カエルの楽園 (新潮文庫)

  • 551人登録
  • 3.62評価
    • (24)
    • (72)
    • (60)
    • (13)
    • (1)
  • 69レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2017年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101201924

カエルの楽園 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • カエルの楽園

    正直に言って、面白くないわけではないが下品だと思った。これは、直前に百田尚樹の新書「戦争と平和」を読んだからということもあるかもしれないが、著者の政治信条が如実に透けて見えてしまい、小説としての、フィクションとしての良さが感じられなかった。作中に出てくる「ハンドレット」というカエルはまさしく百田自身の化身であるのは明らかで、自分の小説に自分を登場させてええかっこしいするのはなかなかサムい演出ではある。しかし、自分自身、百田尚樹の政治信条に関しては完全に反対なわけではないので、小説の様な状況はいずれ日本に起こりうるということは想定できる。結局のところ中止になってしまったが、自分の大学の学園祭に来て、講演することはそれなりに楽しみではあった。それはそれとして、「海賊と呼ばれた男」や「永遠の0」を読んで感動した自分としては、この小説には、小説という範疇としてみれば、少しばかり失望した。自分はジョージ・オーウェルの「動物農場」がオールタイムベストというほど好きではあるが、同時代人にとって動物農場はどのように映ったのかは気になる。時間というフィルターを通さずに読む現代風刺、歴史風刺は、この本で味わったからこそ、それは気になる。

  • なんだこれ。捻くれてる。

  • あまりにも百田氏の政治的主張の強い寓話で、鼻白む小説。彼の小説家としての評価を一気に下げる作品。
    中国には劣るけどかなりの防衛力を持ちながら、中国を上回る軍事力を持てという事か。持てないから米国に盲従しろという事か。いずれ日本のみならず世界が滅びるんだろうな。
    そういえばJAPANを反対から読んでナパージュか。

  • うーーーーん
    途中から何の事を書いてるか分かり過ぎて
    内容が全体的に軽く感じた。

  • 平成29年12月

    風の中もマリア的な話かと思ったのですが…

    主人公カエルの住む国に敵が侵入してきて、主人公は仲間と逃げることを選ぶ。いろんな場所、いろんな国を通り、どんどん仲間を失っていく。。
    そして、ついにたどり着いた国。その国は、カエルの楽園だった。
    敵もいない、食料もたくさん、歌って踊って。

    しかし、そんな楽園にも、変化が起こり。。
    カエルの三戒。をアホみたいに守ることが大事。。なの??
    最後が、なんかより悲しさが増します…

    日本とアメリカ、中国を匂わせます。
    日本人がそうならないために、考えさせるために書いているのかな。
    ちょっと、分かりやすすぎて、読むのもめんどくさくなります。

    ただ、3戒を信じて、守って、それはそれで幸せだったと思う。
    人間は、何かを宗教的であったとしても、何かを信じて行う。そして、その結果、…。となったとしても満足。あっ、ここではカエルだけど。
    そして、3戒を守りたくないと思う人ももちろんいる。生き抜くために。

    その二つの全く違う意見をどう解決するか。
    難しいですよね。お互いが正義と思ってんだから。

  • 本を読んだら必ず付箋だらけにしてしまう私をしても、一枚も付箋を貼らせませんでした。でもそれは、内容が気に入らなかったというわけではなくて、「どこか一部を切り取って見ても全然意味は伝わらない」と言った方が近い。
    物語の全部を読んで初めて著者の言いたいことが伝わる気がする。まさに寓話。
    でも読んでいて常に不快感を感じていた。多方面に対して、示唆に富みすぎなんだと思う。

  • 著者がどんな主張してるのか確認してから読んでね。これが日本の全部と思わないでね。。政治色強すぎて、風刺までいかないレベル。冷静にじわじわ来る本をもっと書いて欲しいです。

  • 童話の形をとったあきらかな寓話。
    ここまで、わかりやすい形の寓話にするのであれば、そのまま書けば良いのに、と思ってしまいます。

百田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする