カエルの楽園 (新潮文庫)

  • 554人登録
  • 3.62評価
    • (24)
    • (72)
    • (60)
    • (13)
    • (1)
  • 69レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 新潮社 (2017年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101201924

カエルの楽園 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 百田尚樹『カエルの楽園』新潮文庫。

    久し振りに読む百田尚樹。何とあからさまな日本の国政批判的な小説を創作したものだ。面白いことは面白いが、内容については両手を挙げて共感できるものではなかった。一種の洗脳小説と言っても過言ではない。

    楽園のナパージュはジャパン、すなわち日本で、三戒は日本国憲法の第九条か。さすがに、ここまであからさまだと下品な感じがする。もう少しオブラートに包むなり、婉曲的な表現であれば、受け入れられる可能性があったかも知れない。

    平和を求め、ナパージュにたどり着いたアマガエルのソクラテスとロベルトは難民なのだろう。ヌマガエルは在日韓国人で、スチームボートがアメリカなんだろうな。

  •  世の中には二元論で割り切れないことばかりなのに、政治には右か左かしかないようだ。
     それ以外の選択肢は、もっと右か、もっと左か。
     本書は右翼視点の現代日本の寓話化である。


     様々な国で迫害を受けてきたアマガエルの二匹がたどり着いたのは、三戒を堅持するツチガエルの国ナパージュだった。 
    「カエルを信じろ。カエルと争うな。争うための力を持つな」
     ツチガエルたちは三戒がナパージュを守っていると信じている。
     
     しかしナパージュに危機が迫ってくる。
     国境の崖の下からウシガエルが登ってきた。
     三戒が国を守る。
     声高な主張にもかかわらず、ウシガエルたちは次第にナパージュの中央に侵入してくる。

     
     つまり、憲法九条をめぐる現代日本の縮図である。
     憲法九条を固辞するがゆえに、中国が攻めてくるというストーリーだ。

     憲法改正しないと日本は武力攻撃されても反撃することができない。それは分かる。
     戦後の憲法が現実に即していない部分もあるから改正は必要だろうとは思うが、そう言うと左翼からは「そんなに戦争がしたいのか!」と右翼のレッテルを貼られる。

     でも、憲法改正は国全体のことだ。
     しっかり国民の深い理解を得ようと説明がなされないまままに憲法改正を急ぐのは疑問だが、そう言うと右翼からは「今すぐ中国が攻めてきて占領されてもいいのか!」と左翼のレッテルを貼られる。

     施策に対して賛成か反対かしかない。
     反対するために存在するだけの左翼、危機を扇動する右翼。
     もし日本がカエルの国だったら、俺は大きい声の聞こえないところで冬眠していたい。 

  • 戦後のWGIPの中で20〜30代を生き抜いてきた私は、正しい戦後史観を持ってきたのだろうか?戦争を起こし、残虐な行為を繰り返し、敗戦した国であるため、もう二度と戦争を起こしませんと自ら戦争を放棄したと、40代半ばまで疑問を持ちつつもしんじてきました。
    三戒を、守り抜くことで、ツチガエルは幸せに暮らせたのでしょうか?スチームボードを追い出し、ハンニバル三兄弟を殺しては、ウシガエルに対抗できないのがナパージュです。三戒があればあらゆる武器に優るというマスコミに言いたい。もっと公平なニュースを提供することが本来の公平ではないのでしょうか!

  •  カエルの世界を舞台にし、誰でも気軽に読める寓話の形をとりながら、日本国の本質を鋭くえぐり出した警世の書。

     読むとこのカエルの楽園が今の日本で、その楽園を取り巻くウシガエルたちやワシが日本の外交情勢を象徴していることがすぐにわかり、カエルたちが仮初めの平和に甘んじていることが感じられました。

     このアジア情勢が緊迫している今こそ、本当の平和を築くために日本がしなければならないことを真剣に考えていかなければならないと思いました。

     おりしも間近に総選挙が迫っており、この世界のカエルたちのようにマスコミに踊らされることなく一人一人が答えを出していくことが大切だと感じました。

     そして、このお話のような結末にだけはならないように。

  • 2日くらいでサーッと読めた。
    あまり深く考えなくても読めて、どのキャラクタ(種族)が現実世界の何と対比させているかがすぐに分かるので、そういう意味ではとてもわかり易い。

    ただ、ストーリーの性質もあるのでしょうがないけれど、同じような話が何回も続く事があり読み進める中でちょっと気に障る事があった。
    流し読みと言うか、一語一句までちゃんと読まずにあらすじだけ追っていく位がちょうど良さそう。

    内容的には割りと楽しめた。

  • 気軽に読める寓話の形をとりながら、実は現代の日本国家への警告書になっている衝撃の問題作。
    近年の百田尚樹氏は、自らの命を懸けて我が国の行く末を案じるメッセージを出し続けている。賛否両論はあるが、一人の文筆家としての使命を果たそうとする姿は応援したい。本作のテーマである「日本の安全保障」も難しい問題ではあるが、一読した後、周りと語り合いたい大事なことと痛感した。

  • これまで、百田さんの書くジャンルに興味がなく、活字・映像共に拝見したことはありませんでした。
    そんな中表紙に惹かれ、購入した本書。
    読み始めて一番驚いたのが、「百田さんってこんなに読みやすい文章を書く人なのか…。」ということ。上手くはいえないのですが、文の構造に引っかかるところがなくサラサラと読めて、著者が伝えたいことに集中して読書することができました。
    内容自体は少し風刺と誇張を利かせすぎているようにも感じられ、絶賛!とまではいきませんでしたが、自分も二人の主人公のように、自身で見聞きし、脱ローラにならなければなあと思いました。
    (それこそ百田さんの狙い通りかもしれませんが)

  • おそろしいな、

  • 日本の現在を憂いている話。
    本当にこのままじゃダメだ。百田尚樹さんはすごい。すごいな。

  • カエルの楽園

    なかなか強烈なメッセージ性

    相手国に都合がいいことばっかり言ってると
    その人は 相手国から支援される

    ここがかなり味噌

    あと、自分が正しいことをするためになにをしてもというのは、、、、、

    なんにせよ、これを読んだ後に 朝日新聞でバイトするのは不思議

    くわえて、共産党などが
    国民と共闘
    と言っているが、国民の多くが支持しているのが与党である。
    あきらかに、共産党のスタイルとデイブレイク的なもの、ちかい

百田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする