどそれが1番人間味を現していて深く考える。人間ってめんどくさい。めんどくさくてしんどくて面白い
    個人的にバファリン女の話も読みたかった
    2017.3.29
    11

  • 何度も読みたくなる1冊。
    母に言い返せないという点。
    母が言っていることざすべてが正しいと思う点。母のために生きてしまっていることが、良いことなのか悪いことなのかわからなくなる点。
    特にこの親子関係に共感しました。

  • 「みっともなくないように」「ちゃんと生きなさい」の呪縛。かわいそうな母親から、母親の言葉から逃げ出したかったはずなのに、それを今度は自分が振り翳すようになる。カーテン一つ選べないのに。苦い経験を経て、人間関係を紡ぎ直す。

  • 最近話題の一冊。

    同じ年代なのでとても共感できる。

    できるからこそ、読んでても面白いとは感じない。

    でも蜘蛛を潰せない、という感覚は好き。

  • 読み終わってるのに、
    ブログに感想を書いてない3冊目!
    これは、
    小泉今日子さんの「小泉今日子書評集」から気になった本の、
    「骨を彩る」を買いに行ったんですがなくて、
    あったのがこの「あのひとは蜘蛛を潰せない」だったんですね。
    新潮社推しなんで、
    先に「あのひとは蜘蛛を潰せない」を購入!
    ちなみに、
    「神様のケーキを頬ばるまで」は買ってますが「骨を彩る」はまだ手にしてない!
    で、
    モノクロームの世界に色を取り戻すってあったの!
    これ、
    個人的に「四月は君の嘘」とシンクロして欲しくなったの。
    でも、
    買ったのは読んだのは「あのひとは蜘蛛を潰せない」です!


    蜘蛛って色々言われていますね。
    1つは人脈を司る精霊です!
    ネイティブアメリカンが好きと言うか、
    インディアンジュエリーが好きで、
    経由して、
    ネイテォブアメリカンの影響も受けている。
    ホピ族の創ったリングに蜘蛛が描かれていて、
    蜘蛛は神様からの言葉を運んでくる精霊なんだって!
    糸で、
    降りてくるイメージが神様からメッセージを伝えに来るイメージになったんでしょう。
    つまり、
    蜘蛛=天使なんですね!
    で、
    その蜘蛛潰しちゃダメでしょう?
    と、
    思いつつ読み始めると蜘蛛のエピソードは最初の方だけ。
    しかも、
    脇役レベルの人とのエピソードでやんの。

    梨枝は28歳の実家暮らし。
    実家にはめんどくさい母と住んでる。
    ドラッグストアに勤めてて雇った大学生の三葉と付き合い始める。
    恋が梨枝を変えていったのか?
    三葉が梨枝を変えていったのか?
    独り暮らしが影響したのか?
    トラウマが表面に出てきたのが影響したのか?

    個人的には五月蠅いが、
    梨枝の母はいいなぁー。
    こういう母に育てられたかったって思ってしまう。
    家族ものを読んでシンクロすることはほぼない。
    でも、
    憧れたり、
    引いたり、
    残念な気持ちになったりするが、
    梨枝の母には憧れるというか、欲しいというか、僕は母であってほしいと思ってしまうのね。
    でも、
    どこかで梨枝と同じ気持ちにもなり、
    同居を止め、
    独り暮らしを始めてしまうはずなんです。
    絶対に傷つけてしまうであろうけど、
    悲しい気持ちにさせてしまうであろうけど、
    その関係に憧れる。

    雪ちゃんの料理下手!
    ちょっとわかる。
    うちも境遇が似てるから。
    雪ちゃんは梨枝母と上手くやれないから、
    似てる僕もやっぱりダメかな?
    でもでも、
    雪ちゃんも変わっていってるしね。
    梨枝も変わっていってるしね。
    そんなもんなんでしょうかね。

    バファリン女みたくならないようにがんばります!
    追伸
    バファリンはたまにしか服用しませんから大丈夫です!

    ちなみに、
    帯には椎名林檎さんがコメントを書いてて、
    ちょっと、
    刺さる紹介分が書いてあるんでぜひぜひ本屋さんで帯を読んで検討してほしい。
    個人的には、
    買って読んでいただきたい本である!

  • 『いつかわかるわ。この世に、お母さん以上にあんたのことを考えてる人間なんていないんだから!』

  •  恋愛小説でありながら毒母がテーマでもあった。しかし、主人公が被害者意識に凝り固まっておらず、気持ちよく読めた。毒母だけど、それほどスポイルされていないケースなのかな。しっかりとした社会人として頑張っていた。

     冒頭のエピソードでいなくなってしまった中年男が最後まで存在感を発揮していた。彼を基準にいろいろな人を見渡すような構成となっていた。

     主人公は性経験がない20代後半であったが、さらっとセックスしていた。もっと掘り下げてほしかった。

     バファリン女という呼び名が口裂け女みたいな言いようで、ひどいと思っていたのだが、それほど他意はないようであった。僕も頭痛の時にイヴを痛みが消えるまで4~5錠飲むことがあるため、習慣にならないように気をつけたい。

     昨日読み終わった『脳が壊れた』と同じく、人と人とのつながりが大切であるというメッセージがこめられており、普遍的なテーマで、いろいろな人が形を変えて描くべきものであると思った。

  • ふと、宮崎さんが、私の中の出来事の位置づけを「失敗」から「残念」に変えてくれたのだと、化粧水のボトルを並べ直す瞬間に遅れて気づいた。
    ー梨枝


    展開が気になって
    あっという間に読めた。
    解説の山本文緒さんの
    例えは納得した!

全71件中 1 - 25件を表示

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)に関連する談話室の質問

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)の作品紹介

ドラッグストア店長の梨枝は、28歳になる今も実家暮し。ある日、バイトの大学生と恋に落ち、ついに家を出た。が、母の「みっともない女になるな」という“正しさ”が呪縛のように付き纏う。突然消えたパート男性、鎮痛剤依存の女性客、ネットに縋る義姉、そして梨枝もまた、かわいそうな自分を抱え、それでも日々を生きていく。ひとの弱さもずるさも優しさも、余さず掬う長編小説。

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)の単行本

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)のKindle版

ツイートする