カエルの楽園 (新潮文庫)

  • 457人登録
  • 3.70評価
    • (20)
    • (55)
    • (38)
    • (8)
    • (1)
  • 48レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2017年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101201924

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

カエルの楽園 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 天敵に襲われず平和に暮らす国の話
    その国には三戒という絶対平和主義という決まりがあり、三戒があるからこそ楽園が維持されるという。
    そんなある日楽園の片隅に天敵のウシガエルが現れた!
    三戒は楽園を守ってくれるのか?

    日本とそれを取り巻く東アジア諸国と米国の関係と憲法九条と集団的自衛権と憲法改正を寓話化した小説!

    本書は改憲勢力に属するカエル達が少し可哀想に描かれており、米国はスチームボート程立派ではない。また、護憲派のカエル達が非常に残忍に描かれている。
    寓話化されている以上多少の匙加減と言ってしまえばそれまでかも知れないが、読後感としては護憲派に対する多少の嫌悪感が芽生えてしまうのではないか?と思えてしまう。

    しかし、どちらかと言うと護憲派の私でさえも本書は面白いと思えてしまう。



    何れにしても、推測だけで物事を進めたり、何かを守るためにデマカセや言葉の置き換えで翻弄する人を信用してはいけないと改めて思った。



    蛇足ではあるが櫻井よしこさんの解説は本書の格を貶めている気がします。星マイナス2

  • 日本人として何とも居心地の悪さを感じる作品だ。

    日本の置かれている状況とりわけ安全保障に関わる状況が物語の中で巧みに描写されていて、これから日本人が成すべき事や考えを変えていかねばならない事が示唆されている。

    この物語のアマガエルの様な世界的な見聞を持つ事やバランスのとれた情報、そして色々な角度から物事を考察していく力を持つ事の大切さを痛感させられる。

  • 政治にも興味を持ちたいと思い手に取ってみた。大変読みやすく楽しかったけど、読み進めて行くうちに、背中の寒くなっていく感覚。知ることへの恐怖なのか、己の無知への恐怖なのか…。
    最後、ローラの最期の描写が本当に怖かった。

    でも、読んで良かったと思える本です。

  • 予言書というほどのことではない。

  • 470

    2017年では104冊目

  • 先週(2017.9)上海への出張があり、その飛行機の中で大半を読みました。上海での滞在中も隣国での核実験に関するニュースがあるなか、仕事をしていました。

    この本は昨年(2016)に単行本で出されたものですが、恥ずかしながら先日の日経での文庫本化の広告を見るまで知りませんでした。

    他国が領土侵攻をしてきたらどう対応すべきか、そのために現在あるもの(米軍の駐留=日米安保条約、戦争放棄=憲法)をどうすべきか(維持するのか、変えるのか)を考える良い機会を与えてくれました。

    難しい言葉で解説された本よりも、今のまま何もしなければ(しているようでも、現状を守ることに固執していれば)どうなってしまうのかを想定するのにとても良い題材でした。

    数々の本を読んでみて分かったことですが、太平洋戦争で戦った米国との関係も、戦前は少なくとも民間レベル(経済面)ではとても良いもので多くの人が交流していたようです。現在の中国と日本との関係もそのような状態にあると思います、国の運命・行く末を決めてしまうのは、政治や外交です。日本の政治家達も頑張ってほしいと思いました。その点、安倍総理は頑張っているんだなと改めて感じました。

    20179月10日作成

  • 政治に疎いが、現在の日本の立場が分かり易かった。
    ただ、善悪関わらず強迫的な意思を感じてしまい、結局決めるのは自分だと思えた。

  • 凶暴なウシガエルにより故郷を追われたツチガエルがたどり着いた場所は、3戒を守ることによって平和を維持していると思われる国。ただ、そこにもウシガエルが押し寄せることに。作者は寓話の形で何を伝えたかったのか考えていたが、日本の武器3原則及び憲法を揶揄したものとの事。平和ボケしていていいのか?の問題を提起している。

ツイートする