カエルの楽園 (新潮文庫)

  • 551人登録
  • 3.62評価
    • (24)
    • (72)
    • (60)
    • (13)
    • (1)
  • 69レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2017年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101201924

カエルの楽園 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 天敵に襲われず平和に暮らす国の話
    その国には三戒という絶対平和主義という決まりがあり、三戒があるからこそ楽園が維持されるという。
    そんなある日楽園の片隅に天敵のウシガエルが現れた!
    三戒は楽園を守ってくれるのか?

    日本とそれを取り巻く東アジア諸国と米国の関係と憲法九条と集団的自衛権と憲法改正を寓話化した小説!

    本書は改憲勢力に属するカエル達が少し可哀想に描かれており、米国はスチームボート程立派ではない。また、護憲派のカエル達が非常に残忍に描かれている。
    寓話化されている以上多少の匙加減と言ってしまえばそれまでかも知れないが、読後感としては護憲派に対する多少の嫌悪感が芽生えてしまうのではないか?と思えてしまう。

    しかし、どちらかと言うと護憲派の私でさえも本書は面白いと思えてしまう。



    何れにしても、推測だけで物事を進めたり、何かを守るためにデマカセや言葉の置き換えで翻弄する人を信用してはいけないと改めて思った。



    蛇足ではあるが櫻井よしこさんの解説は本書の格を貶めている気がします。星マイナス2

  • 入院中にお見舞いにいただいた本です
    サクサクと読めました
    百田さんの「殉愛」を(買う気すら起こらず)立ち読みした時は、なんてつまらん本を書くようになったのかと絶望すら感じたけれど、この本はなかなか面白く、私の中の百田さん株復活です。
    比喩がわかりやすすぎるけど、わからなすぎても困るからなぁ…

  •  日本を寓話化するとこんなに後味の悪い元気の出ない話になってしまうんだな。三戒が憲法九条のことであるのはすぐにわかる。北朝鮮のミサイルが射程圏内であることを考えれば、まさにいまの日本はツチガエルたちと同じ論争を繰り返している。憲法九条は守られえるべきだと思っていたオイラは安部内閣がやろうとしていた真意にやっと気が付いた。マスコミの操作にまんまと乗っていたのかもしれない。ツチガエルは性善説的な考え方をする、ほんとはそうじゃないことに気が付いているくせに。オイラにもそういうところがある。そんな時はちょっと自己嫌悪だ。他者との衝突や交渉を避ける臆病者だからだ。
     物語はヴィジターであるソクラテスとロベルトの言葉で語られるんだけど、途中でオイラはソクラテスにイライラしていた。他のカエルに比べて冷静でいい意味で懐疑的だけど、お世話になったナパージュに対して具体的なアクションがないからだ。ナパージュにたどり着くまでの経験は活かされず、ウシガエルに占拠されしまい、ローラひとりを助けることもできなかった。後味が悪いのはこのためだ。

  • 日本人として何とも居心地の悪さを感じる作品だ。

    日本の置かれている状況とりわけ安全保障に関わる状況が物語の中で巧みに描写されていて、これから日本人が成すべき事や考えを変えていかねばならない事が示唆されている。

    この物語のアマガエルの様な世界的な見聞を持つ事やバランスのとれた情報、そして色々な角度から物事を考察していく力を持つ事の大切さを痛感させられる。

  • 現在の日本の状況を分かりやすく寓話化したのは良いけど、こんなにも後味の悪い話しになってしまうのね、、、単純にカエルのお話しだった方が良かったかも。こんな結末になるのはイヤだもの。

  • 2017/12/24-12/27
    現代日本を分かりやすく、皮肉も交えて説明している本。物語として楽しかったのかと言われるとまぁまぁだったので星は3つ。
    サヨク的な人が読んだらどう思うかの感想は見てみたい。

  • 故郷を捨て、楽園を求めて放浪するアマガエル2匹は平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
    そこではツチガエルたちが三戒と呼ばれる奇妙な戒律を守って暮らしていた。
    争いもなく食物も豊富な夢のような国だと思われたが、やがてウシガエルたちが侵入を始めて・・・。

    日本の歴史、現在の日本の置かれている状況を風刺した作品。

    寓話というにはあまりにもあからさまで、すぐに何を示しているかわかってしまいます。
    三戒は憲法9条、ナパージュは日本、ヌマガエルは在日朝鮮人、等々。

    作者の政治的主張がダイレクトに表現されている偏りのある小説ではありますが、日本の現状を俯瞰してわかりやすく描いているので考えさせられました。

    あくまでも9条は日本国内の法律であり、9条さえあれば日本は平和なのだという意見はただの平和ボケなんですね。
    かといって軍備増強や核武装にも違和感を覚えてしまうのですが・・・。
    マスコミの偏向報道や集団心理の恐ろしさも再認識できました。

    興味のとっかかりとしては、最適な小説でした。
    百田さんの身が心配ですけど。こんな内容の本を出版して大丈夫かな・・・。

  • 備えあっても憂いは消えない。
    終わることなどない負のループ。

  • なかなか評価の難しい作品です。
    最後まで読み終わって、解説を読むとなおさらに。
    ただ、現在日本に生きるものとして、この本を読んで考えることは大切かなと思いました。

  • この本が政治的風刺作だと知らずに
    人に勧められて読んだ本。
    予備知識ゼロで読んだけれど、
    先に裏の解説を読めばよかったと今更。

    途中同じような内容の繰り返し。飽きる。
    政治的な保守派への批判というよりは、
    宗教的盲目さの恐怖の方が前面に
    出てたように感じた。

百田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村田 沙耶香
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする