杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫)

  • 127人登録
  • 3.55評価
    • (7)
    • (11)
    • (11)
    • (1)
    • (3)
  • 13レビュー
著者 : 白石仁章
  • 新潮社 (2015年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101200668

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
村田 沙耶香
遠藤 周作
ジャレド・ダイア...
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印

杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 第二次世界大戦の開戦直後軍靴の響き高まる東欧リトアニアで、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ難民の人々に自らの判断で二千百三十九枚のビザを発給し、六千人の命を救った日本人外交官・杉原千畝。

    彼は卓越した語学力と独自の情報収集能力を駆使し、
    世界情勢の貴重な情報を発信し続けた優れたインテリジェンス・オフィサーでもあった。

    政府の意に反してビザを発給した杉原千畝を、戦後、日本の外務省は無視し続けたが、世界は彼の功績を大きく賞賛した。

    人間・杉原千畝を支えていたものは何だったのか、勇気ある男の感動の真実に迫る超大作映画を完全ノベライズ。

    **************************************

    うちは、この人を知らんかった。
    ある日、ふるさと納税で岐阜県の物を購入したら、書類のやりとりの中に、杉原千畝記念館の割引券があり、それで知る事になった。

    たまたま、家に本があり知る事ができた。
    知ってよかった。

    この話は、とても感動する。
    人を救った人数が多いとかではなく、この状況の中、人を助けた事が素晴らしい。

    時代背景も学べて、杉原千畝という人物も知れた。
    家族や仲間に支えられての事やったと思うけど、この人の決断は、なかなかできる事ではない。

    昔の外交官はすごい仕事をしてたんやなと思った。
    こんな命がけの仕事、できるもんじゃない。

  • 978-4-10-120066-8 328p 2015・10・1 ?

  • 第1級のインテリジェンスオフィサーだった杉原千畝の活動の軌跡を綴った書。ユダヤ人に日本通過ビザを発給して6000名に及ぶユダヤ難民の命を救った「救世主」の実像は、日本のために命懸けで情報収集に当たったブロフェッショナルだった。
    NHKドラマ「百合子さんの絵本」で香川照之が演じたストックホルム駐在武官、小野寺信とも深く繋がっていたようだ。
    彼等が本国に送った貴重な情報が、当時の陸軍上層部に顧みられることなく握りつぶされてしまったことが、あまりにも無念。

  • すごいことだなあ。
    白系ロシア人やユダヤ系ポーランド人などの政治的弱者を情報源として利用する代わりに、その身の安全を守り抜いた。
    それも証拠を残さず。
    有名なヴィザ発給に関しても、本国との連絡のタイムラグを利用して、本国に従うふりをしてぎりぎりのところまでやり続けるしたたかさとか。

    ただ、この本に関してすごいと思うのは、そういう千畝自身のことだけではない。
    ハルビンや満洲時代の、あるいは僅か二年の本省勤務の頃の足跡など、資料を猟渉して明らかにした。
    千畝を多面的に評価している。
    大変な手間だったと思われるのだ。

  • ビザをユダヤ難民のために出し続け6千人を救ったとされる杉原千畝の話。外交官の役割が理解できた。解説でもインテリジェンス・オフィサーという語がやたら出てくるのが鼻につく。2016.9.18

  • ただ良い人というだけで、正義感が強いというだけで、人は救えない。
    とても有能でクレバーでタフなハートを持っていて、そして、場に居合わせて。
    いろいろな要素を探り、推察し、そしてまた、杉原という人を思う。
    著者の気持ちも伝わってきた。

  • 多くのユダヤ人を救った命のヴィザを発行した杉原千畝の生涯を、杉原千畝研究者が解説している。
    さすが杉原千畝研究者だけあり、随所で杉原をインテリジェンス・オフィサーと持ち上げるのは、かなりやり過ぎだと感じる。
    しかしさすが著者は外務省外交史料館に勤めるだけあり、当時の満州やバルト三国、ポーランドをめぐる各国の力関係はよく把握できた。

    本書では当然杉原千畝の巧妙な手段によるヴィザ発給にも感心したが、詳しく書かれていないものの発給条件の厳守を求めつつも杉原ヴィザを無効とせず避難民の渡航を(一時渡航にせよ)許した日本政府にも改めて感心した。

    本書と並行して「昭和天皇独白録」を読んでいるが、日本国内で軍部が力を増し、杉原のような外交官の必死の努力による情報が握りつぶされ、生かされず、最悪の戦争へ突入したことに憤りを感じる。
    最近のマスコミに政治家と官僚の袂を分け政治家の強権発動を期待する風潮を感じるが、○○チルドレンといった俄政治家よりも、適切な情報を持つ官僚のほうが信用できるのではないかと思う。

    また本書で注目したのは、バルト三国とポーランドをめぐるソ連とドイツの動きである。
    協定を結び軍を駐留し次第に隣国を支配するというソ連の行為は、現在でもウクライナで行っている行為そのままではないか。第二次世界大戦から70年経っても全く進歩の無いソ連(ロシア)に失望を隠せない。
    日本の大戦終結仲裁をソ連に託そうとした行為は、終戦を悪戯に遅らせ広島・長崎の原爆投下へとつながる愚行であった。外交官情報を信用したなら、ソ連など信用せず、結果として原爆投下も北方領土問題もない終戦もあり得たのではないかと悔やまれる。
    一方でシリアからの難民を受け入れ続けるドイツは、ナチス時代に反省し、現在の杉原千畝であろうという姿勢の現れではないだろうか。

  • 祝、千畝氏映画化で手に取る。
    二次大戦中リトアニアの大使館にてソ連による領土侵略による難民を助けるため、6,000人もを救うビザを発行した杉原千畝に関する、歴史文献のまとめ的本。
    千畝氏初心者の私としては、分かりやすく千畝氏のことが分かれば良いなと思い手に取るが、さにあらず。残されている資料からもう一歩千畝氏の素顔に迫る的内容で、千畝氏のあらすじ、時代背景は当然知っていような!的内容に付いていけず。

  • 前半は杉原千畝礼賛本かと眉をしかめるほどの内容。日本の近現代外交史において、賞賛に値する外交官ですがここまで褒め称える?と、本の内容に懐疑的になるくらい.
    カウナス撤退後の杉原氏を読めて楽しめたし、何よりも驚いたのは故川村かおりさんのご両親の仲人が杉原千畝氏だったことは驚いた。

    もし、杉原千畝が作ったポーランド将校情報網と小野寺武官の諜報活動を読みたくなったら、佐々木譲氏の『ストックホルムの密使』がおすすめ。

  • 第二次世界大戦前及び戦中に大日本帝国の外務省職員であった杉原千畝のスパイ活動について、取りまとめた本(2015/10/1発行)。

    本書は著者の推測の入り混じった、かなり偏向や疑問・不信を感じる内容で、元外務省外交史料館に勤務していた職員が書いた本のためか、杉原千畝を含む当時の外務省職員に対する著者の高評価については、疑問・不信を感じました。

    例えば、1994年11月に公開された対米開戦遅延問題を含む外交文書の例にも見られる通り、来栖三郎、吉田茂他、多くの外務省職員に問題があったことが今日では指摘されていますし、軍部が内閣への介入を出来るようにしたのは、外務官僚であった広田弘毅が首相の時に軍部大臣現役武官制を復活させたことが原因で、とても高評価は出来ないと思います。 

    又、杉原千畝についても、6000人のユダヤ人の命を救ったとされていますが、外交史料館に所蔵されているヴィザリストによれば2139人に過ぎず、一枚のヴィザで当時は家族全員が渡航可能であったため6000人救ったと云う曖昧な説と杉原千畝の妻・幸子が著した「六千人の命のヴィザ」に記されている約6000人と云う数字から6000人が定説にされているようです。 しかし、戦後イスラエルから勲章された際には2/3の4000人の命を救ったと報道されているので、誇張されていると云うことはいないでしょうか...

    私性活についても、本書を読む限り、前妻クラウディアと1935年12月30日離婚後、翌年4月に菊池幸子と結婚し、同年9月には長男出産と云うのはどうでしょう。 一般に妊娠から出産まで”十月十日”と云われますので出産時期から考え、不倫していた上に再婚前に妊娠させていたと云うことになるのですから、倫理的に如何なものかと思いました。しかも離婚については、前妻クラウディアが白系ロシア人であったため、千畝がクラウディアを通してソ連に情報漏洩していると云う嫌疑がかったので一人帰国し、その後、協議離婚しています。

    さらに本書は、「ハート・ウォーミング」だとか「イリュージョン」「インテリジェンス・オフィサー」「シナリオ」「ファジー」他やたらと横文字のカタカナが多く、話が前後していているところも有り読みにく上、結論も著者の推測によるものが殆どで、信頼性にも疑問を感じました。

    この他にも疑問・不信を感じるところが多々ありますが、杉原千畝のスパイ活動を初めとする裏の行動について知りたいと云う方であれば、一読されてみるのも良いかもしれません。

  • 杉原千畝、今年映画化もされ、一気に注目を集める人になるだろう。
    彼を、仕事人として描いた貴重な文庫であることは間違いない。
    1人の人間であり、忠実な仕事人であり、ヒューマニストである彼がどのように生きたのか、その一端が垣間見られ、また彼を変化させていった人々の働きが多層にも描かれたこの本は、老若男女読み応えがある。

全13件中 1 - 13件を表示

杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫)の作品紹介

第二次世界大戦下、ユダヤ難民に日本のヴィザを発給し、六千人の命を救った外交官・杉原千畝。彼はなぜ、政府の命令に背いて「命のヴィザ」を出し続けることができたのか――。そこには、世界情勢を読み解き、綱渡りの駆け引きに挑む〈情報のプロフェッショナル〉の素顔が隠されていた。〈外務省のトレジャー・ハンター〉が放つ、渾身のノンフィクション!『諜報の天才 杉原千畝』改題。

杉原千畝: 情報に賭けた外交官 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする